労働 保険 徴収 法。 改正徴収法

徴収法 労働保険事務組合

二 前号ただし書の規定により厚生労働大臣が定める事業の種類に該当する事業についての請負代金の額にその事業に使用する物で同号ただし書の規定により厚生労働大臣がその事業の種類ごとに定めるものの価額が含まれている場合には、その物の価額に相当する額(消費税等相当額を除く。 徴収される場合 督促状に指定した期限を 超えて納付したとき。 フォーサイトの加藤先生曰く「社労士試験受験生の間では昔からよく言われている憶え方」だそう。 二 保険料算定基礎額 法第十一条第一項の賃金総額、法第十三条の厚生労働省令で定める額の総額、法第十四条第一項の厚生労働省令で定める額の総額又は法第十四条の二第一項の厚生労働省令で定める額の総額 これらの額に千円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額 をいう。 異議申し立ての制度は廃止され、また再調査の請求、再審査請求も本法に基づく処分については規定されなかったため、審査請求のみとなった。 勉強を進めてみればわかるように、他の科目に比べて出題ポイントが絞られ、勉強が進めば進むほど得点しやすくなる科目です。

もっと

徴収法 労働保険事務組合

前各号に掲げるもののほか、厚生労働省令で定める要件に該当すること。 適用事業 [ ] 労災保険と雇用保険の適用・徴収事務が一元化して行われる事業を 一元適用事業という。 労災法、雇用保険法を、得点しやすい徴収法科目でカバーできるのですから、徴収法がいかに重要な科目であるかがわかるでしょう。 なお労働者については派遣元が保険料を負担するが、労災保険については派遣先の作業実態に基づいて事業の種類を決定し、雇用保険については原則として「一般の事業」として保険料率を適用する(昭和61年6月30日発労徴41号、基発383号)。 フォーサイトDVD講師・加藤光大先生の「徴収法で満点を取る人も珍しくない」という言葉が最初は信じられなかった。

もっと

改正徴収法

との差額を当該会計年度末における当該雇用安定資金に加減した額が、当該会計年度における一般保険料徴収額に千分の三・五の率 第四項第三号に掲げる事業については、千分の四・五の率 を雇用保険率で除して得た率を乗じて得た額の一・五倍に相当する額を超えるに至つた場合には、雇用保険率を一年間その率から千分の〇・五の率を控除した率に変更するものとする。 平成22年の改正により、の被保険者についても一括の対象となった。 以下「厚生年金特例法」という。 増加概算保険料・追加徴収・認定決定 [ ] 賃金総額の見込額が2倍を超え、かつ、すでに納付した概算保険料との差額が13万円以上となる場合は、事業主は、増加が見込まれた日の翌日から起算して30日以内に、 増加概算保険料を納付しなければならない(第16条)。 この場合、労働保険事務組合の主たる事務所の所在地を管轄する 都道府県労働局長は、必要があると認めたときは、当該労働保険事務組合に対し、当該労働保険事務組合が労働保険事務の処理の委託を受けることができる事業の行われる地域について 必要な指示をすることができます。 )又はこの法律の施行の際現に改正前のそれぞれの法律の規定によりされている許可等の申請その他の行為 (以下この条において 「申請等の行為」という。 継続事業であれば、一般的に、 3期に分けての「延納」が可能です。

もっと

労働保険の保険料の徴収等に関する法律

雇用保険率の変更に関する暫定措置 第十条 雇用保険法附則第十三条第一項の規定が適用される会計年度における第十二条第五項の規定の適用については、同項中「第六十六条第一項、第二項及び第五項の規定による国庫の負担額 同条第一項第四号の規定による国庫の負担額を除く。 の額 雇用保険率に応ずる部分の額に限る。 法第十二条第三項の業務災害に関する保険給付の額の算定 2 の年金たる保険給付及び前項の保険給付の額の算定は、次の各号に掲げる保険給付の区分に応じ、当該各号に定める額とすることにより行うものとする。 徴収する権利の時効には援用を要せず、またその利益を放棄することができないとされるので、時効成立後に納付義務者がその時効による利益を放棄して徴収金を納付する意思を有しても、政府はその徴収権を行使できない。

もっと

労働保険の保険料の徴収等に関する法律

01追加 「法16条の規定による申告書 労働保険事務組合に労働保険事務の処理が委託されている事業に係るものを除く の提出 法15条2項 有期事業 に規定する賃金総額の見込額が増加した場合に行う申告書の提出を除く は、特定法人にあつては、電子情報処理組織を使用して行うものとする。 第五章 及び(第37条・第38条)• の規定により納付された印紙保険料は、新徴収法の規定により納付された印紙保険料とみなし、旧徴収法第二十二条第一項第一号に掲げる額 その額が同条第二項又は第四項の規定により変更されたときは、その変更された額 の印紙保険料は新徴収法第二十二条第一項第二号に掲げる額の印紙保険料と、旧徴収法第二十二条第一項第二号に掲げる額 その額が同条第二項又は第四項の規定により変更されたときは、その変更された額 の印紙保険料は新徴収法第二十二条第一項第三号に掲げる額の印紙保険料とみなす。

もっと

【過去問】2020社会保険労務士試験 解答解説(労災保険法・労働保険料徴収法)【解説】

試験中にそんなことを考えている余裕はない。

もっと

徴収法 労働保険事務組合

第31条第1項において同じ。

もっと