横浜 市営 バス 系統 一覧。 市営バス営業所一覧 横浜市

横浜駅のバス(横浜市営バス)

紙券は、紛失したときや損傷が著しいときなど再発行ができませんが、記名式PASMO(MySuica)なら紛失しても再発行ができるので安心してお使いいただけます。 isShowDefaultList : false; suggest. 区間内において1回目の乗車時に乗り継ぎ券を受け取り、2回目の乗車時に乗り継ぎ券を渡すことで利用ができる。 2006年: 神奈川県生活交通確保対策地域協議会に追加して29路線(計38路線)の退出意向を提出• 下4桁は1桁目がメーカー、2桁目が用途、残りの2桁が車両番号となる。 滝頭営業所が運行を担当し、曜日を問わず日中に概ね20 - 30分間隔で運行される。

もっと

市営バス営業所一覧 横浜市

(昭和41年): 横浜市交通局再建計画がスタート。 行先表示装置は2002年度導入車両から単色LED電光式を標準仕様としている。 泉区には市営バスの路線が定期運行された実績は無い(ただし、市営地下鉄が不通になった際に泉区内の~間で市営バスの車両・乗務員により代替バスが運行された実績はある)。 廃止区間• 150系統 [ ] No. 1995年度以前の導入車両 現行塗装とほぼ同じであるが、車体中央の青帯に銀色の縁取りが施されており 、正面行先表示周辺が青色で覆われる塗り分けであった。 これにより市営・民営問わず運行規模の縮小を余儀なくされ、横浜市内の路線バスはに基づき横浜市が統合主体に選ばれるも、すでに市内民営バスの殆どがの支配下に置かれており 、結局横浜市による統合は実施されず、東急の手によって整理・統合されてしまった(・・が対象)。 これに併せて市営バスは朝夕ラッシュ時に限り伊勢佐木長者町 - 県庁間の無料連絡循環バスを開設し、地下鉄が・へ延伸される(昭和51年)9月まで運行された。

もっと

横浜市営バスの路線バス系統一覧 2/6ページ|路線バス情報

1950年(昭和25年)にはが路線バスを新規開業した。 オープンバス(過去車両) の優勝時に、廃車予定の路線バス車両1台(磯子営業所所属・ベース)を、1か月半の期間と20万円の費用をかけてに改造されて優勝パレードに使用された。 ただこの210・211・212・213系統以外の新規小型バス系統についてはいずれも僅かな赤字が続いており 、恒久的に路線運行を継続していくには経路変更などを含めた課題が残されている。 モバイルPASMOでの通学定期券の新規購入時、または新学年をむかえた最初の継続購入時は、モバイルPASMOサポートセンターへ購入予約の上、モバイルPASMOアプリ上でご購入いただく必要があります。 雨の日臨時便と急行系統の増設• : に導入• これは事前に交通系ICカードに必要料金分をチャージの上、初回乗車時に乗務員に申し付けることで利用ができる。 相鉄バスとの共同運行系統である。 (平成23年)・には、9-1524号車と9-3667号車を使用して「廃車作業立会いツアー」が開催された。

もっと

横浜市営バスの路線バス系統一覧 2/6ページ|路線バス情報

その他、行先表示には系統番号が掲示されない深夜バスや特殊路線などにも書類上は系統番号が附番されている。 2006年: 43系統をへ 、110系統をへ移譲• 旅客案内では使用されないが、運行区間が異なる系統内での各運行パターンごとにアルファベット記号が付与されており、乗務員の運行指示書や業務書類などで用いられている。 用途は、0が観光用などの貸切、1が特定車両、2が横浜交通開発所有の車両(かつては車掌台付車両に付番)、3以降がワンマンの通常路線バス車両となる。 52km 六角橋 - 新子安 - 宝町 - 大黒町岸壁 - 明神前 9. 2016年8月1日閲覧。 翌24日から2006年3月27日まで野庭営業所芹ヶ谷詰所。

もっと