タモリ 生姜焼き。 タモリ流の “豚生姜焼き” が簡単に作れてうまい

タモリ流の “豚生姜焼き” が簡単に作れてうまい

タモリ 生姜焼き

このレシピを作った人数は17,110人です 材料• 豚肉(代用:こま切れ・ロースetc) 200g• 玉葱 適量• 天ぷら粉(代用:小麦粉) 肉をまぶすだけなので適量 タレ• ビニール袋に肉と粉を入れ、もみ込む• 玉葱や盛付に使う場合はキャベツを千切りにする• とにかく油を入れない 検索用キーワード• 豚のしょうが焼き• 豚のショウガ焼き• ブタの生姜焼き• ブタのしょうが焼き• ブタのショウガ焼き レシピカテゴリ• 123• 104• 117•

次の

【みんなが作ってる】 タモリ しょうが焼きのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

タモリ 生姜焼き

材料 材料は、 ・豚肉 200g ・タマネギ 1個 ・小麦粉 適量 ・醤油,みりん,料理酒 おおさじ3 ・生姜 チューブタイプでOK です。 必要最低限の調味料と豚肉 タマネギだけで出来るのは嬉しいです。 作り方 まずは、「タレ」を作ります。 醤油,みりん,料理酒,各おおさじ3に、しょうがを加えよく混ぜればタレの完成。 生姜はたっぷり入れると美味しくなると思います。 タマネギは、小さめのほうが味がよく染み込むという事でなるべく小さめに切ります。 ここで、豚肉に適量の小麦粉をまぶします。 コレがポイントで、豚肉に小麦粉をまぶすことで、炒める際タレの味が良く染みこむようになり、肉の旨味を逃さずジューシーに焼きあがるという事。 準備出来たら豚肉から順に炒めていきます。 火は中火で、油を一切使わず炒めていきます。 肉に色が付いてきたらタマネギを投入! 肉,タマネギ両方に火が通ったら、タレを少しづつ入れながら絡めていきます! タレは少し濃く多めにあるので、好みで分量を少なめにすると良いと思います。 タレがしっかり絡んで炒まったら完成!! 実食! こちらが完成した「タモリ流 豚のしょうが焼き」 タレが良く絡まってとっても美味しいそう。 早速頂きました! 肉は漬け込んでいないのに、しっかりとタレの味が染み込んでいてとっても美味しい!! ご飯がメチャクチャあう!ご飯がドンドンすすむくん!! 簡単でとっても美味しい!!しょうが焼きをおかずにご飯一合ペロリと頂いちゃいました。 とってもお手軽な材料で簡単に出来て非常に美味しいので、是非皆さんも作ってみてください!!!.

次の

タモリ流の “豚生姜焼き” が簡単に作れてうまい

タモリ 生姜焼き

タモリ風生姜焼き 調理時間約20分 用意するもの(2人前)• 豚ロース、又は豚バラのスライス 200g• 玉ねぎ 1個• 小麦粉 少々• みりん 大さじ2• 料理酒 大さじ2• 醤油 大さじ2• おろし生姜 大さじ1 お好みで……• はちみつ、おろしニンニクなど 適宜 豚肉に小麦粉をまぶして、タレと絡ませながら炒めるだけ! まずはみりん(大さじ2)、料理酒(大さじ2)、醤油(大さじ1~2)、チューブのおろし生姜(大さじ1)を合わせて、タレを作っておきます。 お好みにあわせて醤油と生姜の量を調整したり、はちみつやおろしニンニクなどを少々加えたりしてもOKです。 玉ねぎは繊維に沿った薄切りにして、豚肉が大きい場合は食べやすい大きさに切っておいて……。 次に、小麦粉を豚肉に一枚ずつまぶしていきます。 そこまでベタッと多くまぶす必要はなく、小麦粉を茶こしなどに入れてふるいながらパラパラっと振りかけていけば、手軽かつ均等にまぶせるのでオススメです。 フライパンに油を引かずに豚肉を敷いて、中火で焼きます。 ざっくり火が通って表面が白くなってきたら、玉ねぎを追加して更に炒めていきましょう。 玉ねぎがしんなりしてお肉に焼き色がついてきたら、最初に作ったタレを注いで、お肉に絡めながら焼いていきます。 とろみが出てきたかな?というところで完成です! 白米が進む超王道のウマさ! ラクしたい夕食のオカズにぜひ ご飯と一緒に盛れば、オーソドックスなしょうが焼きが一皿出来上がり。 これがまた、小麦粉をまぶすことでタレが染み込みやすくなったお肉はややとろみがつき、さっと焼き上げただけなのにしっかりとタレに漬け込んでおいたような濃い味に大変身してるんです! しんなりした玉ねぎと若干残ったタレが絡んだしょうが焼きは、安いお肉でも全然気にならない定番感のある美味しさ。 料理に不慣れで分量や焼き加減をちょっと間違えても、まず失敗しないお手軽さと味付けの鉄板ぶりがポイントでしょうか。 一時間ほど漬け込むこともなく、小麦粉を使うことで時短&失敗ナシに、下味のバッチリ加減が際立つ超王道の生姜焼きに。 ざっくり作ってもロース肉の柔らかさを損なわず、ジューシーで歯切れ良い仕上がりになってくれるのが嬉しいです。 とにかくご飯が進む味付けで、お茶碗一杯二杯は軽くいける濃厚さ。 好みを選ばない美味しさで、ご家庭ではもちろん、一人暮らしの手抜きメシとしても覚えておいて損ナシのレシピかと思います!.

次の