富山 県立 大学 シラバス。 生物工学科

工学部生物工学科

本学科の特徴• ネットワーク利用• 学科キーワード• 89KB]•。 これらの情報を効率良く利活用するためにも、バイオインフォマティクスが不可欠です。

もっと

工学部生物工学科

1年生から4年生まで有機化学を中心とした体系的な講義および演習の実施• 令和2年度 教科書 使用教科書をPDFファイルで公開しています。 また、バイオインフォマティクスは次の研究方針や方向性を考える際にとても役に立ちます。 このデータを解析するためには、コンピュータが必要不可欠です。 本講座の大量並列型DNAシーケンサーは1回の測定で150億塩基のデータを産出することが可能です。 酵素触媒をこれらの目的に利用するために、新しい微生物・動植物酵素の探索、酵素の構造情報を利用した酵素の改変および探索、ゲノム情報を駆使した組換え酵素発現技術、酵素による生体物質の検出、基質の有機合成などの研究を行っています。 同窓会・名誉教授の会• 本学科では、この化学物質を介した生命現象を解明し、化合物の機能や生命現象の機構を利活用する研究を行うため、化学と生物学を重視した教育プログラムを実施します。 開発した技術は企業との共同研究を積極的に行い近い将来の実用化が期待できます。

もっと

富山県立大学

必ずご自身で内容を確認してから、ご利用ください。 教職員向け情報• 学生支援• 本講座では、学び、試し、考えながら道を拓くような人材の養成を行います。 4MB] キャンパスガイド• 詳細は、をご覧ください。 生物は様々な化学物質を介して活動しています。 本講座が得意とする全合成化学に、計算化学を活用した遷移状態探索、分光学的データの予測、網羅的な配座解析などを組み合わせることで、複雑天然物の効率的合成、構造が明らかにされていない希少天然物の構造決定、構造及び配座活性相関に基づく機能性分子の設計に取り組みます。 そして、これらの研究を通して、社会を牽引できる人材を育成します。

もっと

時間割・教育課程・シラバス・教科書

具体的には、バイオプロセスによる各種光学活性アルコールやエポキシドの高収率合成やバイオプロセスを利用した新規機能性食品素材の研究開発を行っています。 シラバス 令和2年度のシラバスをPDFファイルで公開しています。

もっと

工学部生物工学科

充実した先端実験機器をいつでも使用できる研究・教育環境 関連資格• 動・植物を酵素探索の対象として開拓し、さらにタンパク質・酵素の高次構造を情報科学の側面から解析して、異種タンパク質・酵素の可溶性発現や酵素探索技術、および得られた酵素の有効利用法を開発します。 [PDF, 60. これまでERATO「浅野酵素活性分子プロジェクト」などにおいてバイオテクノロジーを牽引する大きな成果を挙げており、現在も「動植物酵素の異種宿主における可溶性発現技術の開発とそれらの有用物質生産への利用」が科学研究費・基盤研究(S)に採択されています。 [PDF, 61KB]• 3年生前期までに生物工学の基礎的実験手法を習得し、3年生後期から研究室に配属して専門的な実験・研究ができる教育環境• 研究では、微生物や藻類の取り扱いや培養、遺伝子工学の最新手法、酵素の分離・精製と反応の解析、進化分子工学による生体触媒の高機能化、新機能蛋白質の創製、生体触媒反応による有用物質の生産などを行います。 また医療の場においても酵素を用いる各種疾病の簡易・迅速な診断方法が注目を集めています。

もっと