主体 的 な 学び と は。 主体的・対話的で深い学びの実践例―運動会準備|みんなの教育技術

新学習指導要領が示す学びの改革「主体的・対話的で深い学び」とは

今後数年は使う考え方なので、しっかりおさえておきましょう。 新学習指導要領では、「新しい時代に必要となる資質・能力と学習評価の充実」として、以下の3つが示されました。 しかし、単独でこの連語を理解することはナンセンスである。 【主体的・対話的で深い学びの実践例】 学習指導・教師の声かけ 玉入れの場合「どうしたら、籠にたくさん玉を入れることができるかな?」 大玉運びの場合「どうすれば、大玉を運びやすいかな?」 主体的で対話的な深い学びを実現させる第一歩は、話し合いのテーマをしっかり子どもに把握させることです。 自己決定理論や自己調整学習等に共通するのは、自己の観点(自他分別・再帰)である。 新学習指導要領にある「主体的・対話的で深い学び」の重要性は、教育現場でも十分共有されています。

もっと

主体的・対話的で深い学びとは―新学習指導要領が求める学習方法

「学生を関わらせる」には、テクニックが必要である。

もっと

主体的・対話的で深い学びとは―新学習指導要領が求める学習方法

要点を以下にまとめます。

もっと

主体的・対話的で深い学びの実践例―運動会準備|みんなの教育技術

この場合、女子児童が「どんなふうに考えたの?」と質問し、計算の過程を見て、「考え方は合っているね。 これは案外難しい。 実は、人がある対象にすすんで働きかけた行為をもって、自身の行為主体性を感じ取るその間には、ある法則が働いていると考えられている。

もっと

「対話的な学び」を深めるために、管理職がすべきこと|みんなの教育技術

他方で再帰は、動作の対象が動作をおこなう者自身であることを示すときに用いられる。 , The self in infancy: Theory and research. そのためにはこどもたちの受動的な学びではなく、「主体的な学び」の態度を育む必要があります。

もっと

主体的・対話的で深い学びとは―新学習指導要領が求める学習方法

そうした遊びを日々継続していくことが、主体的な学び、対話的な学び、そして深い学びになっていきます。 「対話的」とは 子供同士の協働、教職員や地域の人との対話、先哲の考え方を手掛かりに考えること等を通じ、 自己の考えを広げ深める「対話的な学び」が実現できているか。 先の感覚運動レヴェルでは、「行為主体性の感覚」と呼んだものを、この概念的レヴェルで「行為主体性の判断」と呼ぶのは、行為に随伴するものとして結果が産まれたか否かというその関係性を、反省的・概念的に対象化して思考し、まさに「判断」しなければならないからである。 これをふまえて主体的な学習(agentic learningあるいはlearning agency)は、「行為者(主体)が課題(客体)にすすんで働きかけて取り組まれる学習のこと」と定義される。 これらは、梶田にいわせれば、道具を身につけただけのことである。 「随伴(性)contingency)」とは、先行事象の生起下で後続事象が生起する、その関係性を表す言葉である。

もっと

「対話的な学び」を深めるために、管理職がすべきこと|みんなの教育技術

「主体的な学習」というとき、生徒学生のなかに「人生型」の主体的な学習が認められるという話と、それを授業づくりの視点としていくという話はまったく別物である。 「主体的・対話的で深い学び」の対話において、特に重要なポイントは4つあります。

もっと

新学習指導要領が示す学びの改革「主体的・対話的で深い学び」とは

New Jersey: Lawrence Erlbaum Associates. 詳細は、『教育学術新聞』を参照。 対話は、議論と比べて考えるとイメージしやすいですね。 しかし、最近、気になるのは対話の質です。 大玉運びをやってみた子どもは「大玉運びがうまくいくとき、いかないとき」が実感できます。 ・挙手をする ・発言をする ・ノートにメモをとる などが考えられますが、私が注目をしているのは「問いをもつ」ということです。 授業では特に「導入場面」において、具体物を用いたり、写真や映像を見せたり、子供たちの生活体験を紹介したりして創意工夫をしています。 詳しく説明しよう。

もっと