水 の 呼吸 伍 ノ 型 干 天 の 慈雨。 【鬼滅の刃】竈門炭治郎の使用技まとめ!日進月歩で強くなる今後に【ネタバレ】【鬼滅の刃】

鬼滅の刃の呼吸法と必殺技まとめ (4/15)

水 の 呼吸 伍 ノ 型 干 天 の 慈雨

2016年11月から週刊少年ジャンプで連載をスタートさせ、 連載当初はその独特な絵柄から長続きはしないだろうと 多くの読者が胸の中で思っていたのではないでしょうか? しかし他の漫画が打ち切られていく中で鬼滅の刃は大当たり、 今では単行本の 累計発行部数1000万近くまで伸ばしています! もうジャンプの看板漫画といっても誰も文句は言えないレベルまで来ています。 あらすじ 父亡き後、炭を売って生計を立てていた竈門炭治郎 自身が麓の村まで炭を売りに出かけている間に家族が鬼の襲撃にあい、 妹以外の家族は皆死んでしまう。 生き残った妹・禰豆子も鬼に変えられてしまいます。 妹を人間に戻すため、数々の試練を乗り越え鬼を討伐する部隊、鬼殺隊に入隊した炭治郎。 鬼の親玉、鬼舞辻無惨を討つため妹を助けるため奔走する、、といった物語です。 ナルトの五大性質変化と同じようなものですね。 派生してできた5つの流派からさらに派生していくこともあり、 霞柱の使用する霞の呼吸、乳、、、恋柱が使用する恋の呼吸などがあります。 水の呼吸は容れ物によって形を自在に変える水の如く、 相手の攻撃を利用したりいなしたりと、 あらゆる状況に対応できる呼吸法であり、非常に汎用性が高いです。 弱点らしい弱点のない、バランス型といったところでしょうか? 炭治郎は元水柱の育手・鱗滝に基本形を叩き込まれ、 選別により亡くなった錆兎の霊による修行(2年間)の末に水の呼吸を取得しました。 水の呼吸の使い手最強は歴代で見てもおそらくは富岡義勇であり、 水の呼吸は本来拾ノ型までしかありませんでしたが拾壱ノ型を編み出したり、 あざを発現させたりと確固たる強さを誇っています。 無口でコミュ障という犠牲を払い義勇は力を得たのでしょうか? ワンパンマンが剥げて力を得たように、、、。 水の呼吸 型 水の呼吸は義勇の編み出した凪を含めると 現在11つ判明しています。 刀を左から全力で右側に振り抜くといったもので 鬼殺隊の選抜試験で対峙した手鬼の首を一刀両断しました。 初動よりも後の方が斬る威力がたかそうです。 斬る対象が複数の時に活躍してくれそうな技です。 レン撃を繰り出す技で流れる川のような曲線が刀の切った軌道上に残るようにしてみえます。 義勇は十二鬼月・上弦の参 猗窩座を打ち倒すために使用しました。 水の呼吸 参ノ型 流流舞と同じエフェクトが出ていますが打ち潮は流流舞のようなレン撃ではないようです。 一撃がとても重い感じがしますね! 炭治郎の場合は水のエフェクトが1つしかありませんが義勇の場合は複数の水のエフェクトが出ています。 水の呼吸に適性があり、なおかつ柱レベルの技ですので炭治郎と義勇の剣技には天と地ほどの差かもありそうです。 義勇はこの技で類の父親(役)の鬼をバラバラにしました。 