Pcr 利権。 なぜワイドショーは解説しないのか? 「PCR検査をどんどん増やせ」という主張が軽率すぎる理由

池田教授が嘆く。忖度学者と役人の利権優先でPCR検査が進まない現状(MAG2 NEWS)

「厚労省と国立感染症研究所( 感染研)は当初、自家調整の遺伝子検査の手法確立にこだわった。 新型コロナウイルス感染症の蔓延で苦しんでいるフランスにおいてエリテック社が販売する全自動PCR検査機器が大活躍をしておりますが、それを製造し試薬を供給する日本のメーカーへの礼状です。 山岡:最初に述べたように、厚労省中心の枠組みはキャパシティをオーバーしています。

もっと

厚労省・保健所・国立感染症研究所の三点セットが、PCRウイルス検査市場を「貧弱な提供力」で独占しようとする、国民ほったらかしの「THE 利権」そのものをやってのけようとするから、ウイルス検査は遅々として進まない。誰がネックなのか。其の内幕とは?

それはギリアド社がアメリカ有数の「政治銘柄」であることが関わっていると思います。 オーストラリアなら呼吸器パネルですが日本だとこんなふうになってしまいます。 さらに、患者の鼻や喉の粘膜から微量の検体を採取してウイルスの遺伝子情報の有無を確かめることができるPCR検査の利用が進んでいない点も、指摘されている。

もっと

新型コロナ、厚労省と感染研がPCR検査を妨害していた…感染拡大を助長、既得権益に固執

政府がコロナ対応病院を守ろうともしていないので、一般開業医がこのように考えても強く批判する気にはなれません。 日本政府は、新型インフルエンザの流行に備え、このアビガンを70万人分備蓄していました。 それはPCR拡大派に東大医学科出身者が多いことだった。 ノンフィクション作家。

もっと

厚労省・保健所・国立感染症研究所の三点セットが、PCRウイルス検査市場を「貧弱な提供力」で独占しようとする、国民ほったらかしの「THE 利権」そのものをやってのけようとするから、ウイルス検査は遅々として進まない。誰がネックなのか。其の内幕とは?

政府の財政支出抑制策と検査マフィアの検査利権、抗ウイルス・ワクチン開発利権の独占と利害が一致してきたためだ。

もっと