受信 料 値下げ。 月額2200円のNHK受信料「特に負担感ある」…総務相、早急な値下げ求める意見書 : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

10月からNHK受信料が「値下げ」される理由は?

意見書では、月額約2200円に上る衛星放送を含めた受信料について、「特に負担感がある」と批判。 ラジオだけなら無料。 NHK受信料収入の増加が値下げの理由 NHKの2020年度予算は、2019年12月~2020年6月まで行われた通常国会で承認を受けました。 このように世界的な動きを知ると、 日本の受信料制度でなにか変化がある可能性も考えられます。 同省が、9日に開かれたNHKの在り方を検討する有識者会議で方向性を示した。 「 コロナ禍において、家計の負担を減らす受信料の値下げにまず着手するのが公共放送としてのあるべき姿だ」 この発言から一月が経過しても、NHKは重たい腰を上げようとはしないので、武田総務相は更に以下のように捲し立てたらしい。 あわせて読みたい• 前田晃伸会長は今月3日の記者会見で「物事には順番がある」「下げたいのはやまやまだが、ただ下げれば済むことではない。

もっと

NHK受信料、値下げ幅発表 20年10月に月額35円:朝日新聞デジタル

一方で、NHKは10月の前回会議で、テレビを設置した場合のNHKへの届け出義務化を要請したことに伴い、テレビを設置しない人の届け出も求めていたが、9日の会議で撤回した。 値下げはありがたい• しかし、NHK受信料は定額であり、視聴の有無に関係なく、テレビ受信機を設置したら支払わなければならない。 テレビ視聴者から見た場合、NHKの2020年度予算で一番の注目ポイントは、NHK受信料の値下げが盛り込まれた点です。

もっと

NHK受信料値下げは、たったの「月59円」…今回の値下げの背景と、今後の受信料の展開を考えてみました | マネーの達人

2019年には東横インが19億円を超える支払い命令を受けています。

もっと

NHKの剰余金、受信料値下げに活用…不払い対策で割増金導入など改革案提示 : エンタメ・文化 : ニュース : 読売新聞オンライン

日本ではWOWOWなど、BSやCSの一部チャンネルで実施されている。 衛星やラジオの放送波を削減する時期や方法を早期に具体化し、こうした改革方針をNHKの次期中期経営計画に反映させることを強く求めた。

もっと

受信料値下げ「いつやるのか」 総務相、NHKに不満:朝日新聞デジタル

正式な発表は年末以降になるとの事ですので、引き続き注目していきたいと思います。 携帯料金の削減よりも受信料が先では? 今回の値下げを受けて、素直に「少額だけど値下げは嬉しい」という人がいる一方で、 「そもそも受信料制度に納得していない」という人の意見が多く散見されました。 通常、定額で見放題のサブスクリプションサービスの契約というのは、そのサービスを利用することが前提であり、全くサービスに依存していない人であれば、どれだけ安価なサブスクサービスであっても契約するような人はいない。 こんな意見にあふれた。 今回の値下げに対する一般的な意見• 口座・クレジット払いで月額1260円の地上契約が1225円に、2230円の衛星契約が2170円になる。 公共放送としてのインフラ整備や保全、放送に関わる技術開発、あるいはコンテンツ制作などにある程度の予算が必要なことは理解できます。 NHK受信料を10月から地上放送月35円、衛星放送は60円 値下げするという。

もっと

NHK前田会長が受信料値下げに否定的見解「ありきでは番組の質が落ちる」

菅内閣には、受信料の引き下げにつながるNHK改革にも、優先課題として取り組んでいただきたい。 これに対してネット上では、「論点はそこじゃない。 正式な発表は、2018年の年末には行われると思いますのでまた今後の公表にも注目ですね! 今回も最後までご覧いただきありがとうございました。 」 つまり、罰則(=国の力)を借りて受信料を徴収してしまうと、例えば政権に不利な報道などがしにくくなり、平等な公共放送をするという理念から外れてしまう可能性が高まる、ということでしょうか。

もっと

NHK受信料が値下げ|金額はいくらで、年間いくら安くなるのか、調査してみました

外部サイト. NHK受信料は衛星契約で収入アップ NHKの受信契約数は順調に伸びており、NHK発表によると2017年度末が3683万件なのに対し2018年度末は3741万件と、1年で約60万件増えたことになります。 前後編2回にわたってウェブで掲載する。

もっと

「35円値下げ」になったNHK受信料の妥当性

大河ドラマとかガッテンとかドキュメンタリー類はすごく楽しめます。

もっと

携帯料金値下げに躍起の菅首相 NHK受信料は安くしないのか

例えば、罰則を導入すると、NHKの事業運営に対する行政による規制が強まるといったことも考えられ、公共放送の自主自律への影響も懸念されます。 受信料制度に疑問を持ちながらも、NHKの存在は必要だと感じている方が多いこともたしかです。 値下げが開始される時期については 「2019年以降」という事しか現段階ではわかっていません。

もっと