20 億 光 年 の 孤独。 二十億光年の孤独 詩:谷川 俊太郎 作曲:木下 牧子

ちくまの教科書 > 国語通信 > 連載 > 授業実践例 > 第一章 詩

なので昔の詩人が二十歳くらいのときに書いた詩を科学的に論じるのは可哀相な気がします。 7 の値を持ち、距離は 133 億 9200 万光年、により地球からは光速の 98. 想像する火星人とくしゃみ 詩っていろんな想像ができるから好きです。 22光年の距離にある。 これが「僕の背筋は思わず冷たくなった 凍った)」とかだと、絶望感に目の前を塞がれた感じですし、 「僕は思わずため息を吐いた」だと、孤独感が一層増してしまいますし、 「僕は思わずあくびをした」だと…間延びしすぎていて、「じゃあ、今までアレコレ宇宙に思いを馳せて いたのは、何だったの?」という感じになると思いますし。 コスモスというふうなものを感じ取れたのは、青年のころ、この北軽井沢の中にいたからだと思うのですけれども、十代の終りから二十代の初めにかけて、自分が自然というものと一体になっちゃっているような状態、一体になっている状態がそのまま生きるということで、そこで自分がほんとうに幸せで完全だったような状態があったんですよ。 ひらめけば、すぽっと生徒に伝わるのですが、それを授業で実践するには工夫が必要になります。 この演奏はちょっと早めですが、これぐらい早くてもいいかもしれませんね。

もっと

二十億光年先にはなにがありますか?

めまぐるしく ? 転調し、穏やかな雰囲気が突然激しくなったり、盛り上げた声量が突然乱降下したり、突然火星語 ? が現れたり、何が出るかと思えば「くしゃみ」とか…聞く側の予想をいい意味で裏切って進行していくところが面白いですね。 Junor, W. pressrelease 05-131 24 May 2005:• 出します。

もっと

谷川俊太郎「「二十億光年の孤独」――宇宙のなかの自分の座標」|現代作家アーカイヴ~自身の創作活動を語る|飯田橋文学会|cakes(ケイクス)

高校3年生の頃はきっと、大学受験の不安とこの先の自分の道の見えなささへの不安だっただろうな。

もっと

20億光年の光: 星を見るための別荘

地球上での地平線が地球の果てに対応しているわけではないのと同じく、この宇宙の地平線球は宇宙の果てではなく、あくまで原理的な観測可能限界に過ぎない。

もっと

谷川俊太郎/ポエトリージャパン

それはぼくはよくないと思うんですよ。 : []。

もっと

二十億光年の孤独

曲の導入は、無限に広がる宇宙にぽつんと浮かぶ地球をイメージさせる無伴奏で穏やかに導入。 「きみ」を女性と捉え、幼い男の子の切ない恋心を歌った詩と読むこともできます。 最後にくしゃみをするのは、その哲学的な混沌とした思考回路(引き合う力と離れる力の両方が宇宙に存在するわけで、人は出会い惹かれあうだけでなく、また別れ離れていくものであると言う)、そういう混沌としたものから、現実に戻っていくことを表現したんじゃないかと思います。

もっと

『二十億光年の孤独』谷川俊太郎【教科書の解釈と感想】宇宙と孤独とくしゃみについて|ほんのたび。読書感想文とあらすじ

The Astrophysics Journal 624 2 : 463. 谷川俊太郎は、押しつけがましくないやさしい言葉で、人間のエゴイズムをこんな風にして説くのです。 いかに宇宙が広大だということをあらためて思った。

もっと