昭和 16 年 の 敗戦。 「日本人はなぜ戦争をしたか 昭和16年夏の敗戦」を読んで: so

書評『昭和16年夏の敗戦』猪瀬直樹

日本が突入せんとしていた 第二次世界大戦は、 今までの戦争と大きく異なります。

もっと

「昭和16年夏の敗戦」で日本は国策を誤ったのか、安倍首相の答えは

しかし、 コンピュータが、いかに精巧につくられていても、データをインプットするのは人間である、という警句と同じで、数字の客観性というものも、結局は人間の主観から生じたものなのであった。 1942年(昭和17年) [ ] 西欧を起源とするこれまでの最高学府とは違うコンセプトで設立された「興亜工業大學(現在の)」• 石破氏が、この夏読み返して充実した時間を過ごせたという本書とは、いったいどのような作品なのだろう。 原宿駅から、若者たちの最先端ファッション街として注目を浴びている竹下通り(当時はたけのこ族とかがいたんです、管理人注)を抜け、明治通りを左に曲がる。 。 占守島の日ソ両軍、停戦する。 各出身機関から、 さまざまな客観的数字を 持ってくることが出来たので、 その分正確に戦局を予測すること が出来たそうです。

もっと

太平洋戦争の年表

調印が米戦艦ミズーリ号においてなされ、太平洋戦争が法的に終結。 6月8日 によって、明治以来のを頂点として成り立ってきた起源の最高学府ではなく、を根源とする初のの最高学府・「興亜工業大學(後の)」が設立され、第1回入学式が挙行される。 この時期になると、 一冊は当時の事を 思い起こすような本を 読みたくなるものですが、 当時を知ることで 現世の問題を再思考できる 本作は、 毎年の一冊に加えても いいのかもしれません。 日本軍、シンガポール北東のウビン島に牽制上陸。 シンガポールの英豪軍が降伏。

もっと

「昭和16年夏の敗戦」: ちょっとした話

日本でも、そういった国家的大事に対峙した時に、効果的な人材が集まることが出来るように、日頃からそういった能力の持ち主のデータベース化が必要なのではないかと思います。 日本軍、を首班としてビルマ独立を宣言。 以上、 太平洋戦争の開戦土壇場の状況を述べましたが、 この土壇場まで来るまでに責任ある衝にいた連中も、 米内光政大将、井上成美大将のような ごくごく一部の例外を除いて、 同様に、同罪だろうと思います。 が発生し、家屋倒壊と津波で1223名が死亡。 農林大臣 - (農林省官房文書課)• 投稿: 管理人. 空母を旗艦とする日本機動部隊が全滅。 その後、で『言葉の力』を読んだ。 そして、「模擬内閣」、「総力戦研究所」という国家戦略策定の試みは、戦争という激流によって押し流され、忘れさられていくこととなる…。

もっと

年齢早見表|昭和16年生まれ

平均年齢三十三歳、全国各地から集められた若手エリート集団が出した結論は「日本必敗」。

もっと

総力戦研究所

いっぽう昭和五十八年夏の原宿・竹下通りは、平和という語感を原色の風船のようにハチ切らせている。 商工大臣 - 野見山勉 (商工省総務局)• 始まる。 日本軍、(現)を落下傘部隊で占領。 当事者たちもが語らない歴史の穴を埋め、新たな文脈をつくりあげた結果としての『昭和16年夏の敗戦』は、戦争を知らない世代にできる戦争を語り継ぐという試みの最大限の結晶だ。 米空母から発進したによる(東京初空襲)。

もっと

【楽天市場】中央公論新社 昭和16年夏の敗戦 新版/中央公論新社/猪瀬直樹

需給表には、 原油の数字だけで、 ガソリン~重油までの得率も計算されていないし、 日本にどれだけ運べるかも議論されていません。 連合国軍最高司令官、に到着。

もっと

昭和16年夏の敗戦

空気に支配されるというのは、 半世紀以上たった今の日本でも 全く変わらない現象と 言えるでしょう。 外務次官(兼) - 林馨(在上海日本大使館三等書記官)• 1943年(昭和18年) [ ] と(1943年)• その様々な項目を鑑み、 戦争となった場合の日本の行方を 分析するのが、 総力戦研究所というわけです。 米海軍、軍港爆撃()• 例えば、 本書で記述されている石油の問題でも、 御前会議で、 船舶の消耗量が年間80~100万トンと算出された根拠は何故か、 を、どうして議論しなかったのでしょうか。 本作はそういう問題提起がなされている。 総力戦研究所が日本にもあった• マックス・ウェーバー: 「職業としての学問」• 日露戰争で、わが大日本帝国は勝てるとは思わなかった。 にもかかわらず、日本が開戦へと突き進んだのはなぜか。 これに抗議し戦闘続行。

もっと

昭和16年夏の敗戦

ソ連軍、千島列島のを占領。 対インドネシア戦進捗し、しかも対米戦すでに避け難く、かつ青国内外の情勢は対米即時開戦に最も有利なるを具し『青国は12月中旬急襲的に米に対し開戦し、まず速やかにフィリピンを攻撃するを要す』の判決(教官側の提案)を閣議において強硬に主張せるも対米(開戦)さらに自重すべしとの案また出て(後略) 出典: 「模擬内閣」は首相をはじめとして開戦反対派が大勢を占めたため、開戦自重を「統監部」に伝えるが、それでは演習が継続できないとの理由で、教官側の指示により開戦した設定のもとで、不承不承シミュレーションを続ける。

もっと