コナーズ ソーイング ファクトリー。 世界でひとつの作り方:スーパービンテージジーンズに挑戦するニードルワーカー小中儀明さんの仕事の考え方

気になるドメブラデニムその① ONE PIECE OF ROCK(ワンピース オブ ロック)

ぜひともサイズがあるうちにご検討くださいませ。 ビンテージミシンは200台を揃えることができ、入手不可能なパーツを作ってくれる方も現れました。 会社にいてくれる人と、お世話になったこの物作りと産業をなくしたくないねん。 今日はよろしく頼むわ」 まったく知名度もないWEBマガジンを運営する私に対しても、嫌な顔ひとつせず取材に応じてくれ、気分のよい挨拶を返してくれる。 なぜなら 本人の私服が超絶ダサいからな。 頭良くてもそれが出来ひんかったら、商売できひんで、いうてな。

もっと

滋賀がデニムの聖地に。ヴィンテージ縫製の頂点ONE PIECE OF ROCK2

「仕事の不安てなに? 金?」 「俺な、色んな人からな言われてきたことがあんねん。 関西に住んでいる方でも「ちょっと・・・」と思う場所ですし、関東の人からすれば尚更。 アパレルを中心に、飲食店も展開し、やりたいことを成功させてきた小中さんには、夢を叶えるための考え方がある。 デニム生地はヴィンテージの501XXを糸から解析して造られた、デニムの名産地「岡山」で織られたオリジナル生地を使用。 だからこそ、世界のデニムファンの「聖地」と呼ぶにふさわしい。 net あと、手曲げは確かに独特なパッカリング、皺、あたりがでる。

もっと

コナーズソーイングファクトリー 2

初めて47モデルが当店に届いた後、遂にこの大戦モデル、その後に46、更にGジャンの到着を予定しています。 日本国内の製作で、シルエットを一新し新たに作った13. 作り手=現場のここだからそれが可能になる。

もっと

コナーズソーイングファクトリー 2

印象深いのは、彼にとって 縫製のステッチはキャンバスに描くペンの線と同じであると話されたこと。 切磋琢磨し、産業を盛り上げ、好きなことを継続していく、そして、その業界を牽引していくのが、小中さんなのような人なのかもしれない。 製造業界の未来まで変えていく新しい取り組み このヴィンテージ縫製工場=『CONNERS SEWING FACTORY』は窓の外から自由に中を見る事が出来ますが、そこで縫製に勤しむ小中氏の姿は 常にジーンズ、デニムジャケットを着用。 「俺なリアクション最高やねん」 「友達の家に食べにいくやろ。 十年後、「小中氏に憧れてこの業界に入った」という新しいヒーローが出てくるかもしれません。

もっと

コナーズソーイングファクトリー スレ

それをやった点は評価できる。

もっと

コナーズソーイングファクトリー スレ

未開のステージに進むための小中氏の次の「夢」 ここまで次元の違う物作りの境地に辿り着きながらも、まだ向上心を持ち続けるのが彼のすごいところなのでして、、、 今の所、 ライバルは誰一人後ろを付いて来て無いのに、まだアクセルを踏み込むそうです。

もっと

コナーズソーイングファクトリー 2

また通常の品質基準からしたら不良の製品をつくるわけだからね。 普通のメーカーでは品質基準的に、ウエア含めてできなかったことをできたのは、製造直売の強みだね。 すごいで。 1本2本は出来る人はいるでしょうけどねぇ。 そんな不安定な「大戦モデル」を好むデニムマニアが多いのも、頷けます。 net 手曲げや当時の質の高くない味わいのある縫製の再現はここしかできないと思う。

もっと

コナーズ&クッシュマンのデニムジャケット!

思ったらそこで成長止まるしな」 物作りに対する強い信念がこもった小中さんの言葉からは、同業者を敵としてみているのではなく、ライバルとしてみていることがうかがえた。 俺の目の前におるやつらは、俺のこの追いついてくるスピードに怯えとけ。 逆にいうと、その点しか強みがないので あとはビッグマウスやコラボに頼るしかない。 どこよりも早くコナーズファクトリーに生産を依頼していた『』。 そんなワンピースオブロックの傑作ジーンズを紹介する。 職人さんやアーティストの多くは「頑固」というイメージが私にはあって、俺のやり方はこうだから、とか、新しいことに対しては「出来ない」と言うとか。

もっと