西田 佐知子 裏町 酒場。 「西田 佐知子」の楽譜一覧

花は散りゆく/裏町酒場

「」は時点でもので歌声が使用されている が、にはが歌うバージョンも使用された。 教則・音楽理論• アンサンブル• それ以前には、「浪花けい子」の名で活動したこともあった。 旅の踊子さん(H-15725:1957年4月15日)- マーキュリー・レコード(SP盤)で、西田佐智子名義。 (2005年)• B面は「長崎の夜の物語(高城丈二)」• 年譜 [ ]• バンド• 死ぬまで一緒に(DJ-1098:1960年9月3日臨発)- B面曲で、A面は「海の情事に賭けろ()。 弾き語り• 作詞: 水木かおる、作曲・編曲: 収録作品 [ ] 花は散りゆく• 15臨発)- ドイツ録音で、バックはホルスト・ヴェンデ楽団• 西田佐知子 魅力のすべて(SMR-3055:1969年8月25日臨)• 2台4手• 作曲は。 。 共に化されている。

もっと

美空ひばり 裏町酒場 歌詞

メロディ• 弾き語り• すべて• あと5分だけ(DJ-1086:1960年8月20日)- B面は「ワン・モア・キス・ミイ(原田信夫)」• - 「」発売• 女の意地 西田佐知子ベスト・ヒット・アルバム(MR-3162:1971年3月1日)• パーフェクト14 西田佐知子(MR-7503:1975年5月新譜)限定発売• コード• - (西田佐智子 名義)同じ年にデビューした歌手• (2009年:UPCY-6543) 関連項目 [ ]• 淋しい女猫(DJ-1082:1960年8月新譜)- B面は「あんな奴ぁ知らねぇ(高城丈二)」• 星が泪を流してる(DJ-1076:1960年7月新譜)- B面曲で、A面は「雨に濡れたキッス(大関進)」• 代表作「」は、当時の世相を表現するのように扱われており、その物憂げな歌声はニュース映像ので使用されることがある。 (1968年 - 1970年、日本テレビ)- 二宮刑事役 脚注 [ ] []• ギターリード• (1999年:POCH-1842)• 帝国女子高等学校(現・)。 1990年にはとしても活動していた。 西田佐知子さん『裏町酒場』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 西田佐知子 城ケ島の雨(MR-3133:1970年9月1日) - SLJM-1022の再発売(曲順を変更)• 東京讃歌(さっちゃんのムード軽音楽集)(SLJM-1120:1965年1月新譜)- 西田佐知子のヒット曲をポリドール・オーケストラが演奏したもので、本人歌唱はなし(編曲:川上義彦)• (1999年)• 鍵をかけないで(西田佐知子ヒット・アルバム)(MR-3098:1970年4月1日)• コーヒー・ルンバ(西田佐知子ヒット曲集)(LPJ-64:1962年1月新譜)- 25cm・モノラル盤• (1994年)• ()からの第1弾で、西田佐智子名義。 ギター• 西田佐知子叙情曲を歌う(SLJM-1022:1963年12月新譜)- 30cm・ステレオ盤(全12曲)• が(2年)4月21日に発売した「めざめ」の作詞を担当。 花は散りゆく• (DJ-1062:1960年4月新譜 - B面は「夜霧のテレビ塔(原田信夫)」• (2006年)• シングル [ ] この節のが望まれています。

もっと

西田佐知子の歌詞一覧リスト

収録曲 [ ]• 西田佐知子・愛のささやき (SMR-3066:1969年9月15日)• 近年発売されるでは、「裏町酒場」のみが収録される機会が多い(下記「」参照)。 その他• 「」のヒット当時、本人はを飲む習慣がなく「(歌詞中の)って何?」といった調子だったのが、結婚後は夫の影響で飲むようになった、という。 すべて• 使用は1975年から。 デュオ• 西田佐智子の名で歌手デビュー。 西田も結婚後の後半にモノラル時代の主要曲をアルバム用にステレオ再録音したが、現在はとなっている。 南國の踊り子(H-15259:1957年2月15日)- B面曲で、A面は「下田港に雨が降る(藤島桓夫)」。 「裏町酒場」はに男性歌手、によりされた。

もっと

花は散りゆく/裏町酒場

作詞:鹿島鳴秋/作曲:• コード譜• (2013年) コンパクト盤 [ ]• 前者は非売品の宣伝盤として一部に配布、後者はシングル盤としてに発売。 マーキュリー・レコード(SP盤)で、西田佐智子名義。 NEW PERFECT 西田佐知子(MR-7514:1979年11月1日) 限定発売• (2007年)• ギタースコア• ギターアンサンブル• すべて• 泪がいっぱい(DJ-1095:1960年10月20日)- B面は「ベラドンナ(青山牧子)」• 「BLOGパーツ」にて本作のCMバージョンの後半部分を聴くことができる。 パーフェクト24(MR-9947~8:1976年) 2LP• (2019年7月現在) アルバム [ ] この節のが望まれています。 さっちゃんと共に(MR-9002:1966年5月5日)- 30cm・モノラル盤 MR-9002(1)と(2)の2枚組• 西田佐知子、叙情曲を歌う Vol. 初めての街で(MR-3204:1979年12月新譜) ベスト・アルバム [ ]• 尚、にが「裏町酒場」という題名のシングルレコードを発表したが、西田版のカバーではなく同名異曲である。 9月30日にはレコード売上1000万枚突破記念チャリティ・リサイタルをで開催• エピソード [ ]• 『』(2003年11月26日発売、、:UICZ-6041)の歌詞ブックレットに掲載されている参照。

もっと

裏町酒場 / 西田 佐知子 のタブ譜(Tab譜)

夜が切ない(DJ-1034:1959年10月20日)- B面曲で、A面は「哀しみは胸深く(原田信夫)」。

もっと

花は散りゆく/裏町酒場

(2009年)• CMとシングルでは一部歌詞が違う。 すべて• 西田佐智子名義。 マーキュリー・レコード(SP盤)で、西田佐智子名義。

もっと

花は散りゆく/裏町酒場

- 「テレビを見ている女」を発売(現在のところ最終シングル) 以降表立った活動は無いが、 (2年)、歌手・のデビュー曲「めざめ」(夫の関口宏が司会を務める系テレビ番組『』のエンディング曲)の作詞を行っている。

もっと