るー ん てら。 寺子屋+だれでも食堂? 子どもも大人も、楽しくおいしく憩える「てらこみーる」

こども食堂&こども寺子屋

若い人と交流できる場は貴重で、エネルギーをもらえた」 「地域をつなぐ社会貢献がしたい」 副代表の宮澤明子さんの普段の顔は、ヨガの先生です。 キッチンスタッフをしていたユウコさん(70代)は「雰囲気がとにかく良かった。 それは,ストリートチルドレンの子供たちの存在です。 初めてなのになぜか居心地が良く、もっと多くの方にてらこみーるを知ってもらいたいなぁ、と思い、今回てらこみーるの誕生までの背景を取材してきました。

もっと

わむてるらぶ

こども寺子屋 こども寺子屋とは、地域の子供たちがレクレーションをして遊んだり、 勉強したり、自由に使える空間です。 概要 ノヴィーニェ こども食堂・ こども寺子屋とは、 地域の手で子供たちを支え育てる場所。 ログが1ファイルなので表示が重い重い… ぼちぼち完成。 それはアフリカの子供たちだけでなく,日本の子供たちに対しても同じです。 お迎えに来ていたお母さんは、てらこみーる開設当初から利用している。 ほんとは超電磁スピンでA. 和気あいあいとランチ。 私はアフリカのガーナ出身で,20年以上日本に暮らしています。

もっと

わむてるらぶ

今回のかぶも、葉は刻んで春巻きの具に。

もっと

わむてるらぶ

スタッフさんたちの明るく和やかな雰囲気と、小さな子どもたちが泣いてもすねても、その場にいる誰もが笑顔で、よしよし、と見守るのんびりと包容力のある空間に、私の緊張もすっかりほぐれました。 寺子屋と聞くと、江戸時代に、お寺で子どもたちが読み書きそろばんを習う、そんなイメージが浮かんだ人が多いのではないでしょうか? てらこみーるは、現代の寺子屋+「だれでも食堂」です。

もっと