尖閣 諸島 2 ちゃんねる。 【米】バイデン氏、異例の就任前「尖閣防衛義務」に言及 日本側は安堵

【悲報】尖閣諸島、取られそうwwwwwwwwwwwwwwww

昨年11月刊の益尾知佐子著『』(中公新書刊)によれば、中国の海洋部門の主管部門となってきた「国家海洋局」が、日本でいえば省庁の「庁」レベルの存在ながら政治的な地位を急上昇させ、それが2007年ごろからの海をめぐる緊張を高めた原因となったとしている。 1945年の敗戦とともに米軍の管理下に置かれていたが、中国が同諸島を意識し始めたのは1968年、国連アジア極東経済委員会(ECAFE)の海洋調査で、周辺の海底にイラクに匹敵する埋蔵量の石油資源が眠っている可能性を指摘されてから。 さらに中国は、8月に尖閣に出動させるつもりで集めていた船を、日本海に差し向けています。

もっと

ひろゆき氏 加藤官房長官の発言にあきれる「尖閣諸島を中国にあげちゃうのも時間の問題かな」

中国国家海洋局の提供。 尖閣国有にした民主が懐かしいです。 必然の流れだったといえなくもないが、米国を中心とする中国包囲網の形成は、少なくともあちこちで摩擦を頻発させた中国の自業自得ともといえる。 net こんな時でも日本はアメリカ頼りとか情けなさ過ぎない?. これでトランプ大統領がさらなる対中強硬路線を進める契機をつくってしまい、今や自由主義諸国陣営と共産主義的全体主義国との「価値観の争い」という巨大な構図が出来上がりつつある。

もっと

ひろゆき氏 加藤官房長官の発言にあきれる「尖閣諸島を中国にあげちゃうのも時間の問題かな」

中国が尖閣諸島を、台湾、チベット、南シナ海などと同等の妥協の余地のない「核心的利益」の1つとして公式に位置づけたのは、その翌年の2013年だった。 その屈辱のリベンジという側面もあろうが、こうした直情的な行動パターンは、かえって周辺国のみならず世界各国の脅威・反発・警戒心を呼び覚まし、中国自身にマイナスの効果を及ぼしているように見える。 最上の「核心的利益」として最も細心のケアが必要だったはずの台湾に対しては、2019年1月に「一国二制度が望ましい」等を含む恫喝まがいの「台湾同胞に告げる書」を発表したことと、香港への強圧的な介入が台湾人の恐怖心・警戒心を急上昇させ、今年1月の総統選で独立派の蔡英文総統の圧勝・再選を後押ししてしまった。 それらを圧倒する国力があれば別だが、米国の存在を考えればそうとも言えまい。 またオーストラリアにおける中国のスパイ活動の実態が元スパイ? によって告発され、メディアやネットの世論操作、政界・学術界への工作、台湾での世論誘導工作が白日の下にさらされたのも、オーストラリアに反中路線への明確な転換を促し、かつ他の国々にとってもわが身を振り返るタイムリーな契機となったと思われる。

もっと

【悲報】尖閣諸島、取られそうwwwwwwwwwwwwwwww

そして、このことがきっかけとなった、全自衛隊初の特殊部隊である海上自衛隊「特別警備隊」の創設にも携わった。

もっと

【米】バイデン氏、異例の就任前「尖閣防衛義務」に言及 日本側は安堵

net あの地域…水面下は米軍の潜水艦がウジャウジャいるらしいよ。 1999年には、「みょうこう」航海長在任中に能登半島沖で北朝鮮不審船に遭遇した。 彼らの行動原理をうまく説明できないものだろうか。 。 事件そのもののインパクトもさることながら、中国漁船船長の釈放という不可解な政治介入や海上保安官(その後辞職)がYoutube上に掲載した衝突時の動画とで、日本の世論は完全に反中モードへ。 「ついに日本の領土である竹島と北方領土を韓国とロシアに渡したことを、官房長官が認めちゃったよ、、、尖閣諸島を中国にあげちゃうのも時間の問題かな」と指摘した。

もっと

中国が「尖閣諸島」にここまでこだわり続ける理由がついに明らかに…! (2ページ目)

2020. 民主党系の外交専門家には尖閣諸島有事で米軍の介入回避を主張する声もあり、日本側の懸念を打ち消した形で、日本政府関係者は一様に安堵(あんど)の表情を浮かべた。 現在の9条で、日本は軍事行動ができるよ。 前半の10年間を、イージス艦を含むいわゆる軍艦で勤務し、後半の多くを特殊部隊での任務に従事した。 2012年12月に中国機が尖閣上空を侵犯、日本政府は強く抗議した。 高速ボート(特別機動船)から銃器をかまえ、不審船の警戒にあたる訓練をする特別警備隊(広島湾、2007年6月28日) コロナ禍中でも露骨な中国の野心 コロナ禍で多くの人が家にこもっていた間に、「尖閣」近海はますます騒がしくなってきている。

もっと