高 年齢 労働 者 の 安全 と 健康 確保 の ため の ガイドライン。 高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン

「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」(エイジフレンドリーガイドライン)が示されました

補助機器等の導入により、人力取扱重量を抑制すること。

もっと

「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」の策定について|安全衛生情報センター

労働災害を未然に防止し、高年齢労働者が安心して働ける環境を築けるよう、分かりやすい内容のガイドラインとなっていると思います。 第4 国、関係団体等による支援の活用 事業者は、第2の事項に取り組むに当たり、以下に掲げる国、関係団体等による支援策を効果的に活用することが望ましいこと。

もっと

「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」の策定について|安全衛生情報センター

イ 安全衛生方針に基づき、高齢者労働災害防止対策に取り組む組織や担当者を指定する等により、高齢者労働災害防止対策の実施体制を明確化すること。 ガイドラインは、高年齢労働者の就労が一層進み、労働災害による休業4日以上の死傷者のうち、60歳以上の労働者の占める割合が増加すると見込まれる中、高年齢労働者が安心して安全に働ける職場環境の実現に向け、事業者や労働者に取組が求められる事項を取りまとめたものです。 サービス業のうち社会福祉施設、飲食店等では、家庭生活と同種の作業を行うため危険を認識しにくいが、作業頻度や作業環境の違いにより家庭生活における作業とは異なるリスクが潜んでいることに留意すること。 厚生労働省では、人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議の報告書を踏まえ、安全と健康確保のために事業者及び労働者が取り組むべき事項をとりまとめた「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」を策定しています。 データ入力作業等相当程度拘束性がある作業においては、個々の労働者の特性に配慮した無理のない業務量とすること。

もっと

エイジフレンドリーガイドライン(高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン)/厚生労働省

第2 事業者に求められる事項 事業者は、以下の1から5までに示す事項について、各事業場における高年齢労働者の就労状況や業務の内容等の各事業場の実情に応じて、第4に示す国、関係団体等による支援も活用して、実施可能な高齢者労働災害防止対策に積極的に取り組むことが必要である。 (2)高年齢労働者の特性を考慮した作業管理(主としてソフト面の対策) 敏捷性や持久性、筋力といった体力の低下等の高年齢労働者の特性を考慮して、作業内容等の見直しを検討し、実施すること。

もっと

高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン

併せて、「)に基づき、メンタルヘルス対策に取り組むよう努めること。 )すること。

もっと

中災防:エイジフレンドリー職場 エイジアクション100

第5回: 2020年12月13日(日) 第6回: 2021年3月14日(日) 河野慶三産業医事務所 医学博士 河野 慶三 New テーマ5:「高年齢労働者の増加に伴う労働安全衛生上の課題と産業医の対応」 高齢者雇用安定法により、企業には65歳までの定年引上げ、65歳までの継続雇用、定年の廃止のいずれかが義務づけられています。 有効視野を考慮した警告・注意機器(パトライト等)を採用すること。 例えば、運輸業等においては、運転適性の確認を重点的に行うこと等が考えられること。 第3 労働者に求められる事項 生涯にわたり健康で長く活躍できるようにするために、一人ひとりの労働者は、事業者が実施する取組に協力するとともに、自己の健康を守るための努力の重要性を理解し、自らの健康づくりに積極的に取り組むことが必要である。 を開催し、就業状況、労働災 害発生状況、健康・体力の状況に関する調査分析を実施するとともに、事業者及び労働者に求められる事 項や国、関係団体等による支援について検討を行った。 また、休業4日以上は重大災害扱いとなることも多いため、細心の注意を払う必要性があります。

もっと