誰しもが好き好んで鬼になったわけでもなし、 そういった鬼たちを救うための技が水の呼吸 伍ノ型 干天の慈雨です。 塁の母親は塁の呪縛から逃れるために炭治郎にその首を差し出しました。 ほかの呼吸にはおそらく鬼に対しての救いの技はないと思われるので この技を編み出した人物は心の優しい、炭治郎のような人だったんだと思います。 干天の慈雨を沼鬼に対しても使おうとしていましたが鬼が複数いることに気づき 炭治郎は別の技に切り替えたこともあります。 巻き込まれた鬼はバラバラになり、沼鬼三体中二体を撃破しました。 地上で使うよりも水中で使った方が威力が増す技です。 周囲を無差別に攻撃する技だと思われるので仲間が複数人いる場合だとこの技の使用はできなさそうです。 水面にしすぐが落ちて波紋ができるように突きの先にいくつもの波紋のエフェクトが見えますね。 波紋1つ1つに当たり判定があるのでしょうか? だとしたらこの技も相当 広範囲を攻撃できる技になりますね。 右から左へ、少し曲げるように突きを放つ 雫波紋突き・曲 この技で鞠の攻撃を完全に止めました。 滝のように強烈なな威力を持つ上から下への斬りおろしです。 鬼複数に対しての斬撃が可能な技ですが他の技と比べて攻撃範囲は絞られてしまいます。 干天の慈雨を放とうと炭治郎はしていましたが鬼が複数いることに気づき、滝壺に技を切り替えました。 足場の悪い場所でとても有効な技で地面と足との接地を極力少なくして 縦横無尽に飛び回る技です。 炭治郎はこの技を使って響凱の懐まで侵入することに成功しました。 玖ノ型 水流飛沫の応用である乱は作中に登場していますが 玖ノ型 水流飛沫はまだ先中では誰も使用していません。 糸は切断でき勝機が見え始めたと思い始めたところ、るいの血鬼術が発動、 生生流転では切れないと悟った炭治郎は走馬灯を見た末、生生流転からヒノカミ神楽 円舞に繋げています。 義勇の間合いに入った全てものは全て凪ぎ、無になるというとんでも技です。 炭治郎がやっとの思いで防いでいた下弦の鬼・るいの血鬼術をいともたやすく防ぎきりました。 防ぐ際、わずかに手を動かすのみで刀身が全く見えていません。 どんだけ高速で切っているのかがわかりますよね。 水の呼吸 拾壱ノ型 凪は上弦の鬼 猗窩座の攻撃もこの技でほぼ防ぎきりました。 拾弐とか拾参の型、あるなら早く見てみたいですよね! 水の呼吸 拾壱ノ型 凪 が強すぎる 水の呼吸まとめまとめ 水の呼吸は他の呼吸と比べてもかなりの型があり色々な局面での 応用も効くのでバランス型の方なのでしょうか。 義勇オリジナルの技、水の呼吸 拾壱ノ型 凪は下弦の攻撃なら 余裕でカンパできるほどの威力を有しています。 上弦の鬼に対しても有効なのでかなり強いですよね。 炭治郎が水の呼吸で新しく何かを編み出すということはなさそうですが 義勇さんはまだ何かあるかもしれないので今後の鬼滅の刃に期待です! 以上 水の呼吸 拾壱ノ型 凪 が強すぎる 水の呼吸まとめでした!.

次の

【鬼滅の刃】伍ノ型・干天の慈雨(ごのかた・かんてんのじう)の強さ考察、苦痛を与えぬ慈悲の斬撃!

