ルーベ 嘆き の 光。 「レ・ミゼラブル」「ルーベ、嘆きの光」:生まれは双子、育てば別人: ひねくれ者と呼んでくれ

アルノー・デプレシャン『ルーベ、嘆きの光(ダブル・サスペクツ)』そして、ひとすじの光...|Knights of Odessa|note

両親はしっかり調べたというが、なんでこんなことが出来ないのか?こんな事件でもないようなことに、ダウートは少女が隣町のリールに娼婦として連れ去られたのではという住民への愛情で対応している。 htm 暗いオレンジ色の夜の明かりに浮かび上がるフランス北部、ベルギーとの国境近くのルーベの街。 WOWOWでは「ルーベ、嘆きの光」のタイトルで放映。 事件を扱いたいんじゃなくて、二人の女性の関係性、警察署長の目を通して犯罪の蔓延るルーベという街を描こうとしていると感じた。 終盤車内でクロードがマリーに向ける視線の冷たさ、それでもクロードを求めるマリーが切なかった。

もっと

WOWOWで日本初公開される注目の映画【ルーベ、嘆きの光・ザ・グレイテスト・キング】

このマリーの供述でクロードを責めるが、クロードは否定する。 しかし少年の立場からすれば当然「投げる」。 本作は実際にあった出来事から映画になったという。

もっと

貧困の中で犯罪を犯す人間たちにやるせなさが募る映画「ルーベ、嘆きの光」

ダゥードは二人の関係で優位に立っているのはクロードだと最初からわかっていました。 新任の刑事は敬虔なカトリックだが神に祈っても効き目はないようだ。 サスペンスなら、カンヌ映画祭審査員賞「パリ警視庁 未成年保護部隊」がお薦め。 が、しかし、『ルーベ、嘆きの光』は、それだけの映画かというとそうではない。 Roxborough, Scott 28 February 2020. マリーにのサラ・フォレスティエ。 そして、移民問題や性犯罪などに薄く切り込みながら結局レア・セドゥとサラ・フォレスティエという二大女優の演技を眺める方向にシフトしていくのは、題材の重さに反してそれぞれの扱いの軽さを"そうとしか出来ない"として描く『パリ警視庁:未成年保護部隊』と比べても見劣りしてしまう。 共演は『アデル、ブルーは熱い色』でセザール賞2014の主演女優賞にノミネートされ、ハリウッドでも活躍しているレア・セドゥ、『戦争より愛のカンケイ』でセザール賞2011の主演女優賞を受賞したサラ・フォレスティエ、『BPM ビート・パー・ミニット』でセザール賞2018の助演男優賞を受賞したアントワーヌ・レナルツ。

もっと

ダブル・サスペクツ : 作品情報

同じカンヌ出展作「レ・ミゼラブル」の方が社会派として良く出来てるし「パリ警視庁 未成年保護部隊」の方が時事問題に深く切り込んでるので名監督、と言う枕詞で悪戯に持ち上げてる感も無くはない。 フランス全体で起きている移民問題などを取り入れて描いたミステリーは暗くて重いがスリリング。

もっと

「ルーベ、嘆きの光」(2019)

ダウードら捜査班は、老女性の家の近所に住む貧しい女性2人、クロードとマリーを怪しいと見て逮捕し、入念な取り調べを始めるが……。 " Accolades [ ] Award Date of ceremony Category Recipient s Result Ref s 4 October 2019 Bayard d'or Oh Mercy! しかし クロードはあくまでも自分は殺しに手を貸していないと言い張ります。 カンヌは実録警察モノが好きらしく、同じコンペにも『レ・ミゼラブル』があり、最近観たので覚えているのは2011年の『パリ警視庁:未成年保護部隊』があった。 ああ、なるほどと思った。 フランスらしい「じっとり感」が味わえるが、後半に為るとダブル・サスペクツが出て来る。 配信では不可能な、観客と交流することを望んだからだという。 【ここからややネタバレ】 『ルーベ、嘆きの光』では、「真実」が別の「真実」につくりかえられていく様を見ることができる。

もっと

「ルーベ、嘆きの光」 : ヨーロッパ映画を観よう!

また、ノラが訴える「最初の夫の自殺」の真実が明かされる。 容疑者ふたりの感情が相互に行き合うというとてもスリリングなドラマになっていました。 これを言わなかったのはダウードの優しさではなかったかと!こうしてルーベの安全は彼に託されていた。 警部補コテレルに 「BPM ビート・パー・ミニット/ 2017 」のアントワーヌ・レナルツ。 アルノー・デプレシャン監督作は『ルーベ、嘆きの光』の前に作られた『イスマエルの亡霊たち』は2017年の東京国際映画祭で上映されましたが、その後はソフト化や配信なども現時点ではされていないですね。 マリーをダウードと他に2人の刑事で、クロードをルイと他に2人の刑事で尋問する。

もっと