スティーブ ライヒ。 Steve Reich の音楽、作曲方法、考え方について

スティーヴライヒ(Steve Reich)のミニマルミュージックって?フェイズシフト作品から18人の音楽家まで!

ほんとに実演に接してみたいコンサートの一つでした。 SR:わたしの見方から言えば、芸術的に優れた音楽は、いつも楽しめるものだと思う。 大いなる喜びの発見」と最上級の賛辞を贈られた。 『アンサンブルとオーケストラのための音楽』 - Music for Ensemble and Orchestra 2018年• そして娯楽として楽しめるか、イエス、その通り! モーツァルトへの熱狂は、音楽が楽しめるものだからで、だからといってその価値がおとしめられることはない。

もっと

スティーブ・ライヒの音楽: クラシック音楽は宝の山!

繰り返すリズムの波動は直接身体に響き、少しずつ微細な色合いで変化していく音響の波間のなかで、聞くものは浮遊する感覚を味わう。 まだブージー・アンド・ホークス(イギリスの大手楽譜出版社)から楽譜を出す前のことでね。 『テヒリーム』もそうだね。 このアイデアは Four Organs 、Music for Mallets instruments Voices and Organ で使われています。 『オーケストラのための3つの楽章』 - Three Movements for orchestra(1986年)• 人類の有史以前から我々は太鼓でミニマルミュージックやってたんだなと、思います。

もっと

加藤訓子『スティーヴ・ライヒ:ドラミング』 スティーヴ・ライヒ本人も絶賛! 「ドラミング」全パートを1人で演奏!

そしてまたおなじだけ時間をあけたとき。 「ミニマルミュージック」とは、 簡単にいえば、 同じ音の繰り返しがずっと続く音楽。 50年代後半から 60年代の前半は、彼らのいろいろなかたちでの試行錯誤の時期であった(そして 60年代後半は、音楽や美術の分野に限らず、思想や文化のあらゆる領域で物の考え方に大転換が起こった時期であった)。 セクションの移り変わりはほとんどがヴィブラフォンの聴覚的合図によって行われ、セクションVの入りとセクションXの入りだけがバスクラリネットの合図によって示される。 色んな実験をしながら、ひとりで録る上での問題をクリアしなければならなくて。 『 ()』 - It's Gonna Rain(1965年)• たとえ作曲家が逃れたいと思っても逃れられない。

もっと

スティーブ・ライヒ『テヒリーム』が彼のディスコグラフィのベストかもしれない件

彼とはガソリンスタンドで会ったんだ、カジュアルな出会いだよね。 エキサイティングなんですが、それだと楽章の代わり目でテンポを落とさなきゃいけなくなってしまう」 この問題をクリアするために加藤は、最初の1パートのみをクリックを聴きながら収録。 SLOW MOTION SOUND Very gradually slow down a recoeded sound to many times its original length without changing its pitch or timbre at all. マルチトラックの手法(元はロックンロールのもの)については、ノンサッチ・レコードのピーター・クランシーとずいぶん話したよ。 『テリヒーム』ってどういう感じの音楽? ライヒの作品すべてを通して言えることですが、ライヒの良さや楽しさを理解するのに、日本語の解説は必要がありません。 4、音楽的状態変化をシステマティックに行う方法の一例として、 スティーブ・ライヒ 作曲「クラッピングミュージック」を鑑賞し、作品構造を解説した。 4人の女声は、マリンバを模した( doo doo doo・・・・)、もしくは弦楽器を模したシラブル( ee・・・・)で歌われる。

もっと