水 の 呼吸 伍 ノ 型 干 天 の 慈雨

人気漫画『鬼滅の刃』とは? 『鬼滅の刃』は、吾峠呼世晴による大ヒット少年漫画。 『週刊少年ジャンプ』で2016年から連載されています。 主人公の竈門炭治郎は、亡き父の代わりに炭を売って家の生計を立てていましたが、ある日 鬼に家族を殺され、唯一残った妹の禰豆子も鬼に変えられてしまいました。 そして、残された炭治郎は禰豆子を人間に戻すため、人知れず鬼を倒す 「鬼殺隊」に入り、日々鬼達と戦う日々を送ることになるのです。 そんな『鬼滅の刃』は、アニメ化も大成功を収め、シリーズ発行部数は累計2500万部を突破中。 ここからは、今1番アツイと言っても過言ではない大人気漫画『鬼滅の刃』に登場する「水の呼吸」の全ての型を詳しく解説していきます! 剣術「水の呼吸」とは? 【鬼滅】呼吸の基本は炎水風岩雷の五種類。 鬼殺隊の階級が五行ベースなので木火土金水かと思いきやそういうわけでもないようだ。 「水の呼吸」は 容れ物によって形を自在に変える水の如く、相手の攻撃を利用したりいなしたりと、あらゆる状況に対応できる呼吸法であり、炭治郎はこれを育手である鱗滝や錆兎の指導で2年かけて習得しました。 作品の中で現在「水の呼吸」を使用しているのは、炭治郎や鱗滝の他にも、 水柱である冨岡義勇も使用しています。 義勇は炭治郎が鬼殺隊に入るきっかけを作った人物であり、同じ「水の呼吸」でも、炭治郎とは 桁違いの威力で技を繰り出したり、 オリジナルの技を編み出したりしています。 技が登場したのは最終選別編で、鱗滝に恨みを持ち、 錆兎や真菰を殺した強力な鬼と戦いました。 この鬼は 自身の腕を弱点である首に巻きつけて強度を高めており、錆兎も首を切ることができませんでしたが、炭治郎はその首を水面斬りの威力で切り落とすことができました。 エフェクトとしては、斬撃の鋭さを感じるような真っ直ぐな線で、他の技に比べると非常にシンプルなものになっていますが、 斬撃の内側をよく見ると、水の波紋が描かれており、「水面斬り」の名に相応しいものになっています。 必ずしも分かりやすい必殺技が面白さではないことを、和月伸宏がるろ剣を武装錬金で以って乗り越える事で証明したのに、依然世の評価が「和月はるろ剣の人」なのが解せぬ。 こちらも同じく最終餞別編で、炭治郎が人を助けるために技を繰り出しました。 この鬼は「水面斬り」で登場した、錆兎たちを殺した鬼で、 体も非常に大きく、体から生えているたくさんの腕を操るため「水車」が使われたと考えられます。 また、この水車には変形技として 「弐ノ型 改 横水車」という技があり、珠世の屋敷で襲ってきた鬼・矢琶羽が「紅潔の矢」と呼ばれる、物の方向を自在に操れる技で攻撃してきた際、矢を内側に回る水流の流れに乗せ、 その力で逆に矢琶羽を攻撃しました。 水が流れるような滑らかな足運びを行いながら繰り出す技であり、その動きから 回避と攻撃を同時に行うことができます。 この技は手毬を操る鬼・朱紗丸に複数の手毬で攻撃を受けた時に使われました。 エフェクトを見てみると、他の技のような水の 水の飛沫が全く出ておらず、それでいて様々な方向に流れており、 滑らかで自在に動く水の流れを思わせます。 また、画像を見て分かるように、複数の手毬に対応する炭治郎の姿が複数見えており、 残像が残るほど素早く動ける技と考えることもできます。 斬撃をよどみなく繋げていくことで、複数の敵に同時に攻撃をすることができます。 最終選別で炭治郎を取り合って襲ってきた2体の鬼に技を繰り出し、「水の呼吸」を習得してから 初めて鬼の討伐に成功することができました。 エフェクトを見ると、技名の通り、いくつもの波が勢いよく押し寄せるように複数回の攻撃を受けることが分かります。 また、この技は水柱・富岡も作中で披露しており、この技を見た伊之助が 「一太刀の威力が違う 天と地ほどの差がある」と興奮するほどの威力を出し、柱として、 炭治郎との格の違いを見せつけました。 