夏 草 や 兵 ども が 夢 の 跡。 「夏草や 兵(つわもの)どもが 夢のあと」 長篠の合戦

中学校国語 古文/おくのほそ道

連体修飾格の格助詞 「の」と同意です。 いちいち例文を挙げればよいのでしょうが、さすがに面倒なのでやめました。 よく見ると黄色の揃いのジャンパーを着たスタッフだった。 さても 、 義 ぎ 臣 しん すぐつてこの 城にこもり、 巧名 こうみょう 一時 いちじ の 叢 くさむら と なる。

もっと

夏草や兵どもが夢の跡 松尾芭蕉 「奥の細道」平泉 俳句 前書からの読解

この平泉は平安時代に奥州藤原氏が繁栄を築いた地として知られています。 【兵ども の夢の跡】。 そのままお金を振り込まなければ大丈夫」と言われました。

もっと

“つわものどもがゆめのあと”とは

10代後半の頃から京都の北村季吟に弟子入りし、俳諧の世界に足を踏み入れます。 この「が」が何故そんな力があるかと言う事ですが、この「が」一字で兵どもの夢の全てが省略と云う形で表現されているからです。 ここ高館で戦った義経らの姿が浮かぶようだ。 夏草や 兵(つはもの)どもが 夢の跡 卯(う)の花に 兼房(かねふさ)見ゆる 白毛(しらが)かな 曾良 かねて耳驚かしたる二堂開帳(かいちょう)す。 同じ句が重複していることもあります。 ) 卯(う) の花に 兼房(かねふさ) 見ゆる 白毛(しらが) かな 曾良(そら) (卯(う)の花は白いが、)白い卯の花を見ると、義経の家来として、老臣ながら奮戦した兼房が、白髪(しらが)を振り乱して奮戦している様子が思い浮かぶことよ。 また、「夢の跡」は、全てが過ぎ去ってしまい、 今はもう何もない様子。

もっと

「夏草や兵達が夢のあと・・」の意味を教えてください。

1689年3月27日(新暦5月16日)、松尾芭蕉は門人の曾良をともなって、江戸から東北・北陸へ600里(約2400km)、150日間の「おくのほそ道」の旅に出ました。 「功」とは手柄、功績。 弁慶と一緒に、蝦夷で生きている、いや、大陸で生きている、と。 芭蕉以外の人物の使用例も含まれています。 「迦須牟巨麻賀多 (かすむ駒形) 」 右の句碑 夏草やつはものともか夢の跡 文化3年(1806年)、慈眼庵素鳥建立。

もっと