浮島 神社。 浮島神社

『浮島神社』瑞穂区浮島町

現在の社殿は道路に面して鎮座していますが、改修以前は現在地よりやや北側の奥まった場所にあり、木立に囲まれて立つ茅葺屋根の質素な社の写真が、昭和42年発行の『多賀城町誌』に掲載されています。 大沼の浮島は最近『 世界の何だコレ!?ミステリー』という番組で紹介されました。 岩盤の島だったため、砥川が増水しても完全に水没することはなかったのだとか。 陸奥総社宮(むつそうしゃのみや) 陸奥総社宮の祭礼 塩竈でるときや 大手ン振りよ 総社宮から アリャ胸勘定 これは、江戸時代につくられた「塩竈甚句(しおがまじんく)」と呼ばれる民謡で、鹽竈神社落慶(らっけい)の祝典を上げた際、余興として文人酔客らにつくらせたものが起源と言われています。

もっと

浮嶋神社 (多賀城)

当時は、鹽竈神社参拝に行くということを奏社宮に申し述べ、それからお参りするのが順序とされており、その習わしは、歴代藩主から庶民に至るまで守られ、現在でもそのように参拝している人々がいます。 丘の上からの眺めは、想像していたものではなかったが、 昔、周囲が田畑だった頃は、この丘は特徴的な「場」であったのだろう。 『新古今集』に、山口女王が陸奥の大伴家持へつかわした歌。 昨年、遷座祭にともなって更新された。

もっと

浮嶋神社 (多賀城)

氏子がいずれも少数で、今後神社を維持し続ける見込みがなく、祭祀(さいし)も行われなくなってしまうからというのがその理由でした。 天満宮(てんまんぐう) 天満宮 天満宮は市内留ケ谷(とめがや)1丁目に所在する社です。 本殿は一間社流造(いっけんしゃながれづくり)と呼ばれる形式の、正面・側面とも1間という小型の社殿で、屋根は木羽葺(こばぶき)の切妻造りとなっています。 明治4年には、一地方の氏神と仰がれる社として村社に列し、柏木神社となりますが、明治42年には笠神字上ノ台にあった仁和多利神社に合祀(ごうし)されてしまいます。 文禄三年(一五九四)平山小十郎らによって再建。 境内には 大沼という池があり、そこに浮く 浮島が有名です。

もっと

浮島神社 (多賀城市)

国府多賀城駅の北300mほどの丘の上。 地元では親しみを込めて「浮島さん」と呼ばれている。 宮城県神社庁 編 『宮城県神社名鑑』 宮城県神社庁 1976年1月 より。 祭礼では、氏子たちを担ぎ手とする神輿が鳥甲(とりかぶと)をかぶった猿田彦(さるたひこ)の先導のもと、鉦(かね)と太鼓の音を響かせながら神輿が塩竈街道を通り、氏子区域を巡行します。 この神社については、安永(あんえい)3年(1774年)に作成された「市川村風土記御用書出」に次のような記載があります。 さらにその先には休み処という建物がありました。

もっと

【浮島神社】アクセス・営業時間・料金情報

大変なにぎわいである。 社は南向き3尺作り、鳥居も南向きとあり、現在もその姿をとどめています。 末社 疱瘡神社、本社の前にあり。

もっと

浮島神社|青梅市今井の神社

平成24年3月11日にも実施した。 後、小笠原左衛門、豊島勘治郎ら修復。 のは、神社ので作った赤米・黒米でおかゆを作り、参拝者に無料で振舞う。 95秒に鎮座。 棟札は文禄三年(一五九四年)を筆頭に五札現存されている。 社殿の規模は3尺四方、社名は村鎮守「稲荷社」で、「稲荷」と呼ばれた場所に立っていました。 旧社名は浮島天満社と称したが、その由来は、境内が霞川に沿った高地で、洪水の際に境内が水面に浮んで見えることから起ったという。

もっと

浮島神社

萩原恭男 校注 『おくのほそ道 付 曾良旅日記 奥細道管菰抄』 ㈱岩波書店 1991年12月 関連項目 [ ]• 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典43 熊本県』、1987年、180頁 外部リンク [ ]• 多賀神社(たがじんじゃ) 竹の箍が奉納されている多賀神社 多賀神社は、多賀城市市川字六月坂の旧塩竈街道沿いに鎮座しています。 現在、陸奥総社宮(奏社宮)には南宮、山王、新田、高橋の各村社の棟札が保管されており、大日賣神社については、弘化(こうか)2年(1845年)の大日如来堂修復、安政(あんせい)4年(1857年)の大日堂奥殿修復、文久(ぶんきゅう)4年(1864年)の大日堂奥殿の屋根修復に関わる3点の棟札があります。 浮島と言っても砂州ではなく、激流の勢いに耐えて残った岩でできた島です。 この番組内で、浮島が動くのは湧き水で水流ができるからと言われていましたが、そのメズムはまだ明らかにされていないようです。

もっと

【浮島(浮島神社)】アクセス・営業時間・料金情報

(神社公式). 日吉神社(ひよしじんじゃ) 日吉神社社殿 日吉神社は山王字東町浦に所在する神社です。 今はこんな山奥のあまり人のいないひっそりとした場所なのに、歴史をたどるとわたしでも知っているような有名人の名前が沢山出てきて…ギャップが… 笑 朝日町はもっとこの神社を推して良いと思う。 それでも、高原の川には変わりないのですが。 早速境内に入っていきます。 もともとこの社は野田の桜井家の屋敷内に、氏神として祀られていました。 大沼 では、この浮島案内板に従って大沼へ向かいます。 こんにちは。

もっと