この型は 切られた者ほとんど苦痛を与えない「水の呼吸」唯一の慈悲の剣撃と言われています。 相手が自ら首を差し出してきた場合のみに使用されます。 蜘蛛山編では、下弦の伍である累の恐怖による支配に苦しんでいた「母役」の鬼が、 「死ねば解放される」という思いから、炭治郎に自ら首を差出し、それを見た炭治郎が「干天の慈雨」で首を切り落としました。 また、沼鬼との戦いでも、不発に終わっていますが繰り出そうとしています。 エフェクトを見ると、細く細かく雨が降っており、「干天の慈雨」の名の通り、 渇いた大地に潤いを与えるような優しさを感じることができます。 上半身と下半身をねじった状態から繰り出す技で、勢いを伴って螺旋を描くように周囲を切り裂く斬撃となります。 エフェクトとしては激しく渦を巻く水流が相手に襲いかかるようになっており、その水の流れの勢いは技の中で最も強いものになっています。 水中でこそ大きな威力を発揮する技ですが、地上でも広範囲に渡って攻撃をすることができます。 沼鬼との戦いで2体同時に襲われた際、2体を同時に攻撃するために繰り出されました。 また、 「ねじれ渦・流流」という、ねじれ渦と流流舞いを合わせた技も存在しており、矢琶羽が「紅潔の矢」で攻撃を仕掛けた際に、 矢を絡め取るために使われました。 絵を見る限りでは ねじれ渦の水流の渦を流流舞いのように、自在に操ることでこれを可能にしていると考えられます。 「水の呼吸」の中でも最速の技と言われており、名前の通り斬るのではなく 突くように技を繰り出します。 珠世の屋敷を襲われた際、鬼の操る高速の手毬に対応するためにこの最速の技が使われましたが、基本的に鬼は首を切り落とさなければ死なないため、 決定打にはならないと考えられます。 また、この回で使用されたのは、 「漆ノ型 雫波紋突き・曲」という変形技で、斜めから曲線で突くことによって、 手毬の威力を落とすことに成功しました。 エフェクトとしては、雫が水面に落ち、静かな波紋が広がる様子を描いており、 波を立たせないように一か所に鋭く切り込んでいることが分かります。 捌ノ型 滝壷 新参ものを沼に引きずり込む図って正にこれじゃん 鬼滅の沼鬼 — 日凪セツナ ud0104418624 捌ノ型 滝壷は、2巻10話で初登場した技で、滝から水が流れ落ちるように、 上から地面へと刀を振り下ろすことで繰り出せる技です。 こちらも広い範囲に技を繰り出すことができ、なおかつ 「水の呼吸」の中でトップの威力を出すことができます。 こちらは、沼鬼と戦った際、地面に潜んだ3体の沼鬼が一斉に攻撃を仕掛けた時に 3体同時にダメージを与えるために繰り出されました。 エフェクトを見てみると、 激しく大きな滝に打たれるように攻撃されていることが分かります。 また、攻撃範囲で見ても炭治郎をぐるりと囲むように攻撃ができており、 自分の足元にいる敵などにはかなり有効な技であると考えられます。 あなたへのオススメ記事 玖ノ型 水流飛沫 鬼滅の刃25話、今まで読んだ話数の中では一番グッときた。 この技は攻撃よりも 回避に使われる技で、着地する時の 接地面を最小、最短にすることで縦横無尽に駆け回ることが可能となります。 そのため、足場の悪い場所での戦いに適しています。 「水流飛沫」は鼓を打ち、 凄まじい速さで部屋を回転させながら攻撃を仕掛けてくる鬼・響凱に対応するために繰り出されました。 様々な方向に回転する部屋と攻撃に苦戦していた炭治郎でしたが、この「水流飛沫」で全ての攻撃をかわし、相手の懐に飛び込むことができました。 エフェクトを見てみると、 部屋中にたくさんの細かい水の流れや飛沫が飛び散っており、炭治郎が部屋の回転に合わせて素早く動き回っていることが分かります。 拾ノ型 生生流転 横山大観展で生生流転の巻物見て、 鬼滅の刃で生生流転! — agawayasu a. sound. alchemist's. 