豊 景 神社。 豊景神社とは

期間限定、秋の花手水(はなちょうず)が情緒的な、福島県郡山市「豊景神社(とよかげじんじゃ)」を参拝してきた!

寛保2年 1742 に神祇官令により正一位の神号を授けられ「正一位御霊宮」になり、明治元年 1868 の神仏分離令の施行によりご祭神である「豐斟渟命」の「豐」、「鎌倉権五郎景正公」の「景」を戴き「豐景神社」と改称された。 天正十六年(1588年)の郡山合戦により社殿は消失し、元和二年(1616年)奥州街道の整備に伴い現在の地に遷宮されました。 公式サイトがなく花手水の情報は入手しずらいのですが、元からあじさいの名所であったこと&SNSで話題になったことから、梅雨の時期は多くの人が訪れました。 しかし、病気平癒を主とする、上記のようなかたちでの信仰がさかんになったのはからである。 大黒天のお守りやお陰は撫牛の頭部に勧請されると考えられたり、また、撫牛のなかには眉間に大黒天の像を彫り込んだものさえあったり、さらに上述のように大黒天の縁日がとりわけ重視されるなど、撫牛信仰と大黒天信仰とは密接にむすびついていた。

もっと

撫牛

豊景神社の太々神楽 [編集 ] 出雲流(採物神楽)のに分類される。 大黒天は、元来はの神がに採り入れられたの神であるが、以降は、牛を乗り物とするともして福をもたらす仏神として俗信化したことが知られる。 江戸時代中期以降の印刷物である『開運撫牛縁起』 には、撫牛を祭って開運を得る手立てが示されており、()の門前に所在するの店には、この印刷物が撫牛の置物とともに配布されていたといわれる。

もっと

豊景神社

(2年)、神祇官令により正一位の神号を授けられて「正一位御霊宮」となる。 (東京都)• 牛頭天王と撫牛 [ ] 撫牛は、疫病の神として畏怖されたとも深いかかわりをもっている。

もっと

撫牛

撫牛は、病気平癒のみならず、諸願成就にも効力があるとされ、開運を信じて常に牛の身体をなでていれば、出世はもとより、万事願いがかない、みずから思いもよらない幸運に恵まれることさえあるといわれる。 撫牛はまた、特に、当時のやのではたちの信仰を集め、には通常のとはまた別に縁起棚が設けられ、や大黒天などの福の神のほか、をかたどった紙張小判百両包やのをかたどった紙張男根形とともに撫牛の像が置かれ、小豆餅ばかりではなく酒餅なども供えられたという。 (京都市)• また、撫牛には、天神の神紋である梅花紋が刻される像も少なくない。

もっと

豊景神社

現在の像(冒頭画像)は文政8年ころに奉納されたものである。 また、到来物はすべて撫牛の前に供えるべきこととしている。 撫牛の祭祀 [ ] 上述の『開運撫牛縁起』によれば、毎月1日、15日、28日の月3回、一番に汲み上げた初水を供し、を献じて祀るものとされ、撫牛の像は、その大きさに応じて作られたの上に据えて、の卓上やなどに置き、を念じつつ、常にこの牛を撫でさすっていると、その家には吉事が現れ、家運がおおいに開けるといわれる。 一礼をして潜るとさっそく手水屋。 FAX 024-934-0206 メールアドレス SNS 詳細情報 ご祭神 主祭神:豊斟渟命 とよくんのうのみこと 鎌倉権五郎景政 かまくらごんごろうかげまさこう 境内社:菅原道真公 すがわらみちざねこう 創建時代 1056年 文化財 豊景神社太々神楽 福島県指定重要無形民俗文化財・郡山市指定重要無形民俗文化財 ご由緒 豐景神社は後九年の役の折、当地を通過した鎮守府将軍源頼義公・義家公父子により凶作に苦しむ里人を救うため、天喜4年 1056 に大地形成の神・五穀豊穣の神である「豐斟渟命」をお祀りする「御霊宮」として阿武隈川沿岸の福原の郷に創建されました。 豊景神社は参道が結構縦に長い。

もっと