武漢 コロナ 現在。 コロナウイルスの真実?~武漢の本当の現状~

新型コロナウイルス 武漢市の現在の状況がヤバすぎる、武漢は軍の管理下に、実際の感染者数は6桁?

当初、多くの感染者が見つかった海鮮市場から直線でおよそ12キロの距離にあります。 いずれにしましても、このようなシミュレーションがつい最近公表されていたということを知りまして、ご紹介させていただこうと思います。 このような「官」と「民」のせめぎ合いが続く中、3月29日、オーストラリアのテレビ局「ナイン・ネットワーク」が、アイ医師は消息不明と報道した。 ウェットマーケットは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)をきっかけに、一躍注目されることになった。 たとえ地方政府の役人の責任追及であっても勇気がいることだ。 また、中国有数の工業都市、文教都市及び交通要衝でもある。

もっと

新型コロナ拡散の源とされる武漢華南海鮮卸売市場の実像

バイオセーフティーレベル4の指定を受けた施設では、エボラウイルスなど危険性が特に高い病原体を取り扱うことができ、研究所ではおととし正式に稼働しました。 この事から、新型コロナウイルスに感染しやすく、悪化し重い肺炎になり死亡率が高くなるのだとの見解もあります。 株式市場は 20%から 40%下落し、世界の国内総生産は 11%急落した。 その後イェンリーモン博士は2020年4月28日、真実を世界に伝える義務感からアメリカに亡命したと語っています。 武漢市にある華中師範大学文学部の戴建業教授は25日、まったく面識のない方方さんの日記についてネット上でこうコメントした。 このシミュレーションを発表した 2ヵ月後に武漢で新型のコロナウイルスが発生するというのは・・・まあ、タイミングがいいというのか何というのか。

もっと

新型コロナウイルス 武漢市の現在の状況がヤバすぎる、武漢は軍の管理下に、実際の感染者数は6桁?

中国の一部のメディアはその事件報道で死亡という言葉を避けたが、方方さんはきちんと「10人が死亡」と書いた。 7年前、中国南西部でコウモリのふんを清掃していた男性6人が、重い肺炎を発症しました。 新型コロナに対する情報隠蔽を直視し、封鎖後の人々の努力も肯定的に伝えた。

もっと

新型コロナの発生源は? 真相究明求める声 世界で広がる

その一方で、発生源の可能性としてアメリカのメディアが指摘し始めているのが、武漢にある中国科学院武漢ウイルス研究所と、武漢市疾病予防コントロールセンターの研究施設です。

もっと

新型コロナの発生源は? 真相究明求める声 世界で広がる

そこでシミュレートされたシナリオは、感染開始から 18か月以内に 6,500万人が死亡する可能性があると予測していた。 ・マレーシア:感染者 7名、死亡者0名。 中国では、ウェットマーケットは日常生活に不可欠な存在なのだ。

もっと

武漢ウイルスが出現する2ヵ月前、アメリカの科学者が「次に発生するコロナウイルスのパンデミックは《地球上の6500万人を殺す》」というシミュレーションを公表していた

1月 29日現在の状況及び厚生労働省の対応についてお知らせします。

もっと