「水の呼吸」の中では最も精度の高い型で、刀を回転させながら連撃を打ち出し、 一撃目より二撃目の、二撃目より三撃目と、回転が増すごとに威力が上がっていく「水の呼吸」最強の技です。 蜘蛛山編で、他の型で斬ることのできなかった下弦の伍・累の操る強靭な糸を斬ることに成功しました。 エフェクトは構えた時点で 背景に龍神が浮かび上がり、龍の体が何度も相手に襲い掛かるように斬撃を繰り出しています。 拾壱ノ型 凪 鬼滅42話 炭治郎が頑張った甲斐もあって今度は間に合った義勇さん 前回の打潮 強 から今回は奥義的な独自の型 鬼殺隊は技が体系化されてるから強さの表現にこういう技法が必要だけど、その分恪の違いが分かり易いし格好いい 炭治郎の信頼が窺える「善逸か…?」の所も地味に良い — だみー poisonouspit 「水の呼吸」は、全部で10種類の型が存在していますが、水柱である義勇は、 自身で編み出した義勇だけの技「拾壱ノ型 凪」を扱うことができます。 凪とは無風状態の海のことを指し、海水は揺れず、鏡のようになります。 「凪」の状態の 義勇の間合いに入った攻撃は、全て無になってしまうという技で、蜘蛛山編で炭治郎の助けに入り、「凪」を使った義勇は、累の強靭な糸をばらけさせ、「ヒノカミ神楽」や禰豆子の爆血を使っても倒すことのできなかった 累の首をいとも簡単に切り落としてしまいました。 エフェクトを見ると、義勇の背景に静かな水面が写っており、「凪」を使う際に、義勇はほとんど体を動かしていません。 腕が少し動いているようにも見えますが、剣を振るったかどうかは分からず、また、 どのように発動しているかも不明です。 今後「水の呼吸」の新しい技は出るのか!?今後の展開に注目! 炭治郎は、現在「ヒノカミ神楽」を中心に技を増やしていますが、「 水の呼吸」との合わせ技なども出現してきています。 また、義勇も作中では未だ「打ち潮」と「凪」以外をきちんと披露していません。 今後「水の呼吸」で新しい技が出るかどうかは不明ですが、可能性としては大いにありうるのではないでしょうか。 また、2019年4月から放送されるアニメでは 技のエフェクトがどのように表現されるのか、こちらも期待して待ちたいと思います! 関連記事をご紹介!.

次の

鬼滅の刃以下の呼吸の型を全部教えてください!水の呼吸雷の呼吸獣の呼吸蟲の呼...

水 の 呼吸 伍 ノ 型 干 天 の 慈雨

本作の主人公。 を付けた。 の兄で、竈門家6人兄弟姉妹の長兄。 初登場は1話。 概要 古より存在する、政府非公認の組織。 構成員は数百名おり、主な構成員は直接と戦うと、バックアップを担当する。 そのほかにを作る、新たなの指導を行うがいる。 に入隊する理由はそれぞれだが、親しい人を鬼に殺されて入隊する者も少なくない。 は家族を殺され、にされたを人間に戻すため、に入隊した。 の隊士のこと。 標準装備として、とを持ち、直接と対峙する戦闘員である。 刀を持つことから、隊士は、あるいは単に剣士と呼ばれる。 また、を狩ることを生業としていることから、(主にから)と呼ばれることもある。 のうち、優れた実績を残した者は最上位の位であるに昇格する。 多くの剣士がを習得しており、主たる戦闘手段として用いている。 、ひいてはを象徴する、日輪模様の花札のような耳飾り。 の父で元柱の煉獄槇寿郎によれば、かつてがつけていたとされる(68話)。 刀鍛冶の里の戦闘用絡繰人形・縁壱零式も同じものをつけているのが確認できる(103話)。 現代ではが父・炭十郎からとともに受け継いでいる。 神楽と耳飾りを継承していくことが竈門家の「約束」であると、炭十郎は語っている。 髪と目の色が赤みがかっている子のこと。 火仕事をする家では縁起がいいとされ、赫灼の子が生まれると喜ばれる。 戦闘技能 を狩るための基本技能であると同時に、を殺すための必殺の奥義。 