リクルート アンケート。 アンケート集計結果一覧|みんなのホンネ|派遣会社の【リクルートスタッフィング】

[ニュース]リクルートキャリア「Web面接に関するアンケート調査」

ストレスは溜まるいっぽうだし、こんなメンバーでは会社の将来に希望が持てなくなってしまった。 4%)に対して、仕事をする上で重視するキーワード、職場・上司・先輩に求めること、スタンスに対する意識について回答いただきました。 しかし今となっては、誰も想定しなかった要因によって、「働き方改革」がかつてないスピードで進展しています。 また、今後においても反社会的勢力と一切の関わりをもちません。 図表2の求める職場について「互いによきライバルとして競い合う」に、「あてはまる」と回答した割合が42%であることや、下段の図表3の結果から「皆が1つの目標を共有している」ことや「お互いに鍛え合う」という選択肢がこの10年で下降の一途をたどっていることは納得できます。 女性40代~60代では「どれもない」の割合がやや高く、目立っている。 259)」の順で相関関係が見られた <業務ストレスの増減に関係があるもの> ・一般社員では、「職務の相互依存性(. 非対面・非集合の業務環境で生産性と健康を高めるには、責任範囲を明確にしながら、チームや組織全体の成果に主体的に関心を向け合うような、「自律」と「つながり」を意識した職務の再設計が重要と考えられます。

もっと

職場の飲み会に対する期待と参加実態を調査

一方で、新入社員が今後意識的に取り組みたいと思うスタンスも「自発」が23. カーク・パトリックは、教育の評価手順を下記のように4段階に分けました。

もっと

【調査発表】テレワーク実態調査 (後編)結果を発表|プレスリリース| 人材育成・研修のリクルートマネジメントソリューションズ

このように、アンケートは研修会の効果を測定するためのステップの一部でしかなく、調査できる内容は限定的であることを知った上で、アンケートの設問を考えていく必要があります。 その結果を、それぞれのテレワーク下の「ワークの質の変化」「ライフの質の変化」「業務ストレスの増減」との相関係数が大きい順に並べました。

もっと

[ニュース]リクルートキャリア「Web面接に関するアンケート調査」

幅広い適応力のある人材づくりを組織で担保することが、テレワーク環境下での個人のワーク・ライフの質を向上させる可能性が示唆されました。 (同意いただけない場合でも給与明細閲覧や研修受講等、お仕事のご紹介以外のサービスは引き続きご利用いただけます) 【変更箇所】 第8条のa に「ID発行手続きのため」を追加しました。 日々の残業にいつまで体が持つかが不安だったので退職することにした。 今回の意識調査で、新入社員は互いに助け合う職場や上司の「傾聴・丁寧な指導・認知」を求め、「自発」や「試行」のスタンスを意識したいことが分かりました。

もっと