国連 軍縮 担当 上級 代表 の 中 満 泉 事務 次長。 中満泉(国連)の経歴や出身高校は?旦那や家族も調べてみた!|へそが笑う日記

【話の肖像画】国連軍縮担当上級代表(事務次長)・中満泉(56)(10)国連離れ貴重な経験(3/3ページ)

国際世論を動かす大きな貢献をされたと思います。 たとえば、世界で流通する推定10億丁の火器の大半は非戦闘員の男性が所有する。

もっと

「ジェンダーの平等」を平和構築の中核に 中満国連事務次長ら寄稿

だが核軍備を巡る国際情勢は悪化する一方。 なるべくリスクを減らすために実際に具体的に役に立つのが軍縮という活動である。 国家は国連内外で女性や若者など過少代表となっている人々が声をあげられるよう、あらゆる努力を傾けるべきだ。 罰則も含めた数値目標を定め、きちんと監視し、説明責任を求めるやり方でなければ変わっていきません。 参席者たちは、主要国間の戦略的技術開発競争が加速化する中、軍事および民需用へと公に活用可能な新技術の登場が、外交・軍事安保・経済・人道的観点で甚大な波及効果を引き起こすものとみている。 日本人が目立たなくなった背景の一つとして、外務省関係者は「最近の国際機関トップは各国の閣僚経験者が多い」と語り、候補者の経歴の差を指摘する。 なので採択のプロセスの最後になって初めて関わっただけですが、やはり非常に歴史的なステップであるので、そのような場面に幸いにも居合わせることができ、感慨深いものがありました。

もっと

中満泉・国連事務次長「若者・女性を変革の主役にする勇気を」 :日経ビジネス電子版

米国が最も分かりやすい例です。 「」『外交フォーラム』第20巻第5号、都市出版、2007年5月、 32-35頁、。 前日の5日には、韓国人原爆犠牲者慰霊祭にも参列する予定だ。 暴力-ときとしてそれは家のすぐ外で起きる武力衝突の猛威によるもの、あるときは家庭内の暴力-と闘う人々にとって、不安と苦しみが日々一刻一刻を覆いつくしているだろう。 根本: 就任早々、難しい核兵器禁止条約の交渉もあり、新しい軍縮分野の議論もありますが、どのようにこなしていますか? 中満: 系統立ててものを読んだり、勉強する機会をもっと見つけようと努めており、休暇中に様々な資料を読んだりしました。 本来なら男女両方に資する社会・経済的な機会向上に振り向けられる公的資金に占める軍事費の割合は増えており、国家間の軍備競争も増している。 でもせめて、この貴重な転換期をきちんととらまえて、元の社会、いわゆる「オールドノーマル」に戻るのではなく、より良い社会に生まれ変わる転換期としたい。

もっと

声をつないで:「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

その約束を守りたいと思い続けています」。 中満泉・国連事務次長(以下、中満氏):目に見えないウイルスが瞬く間に世界に広がり、これほどたくさんの方々の命を奪った。 1989年に外交修士課程を修了し、()の学位を取得。

もっと

国連事務次長・中満泉さんが明かす「世界で活躍するための秘訣」(増保 千尋)

読売新聞2018年06月07日• 地元の工務店に施工を頼むため、比較的安く建ててくれるだろうとは思うが婿殿に多額のローンを背負わせることはできない。 本来なら男女両方に資する社会・経済的な機会向上に振り向けられる公的資金に占める軍事費の割合は増えており、国家間の軍備競争も増している。 11日に国連軍縮担当上級代表中満泉事務次長と面会した動画を見たが、皇族と会う時は半袖では駄目なのだろうか。 そういった意味で、新しい視点を軍縮分野にもたらすのが私に与えられた役割であり、期待されていることだと思います。 国際機関トップを務めた日本人としては、松浦晃一郎・国連教育科学文化機関(ユネスコ)事務局長(1999~2009年)、在任中に死去した天野之弥・国際原子力機関(IAEA)事務局長(09~19年)が知られる。 緊張関係の中で核廃絶を目指す中満さんに、天皇陛下は「難しい仕事ですね」と何度もねぎらったという。 雅子さまもその覚悟を決められたのではないでしょうか?」(小内誠一さん). 中満さんに託された愛子さま作文 また宮内庁の発表によれば、被爆者たちの体験談などをどうやって次世代に継承していくのかなどについて意見を交され、その過程で両陛下は長女・愛子さまが中学校の修学旅行で広島を訪れた感想を書いた作文のコピーを渡したという。

もっと

中満泉

政治的な仲介を具体化することは非常に難しいことですが、加盟国にとって役立つようなことを実行する用意はあり、頭の体操としてその準備はしておかなくてはなりません。 中満さんが国連で働くことを志したのも 高校時代でしたし、自由な校風や教育理念が 良い方向で影響したんでしょうね。 平和構築を担う女性たちや女性の活動家は武器拡散と闘い、各地で社会を変えつつある。 小型武器の拡散は、紛争地の内外で性的暴力やジェンダーに根差す暴力を容易にした。 新型コロナの危機は、世界、いや、人類史として見ても重要な「転換期」になると感じています。 核兵器禁止条約を閉じたものにしてはいけないというのが推進派ですし、日本も含めて反対派の国々に対しては、「遅かれ早かれ核兵器禁止条約は発効します。

もっと

中満泉(なかみつ・いずみ)国連軍縮担当上級代表インタビュー

* *** * 関連ページはからご覧ください。 そのときには現地でおこなわれた大規模な人道支援に参加し、元国連難民高等弁務官の緒方貞子氏の視察をサポートした。 国際機関のトップを含む重要ポストに日本人が就任する機会が近年少なくなり、政府は日本の存在感低下に危機感を強めている。 核兵器を持っている国がすぐに条約を批准するとは誰も期待していないと思いますが、可能性を拓くようなものを入れたというのが核兵器禁止条約の推進派の方からの歩み寄りと言えます。 2017年3月29日、女性職員比率上昇方針を掲げる国際連合の事務総長は、中満をの後任の国連事務次長(軍縮担当上級代表)に指名することを発表。

もっと