大量の酸素を取り込むことで一時的に身体能力を向上させることができる。 その効果は、人間のままのように強くなれるともいわれる。 止血等を行うこともでき、「何でもできるわけではないが」「様々なことができるようになる」とのことで、応用性が高い。 (62話)• 基本5系統の呼吸のうちの一つ。 他の呼吸法に比べ型の数が多く、汎用性が高い。 曰く「水はどんな形にもなれる」。 呼吸法の中でも初心者に易しいため、一番多くのに使われている呼吸法。 両腕を交差させ、開きながら放つ水平斬り。 鬼滅の刃世界では珍しい、片手で放つ剣技。 空中で前方に回転しながら斬撃を放つ技。 前方に移動しながら放つため、少し距離の空いた相手に対して使用される。 地面と水平に回転し、斬撃を放つ応用技。 流れるような足運びから、連続して斬撃を放つ技。 流れるような連撃を放つ技。 作中初めて使用された呼吸法の剣技。 空中で打ち潮を放つ応用技。 敵が自ら頚を差し出してきたときにのみ使う技。 斬られた者に苦痛をほとんど与えない慈悲の剣撃。 上半身と下半身の激しいねじれから生み出される技。 足場のない不安定な場所でも使用可能で、水の中でこそ力を発揮する。 回転しながら放たれるため、前後左右囲まれた状況下での迎撃に向く。 雫波紋突きを斜めから曲線の軌道で放つ応用技。 鬼滅の刃世界では珍しい、片手で放つ剣技。 高く掲げた刀を地面に向け勢いよく振り下ろす技。 回転する部屋など、三次元空間で使用する水流飛沫。 「・乱」のつかない水流飛沫は作中未使用。 回転しながら放つ連続技。 回転が増すごと、斬撃を放つごとに威力が増していく。 流流舞いの足運びで距離を詰めながら、ねじれ渦の回転を生み出す応用技。 が生まれながらに会得していた元祖。 全ての呼吸法は、がこの呼吸を使い手に合わせてアレンジし、派生させたもの。 自身はこれをとは呼んでおらず、単に呼吸と呼んでいる。 がの祖先に伝えたものがと名前を変え、継承されていたことが単行本未収録192話で明言された。 他の呼吸法と違い「壱ノ型」のように番号が振られていない。 円弧を描くように振り抜く剣技。 円を描くように振り抜く剣技。 真円を描く軌跡が特徴的。 斬撃の軌跡に特徴があり、ほかの剣技と比べて濃い赤の軌跡を残す。 大きな半円を描く斬撃を二連続で放つ技。 高速のひねりと回転により残像を発生させる躱し特化の舞。 視覚の優れたものほど、くっきりと残像を捉える。 回避とともに放たれた斬撃は、虹色の軌跡を残す。 敵の真上を飛び越え、回転しながら背後から斬る技。 回転しながら螺旋状の斬撃を放つ技。 の再生能力を阻害する効果がある。 上空に飛び上がり、敵を突く技。 龍が舞うような動きで、複数の敵を同時に切る技。 鬼の再生能力を阻害する効果がある。 切っ先が揺らぎ、刀身の長さを錯覚させる技。 相手の攻撃を飛び上がって回避しつつ、上下逆さまの状態から斬撃を放つ技。 螺旋の炎を伴う垂直斬り。 の体を焼き斬る効果がある。 が父・炭十郎から継承した神楽の舞を参考にした呼吸法及び技。 全部で十二の型があり、夜明けまで繰り返し舞い続ける。 の型にあたるものであることがによりモノローグで語られた。 の使用する剣技の型をが後代まで継承した の型そのもの であることが明言された(単行本未収録192話)。 に比べて体力消費が大きく、使用者にかなりの負担を強いる。 当初は、を使用すると反動で動けなくなるほど体力を消耗していた。 円弧を描くように振り抜く剣技。 にの踏み込みを組み合わせた応用技。 円を描くように振り抜く剣技。 真円を描く軌跡が特徴的。 斬撃の軌跡に特徴があり、ほかの剣技と比べて濃い赤の軌跡を残す。 大きな半円を描く斬撃を二連続で放つ技。 高速のひねりと回転により残像を発生させる躱し特化の舞。 視覚の優れたものほど、くっきりと残像を捉える。 回避とともに放たれた斬撃は、虹色の軌跡を残す。 敵の真上を飛び越え、回転しながら背後から斬る技。 