ジヒドロコデイン リン 酸 塩。 コデインリン酸塩、ジヒドロコデインリン酸塩・鎮咳成分の覚え方

ジヒドロコデインリン酸塩「第一三共」原末の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

痙攣状態• 薬物依存の既往歴のある患者[依存性を生じやすい。 痙攣状態 てんかん重積症、破傷風、ストリキニーネ中毒 にある患者[脊髄の刺激効果があらわれる。 激しい痛みをおさえるお薬です。 18歳未満の肥満 0歳〜17歳• 相加的に作用を増強させる。

もっと

知っておこう、 「OTC薬と医療用薬の違い」 [疑問をサポート]

扁桃摘除術後の18歳未満• アデノイド切除術後の18歳未満 0歳〜17歳• テキストの字面だけでは、記憶の残りは悪いので、実物を目で見て触って確かめて、憶えていきましょう。 病気や症状に応じた注意事項• 事例105• (一般用医薬品は「してはいけない」に「12歳未満の小児」に追記する使用上の注意の改定を再度実施すること。 事例48• 成分・効能が頭に入らない方は、机の前の勉強を止めて、ドラッグストア等で、実際の医薬品を手にしてみてください。 事例108• 分娩前に投与した場合、出産後新生児に退薬症候(多動、神経過敏、不眠、振戦等)があらわれるとの報告がある。 本品1. 注3:反復使用により生じることがあるので、観察を十分に行うこと。 To read the full text you will need to subscribe. 医療用医薬品の薬効分類 [BR:] 2 個々の器官系用医薬品 22 呼吸器官用薬 222 鎮咳剤 2229 その他の鎮咳剤 D04313 ジヒドロコデインリン酸塩・dl-メチルエフェドリン塩酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩 医療用医薬品のATC分類 [BR:] R 呼吸器系 R06 全身用抗ヒスタミン薬 R06A 全身用抗ヒスタミン薬 R06AB 置換アルキルアミン R06AB54 クロルフェナミン、配合 D04313 ジヒドロコデインリン酸塩・dl-メチルエフェドリン塩酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩 薬物代謝酵素とトランスポーター [] 薬物代謝酵素 D04313 BRITE hierarchy リンク PubChem:. 3). 抗コリン作動性薬剤[麻痺性イレウスに至る重篤な便秘又は尿貯留が起こるおそれがある(相加的に抗コリン作用が増強される)]。 良くも悪くも薬の効果ってすごいわ・・ 主な使用上の注意の記載とその対象成分・薬効群等(第5章対策) してはいけないこと カテゴリー• 3手引きの改訂による追加内容) コデイン類を含む製品が、米国等における海外で12歳未満の小児への使用を禁忌する措置が取られたことから、日本でも安全性が検討されました。

もっと

ジヒドロコデインリン酸塩

の咳嗽中枢に直接作用し、鎮咳作用を現す。 事例101• ] 重大な副作用 依存性 頻度不明• 事例42• 事例69• 18歳未満の閉塞性睡眠時無呼吸症候群 0歳〜17歳• ジヒドロコデインリン酸塩 ジヒドロコデインは、延髄に存在する咳中枢(咳反射を司る中枢神経)に作用して、咳反射を抑制する効果があります。 薬物動態 一般名 ジヒドロコデインリン酸塩 一般名 リン酸ジヒドロコデイン 一般名 リン酸ヒドロコデイン 一般名(欧名) Dihydrocodeine Phosphate 化学名 5R,6S -4,5-Epoxy-3-methoxy-17-methylmorphinan-6-ol monophosphate 分子式 C 18H 23NO 3・H 3PO 4 分子量 399. ] 呼吸機能障害のある患者[呼吸抑制を増強するおそれがある。 12歳以上15歳未満の小児に対しては、1日6錠、1回2錠を毎食後が基本量となります。 事例60• ショック状態• KEGG DRUG 有効成分に関する理化学的知見. Related Pictures Japan Pharmaceutical Reference 薬効分類名• 患者の属性に応じた注意事項• 市販薬には、「 」などがあります。 ・「過量服用・長期連用しないこと」はコデイン類を配合した鎮咳去痰薬だけの記載事項で、かぜ薬では「長期連用しないこと」が記載されます。 医療用では、鎮痛作用や止瀉作用をもとにした、疼痛治療や下痢の改善にも用いられますが、OTC医薬品では鎮咳目的以外で用いられることはありません。

もっと

KEGG DRUG: ジヒドロコデインリン酸塩・dl

3.2. 肝機能障害<重篤な肝機能障害を除く>患者:代謝が遅延し、副作用があらわれるおそれがある。 事例83• 事例17• 重篤な呼吸抑制• 他のページ 「鎮咳去痰薬」の他の「麻薬性鎮咳成分」へのリンクです。

もっと

ジヒドロコデインリン酸塩(麻薬性鎮咳成分)|登録販売者試験 頻出医薬品

] 代謝性アシドーシスのある患者[呼吸抑制を起こすおそれがある。 呼吸抑制があらわれることがあるので、息切れ、呼吸緩慢、不規則な呼吸、呼吸異常等があらわれた場合には、投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 18歳未満の重篤な肺疾患 0歳〜17歳• アジソン病• ストリキニーネ中毒• 他にも、咳止めで売り出されているOTCの多くに、この3つの成分が含まれているので、ドラッグストアの薬剤師・登録販売者に確認してみるとよいでしょう。 ] 閉塞隅角緑内障の患者[抗コリン作用により眼圧が上昇し、症状を悪化させることがある。 破傷風• 重篤な肺疾患を有する小児• 薬物依存• 細菌性下痢• 重篤な呼吸抑制のある患者• 効能又は効果 下記疾患に伴う咳嗽 急性気管支炎,慢性気管支炎,感冒・上気道炎,肺炎,肺結核 引用:フスコデ 添付文書 フスコデって何の病気に使えるの? フスコデは咳を鎮める効果があります。

もっと