赤松 林太郎。 vol.70赤松林太郎先生が語る!生徒の最高の演奏を引き出すピアノ指導の極意(後編)

KKC

生徒の「音色」を変えようとしたときの秘訣!• 外部リンク [ ]• 業界では知らない先生はいらっしゃらないほどの赤松先生。

もっと

KKC

幼少より活動を始め、5歳の時に小曽根実氏や芥川也寸志氏の進行でテレビ出演。 赤松先生のこれからのビジョンは?• これまでに新田ユリ、手塚幸紀、堤俊作、西本智実、山下一史の指揮のもと、東京交響楽団やロイヤルメトロポリタンオーケストラ、ロイヤルチェンバーオーケストラなどと共演。 - 第34回・ピアノコンクール銀メダル(/)• 2000年にクララ・シューマン国際ピアノコンクール 審査員にはマルタ・アルゲリッチやネルソン・フレイレなど)で第3位を受賞した際、Dr. - 第15回ファイナリスト(/)• 神戸大学を卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得 室内楽は全審査員満点による。 小品集とは言っても、ありきたりでない赤松ならではの凝った内容に注目です。

もっと

赤松 林太郎

2000年クララ・シューマン国際ピアノコンクール第3位を受賞した際、世界的音楽評論家ヨアヒム・カイザーにドイツ国営第2テレビにて「聡明かつ才能がある」と評された。 2018年11月8日閲覧。 現在の活動 日本とハンガリーを拠点に、演奏活動を続けています。 卒業、修了。 国内各地の主要ホールはもとより、アメリカ、ロシア、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オーストリア、ハンガリー、ポーランド、台湾、コロンビアを公演で回る。 - 第48回優勝および審査員の称賛付名誉賞(/)• キングインターナショナルから5枚のアルバムをリリースして各誌で絶賛される。

もっと

赤松林太郎 『ふたりのドメニコ』

2000年クララ・シューマン国際ピアノコンクール第3位を受賞した際、Dr. 1996年第1回浜松国際ピアノアカデミーに参加。

もっと

赤松林太郎/わたしを泣かせてください

神戸大学を卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得。 赤松先生にとっての「プロフェッショナル」とは? 2歳よりピアノとヴァイオリンを、6歳よりチェロを始める。 全国での講座では毎回満席、空き待ちも出るほどの人気です。

もっと

赤松林太郎先生秘伝、コンベで金賞をとるコツ。

「関先生の版とコーエン版では基にした写本が別らしく、私の録音はかなり異なって響くはず」と、赤松は独自性を強調した。 神戸大学を卒業後、パリ・エコール・ノルマル音楽院にてピアノ・室内楽共に高等演奏家課程ディプロムを審査員満場一致で取得。 現在は 一社 全日本ピアノ指導者協会評議員、ブダペスト国際ピアノマスタークラス教授、洗足学園音楽大学客員教授、大阪音楽大学特任准教授、宇都宮短期大学客員教授、カシオ計算機株式会社アンバサダー。 1,000名以上の指導に携わり、多くの受賞者を輩出している(PTNA特級グランプリ・銀賞・銅賞、東京音楽コンクール優勝、多数の国際コンクール他)。

もっと