回転しながら螺旋状の斬撃を放つ技。 鬼の再生能力を阻害する効果がある。 上空に飛び上がり、敵を突く技。 龍が舞うような動きで、複数の敵を同時に切る技。 鬼の再生能力を阻害する効果がある。 切っ先が揺らぎ、刀身の長さを錯覚させる技。 相手の攻撃を飛び上がって回避しつつ、上下逆さまの状態から斬撃を放つ技。 螺旋の炎を伴う垂直斬り。 の体を焼き斬る効果がある。 よりも技の威力は上がり、よりも長く動けるようになる。 一方で、当然よりも威力は下がり、よりも長くは動けなくなるが、だけでは最後まで戦っていられない当時のにしてみれば、生命線のような工夫である。 四六時中を行うことで、基礎体力を飛躍的に向上させる。 直接の戦闘技能ではないが、曰く「への第一歩」(62話)と言われるほどに重要な技能。 なお、は「長くやろうとすると死にそうになる」らしく(50話)、平然とを維持できるの基礎体力の高さがうかがい知れる。 蝶屋敷での機能回復訓練の中で習得した(50話)。 作中ではでを行っていたが、これを等他の呼吸で行うとどうなるかは不明。 人並外れた嗅覚を持ち、人やの存在を探知するほか、その感情をも読み取ることができる。 との修練で習得した相手の隙を嗅ぎ取る能力。 が張ったときに刀を振るうと、隙に刃を叩きこむことができる。 相手の場合は、に刃を振るうことで頚を斬ることができるが、強いの場合は斬り込む前にが切れることも多い。 刀鍛冶の里での戦闘用絡繰人形・縁壱零式との戦闘訓練において、覚醒した能力。 よりも早い段階で、相手が狙ってくる場所が匂いで分かるようになった。 に劣る身体能力をによって補うことができるようになり、にも引けを取らない戦闘能力を得た。 全ての感覚を一気に開いて集中を極限まで高めるために、あらかじめ決めておいた動作を行うこと。 要するに ルーティーンのこと。 が使えない者であっても、は使用することができる。 肩書こそではないが、に匹敵する実力を持つ。 初期はを主力として戦っており、呼吸の柔軟性と味方との連携もあり、力不足もありつつ何とか戦いを進めていた。 との戦闘になると力不足が明確に露呈することになるが、の戦闘への転用をきっかけに、それまでで歯が立たなかった相手にも一矢報いることができるようになった。 この頃からの成長度合いはすさまじく、• の使用(40話)• の習得• の発現• の習得• への到達 など、短期間のうちに爆発的な成長を遂げ、単独でこそないものの、 を三体撃破 するに至った。 一方で、初使用時から常に付きまとっているのが 持久力の低さ。 足りない実力を強力な技で補うために、どうしても体への負担の大きい技を使用する必要があり、強力な力を持つ鬼との戦いにおいては、鬼との戦いであると同時に 己自身の体力との戦いでもあった。 の習得による基礎体力の向上はあるものの、の技の連発により体力を消耗し、度々戦闘に支障をきたしてきた。 戦以降はの技を連続使用しても簡単には体力が尽きることはなくなったが、戦においてへの到達により更なる戦闘能力を獲得した結果、 再び体力の限界に到達することとなった。 瞬間的な戦闘能力においてはにも劣らず、むしろすら超えていると言えるが、基礎体力の低さが災いして、高い戦闘能力を維持することができないため、総合的には に一歩劣るくらい の実力であると言える。 瞬間的にはの最大戦力になりうるポテンシャルを秘めていることから、課題はとにかく基礎体力の強化に尽きる。 一方、作中で言及されているように「近道がない」ため、一足飛びにと同等の実力をつけることが叶わない。 現実的には、使いどころを見極めながら強力な技を使用していくしかないのであろう。 ただし、及びについては、病弱な父・炭十郎がその動きを行っても疲れている様子が全くなかったことから、正しい方法を習得することで克服できる可能性はある。 現状、を追い詰めたと最も関係の深い人物であり、を倒す最大のカギとなることが期待される。

次の