うずまき ミナト。 うずまきクシナ(NARUTO)

ナルトの名字は何故うずまき?父は波風ミナト、母はうずまきクシ...

第四次忍界大戦ではダルイの増援に加わり、コテツやダルイと共に蘇生された暁の角都と再び交戦した。 その後、滝の内部の修行場に入って精神世界の中で九尾と対峙し、チャクラを引き出そうとすると同時に九尾の強い憎しみに飲み込まれかけて現実空間でも尾獣化しそうになるが、精神世界に留まっていた実母であるクシナの言葉で我に帰る。 なお、表情や仕草の一つ一つがナルトの初恋相手であるに似ており、されたミナトは自分の彼女だと茶化したナルトを殴るサクラを見て 「クシナに少し似てるかなこの子…」と独白している。 油女トルネ(あぶらめ トルネ) 声 - 高橋英則 根のメンバー。 その直後の暁の飛段・角都との戦闘にも参加し、角都の攻撃で窮地に陥ったカカシたちを間一髪で救った。 第二部では中忍に昇格しており、我愛羅の奪還任務では第三班のメンバーと共に第七班の増援に向かった。 山中一族の秘伝忍術である「心乱身の術」を得意とする。

もっと

ナルトの名字は何故うずまき?父は波風ミナト、母はうずまきクシ...

ヒルゼンの死後は自来也に五代目火影就任を打診するが断られ、代わりに綱手の就任を了承する。 特にスピードはミナトの「飛雷神の術」に匹敵する程速く、ミナトが死亡してから自分より速い忍はいないと自負している。

もっと

波風ミナト (なみかぜみなと)とは【ピクシブ百科事典】

猿飛木ノ葉丸(さるとび このはまる) 声 - 、(疾風伝にて一時代役)、(青年期) 三代目火影・ヒルゼンの孫でアスマの甥。 それから16年後、ナルトが九尾の力を己のものとするための修行中に九尾に飲み込まれそうになった時、ナルトの前に現れて彼を救い、自分達夫婦の過去や馴れ初めを話す。 忍術・幻術の才能が全く無かったためアカデミーでは「熱血落ちこぼれ」と馬鹿にされていたが、卒業後はガイの徹底的な指導により、八門遁甲の開門を利用した禁術「蓮華」や、酒に酔った状態で繰り出す「」などの高等体術を会得するほどの忍に成長した。 うずまきミト 声 - 、(壮年期) 初代火影・千手柱間の妻で綱手の祖母。 表向きはお人好しな性格だが、本性は野心家で残忍な性格であり、激昂すると口調も荒くなる。

もっと

ナルト父、ミナトの強さって実際どのくらいですか?全盛期としてです。...

沸遁・怪力無双• 無を除く3人を砂で拘束し、羅砂に「自分は母の加琉羅から愛されていた」という真実を聞かされると同時に、父も自分を孤独にさせてしまったことを後悔していたことを知り涙を流し、里の未来を託されながら父を封印して見送った。 かつての忍 [ ] うずまきクシナ 声 - 四代目火影・波風ミナトの妻でナルトの母。 サスケの奪還任務では足止めのため音の四人衆の次郎坊と対戦し窮地に陥るも、シカマルを侮辱されたことへの怒りから秋道一族の秘伝の丸薬のうち赤色の「トンガラシ丸」を使い、自らの力を引き出して勝利を収めたが直後に昏睡状態に陥り、任務終了後に木ノ葉に搬送され医療部隊による集中治療を受けて回復した。 サスケが里を抜けた後はナルトを正式な弟子とし、約二年半余りの間里の外で修行を行った。 顔つきが父に似てると顔は私に似てる、別に矛盾じゃなくね。 その実力は敵対した50以上の忍を一瞬で倒してしまうほどで、ミナト一人が戦線に加わっただけで戦況がひっくり返ってしまうなど、味方からは頼もしい限りだった。 そして拠点とする洞窟に追ってきたカカシとオビトをタイセキが「迷彩隠れの術」で迎撃し、カカシの左目に深い傷を負わせたが、直後に写輪眼を開眼したオビトによって攻撃を見切られてクナイで刺されて死亡。

もっと

【ナルト】波風ミナトの強さはどのくらい?術一覧からナルトの父親を考察してみよう!

五影会談の際にはダンゾウの護衛を務めた。 しかし、里へ帰還後は納得出来ずにいた同期生達からサスケを殺さなかった事を咎められるが、敢えて理由を言わないまま、その場から立ち去った。 ペイン戦で彼女が瀕死の重傷を負わされた際には激怒しており、以降もヒナタの言動はナルトの行動に影響を与えている。

もっと

うずまきクシナ

戦闘スタイルも異なり、以前の機敏な動きから一変、同じ箇所からあまり動かない鈍重なものとなる。 その後、オビトが十尾の人柱力となり、陰陽遁の術による忍術の無効化に苦しめられるも仙術による攻撃は通用すると見抜くと共にオビトが神樹を顕現させ、連合の心が折れかかった時にも諦めない姿勢を見せて連合の心を繋ぎ止める。 赤ツチ(あかつち) 声 - 岩隠れを代表する歴戦の上忍。 疾風伝では木ノ葉崩し直後に行われたカカシ班と我愛羅たちとの合同任務で我愛羅暗殺の為に奇襲部隊を派遣したが、ナルト達の協力で撃退された事が判明している。 しかし、ヒナタがナルトの影響を受け落ちこぼれから脱却していく様子を見て次第に疑問を持つようになり、最終的にペイン襲撃時における彼女の活躍を知って自らの考えが間違っていたことに気づき、運命ではなく自分自身の意思で宗家を継ぐ事を決意した。

もっと

うずまきミト

第一部では英雄として語られているが故人であるため登場していない。 その後、疲労困憊しながらも迎えに来たカカシと共に里に帰還した時には里の人々から感謝され、「 里の英雄」として称えられた。

もっと

うずまきクシナ

第三次忍界大戦時には自来也や大蛇丸と共に里に多大な貢献を果たし「伝説の三忍」の一人に謳われたが、戦乱の中で弟の縄樹を亡くし、その後さらに負傷により血まみれになった恋人のダンの死を看取ったことで恐怖症を発症してしまい、以来は医療との関わりを断っていた。

もっと

うずまきナルトとは (ウズマキナルトとは) [単語記事]

木の葉崩し編で大蛇丸が初代火影・、二代目火影・とともにしようとしたが、ミナトだけは復活を防がれた。 しかしそれは蟲分身の術による囮であり、自身はその隙に、蟲に感染させた人間を深い穴の中に放り込み、その中で毒蟲を培養して爆発させ、辺り一面に毒ガスを撒き散らす禁術「壺毒の術」の準備をしていた。 変化の術• 本戦後にはネジとヒアシが和解したことをきっかけに自身もネジと和解した。 太眉にヒゲを蓄えた男性。 男勝りな性格だが他者を気遣う優しさや、敵を倒した後に得意気に笑うなど好戦的な性格も併せ持つ。

もっと