ヤンキース 対 マーリンズ。 イチロー

ニューヨーク・ヤンキース

ホームフィールド・アドバンテージ [ ] ワールドシリーズの第1・2・6・7戦を本拠地で開催できる "ホームフィールド・アドバンテージ" は今回から、その年ので勝利したリーグの優勝球団に与えられることになった。

もっと

ナショナルリーグ東地区

カウアイのヴィディンハ・フィールドでは推定飛距離500(152)の本塁打を打ち、地元では「 ホーマー」と呼ばれていた。 (当時、1学年下)とはこの頃から練習試合を通じて面識があった。 ヤンキース時代 [ ] 2012年7月23日、ととの2対1のトレードでへ移籍。 当日は陸上競技場であるを野球仕様に改修する大規模なものとなるも、初戦は田中との両先発投手がともに1回持たずに降板し、17対13で勝利。

もっと

大リーグ マーリンズ 選手ら13人 新型コロナ陽性 2試合中止に

5ゲームと少なくともワイルドカード争いに入った頃に、4選手を一気に放出する事になった。 Willie Keeler• まさに、「ルースが建てた家」と呼ばれるのにふさわしい威容である。 第6戦:. シーズンオフのにをとのトレードで、にを7年ぶりにポストシーズンに進出し、リーグ優勝決定シリーズまで勝ち進んだとのトレードで、にとのトレードで、を獲得した ものの、FAでの獲得ではない為2015年冬の移籍市場でメジャー30球団では唯一そして球団史上初めてFA選手を誰一人獲得しなかった。 地区優勝を果たし、ディビジョンシリーズに出場するも、中地区のに対し2勝3敗でリーグチャンピオンシップシリーズ出場を逃した。 2軍では、前年から続いて2シーズンにまたがる46試合連続安打を記録(1シーズンでは30試合)。 そして、その彼らは今、口を揃えてこう語る。

もっと

NHK番組表・トップページ

(2003 - 2009年)• 球団歌は "Here Come the Yankees" (1967年)、作曲は及び。 乱闘スレスレの第3戦、そして退場劇が注目を集め、第7戦の11回裏にのサヨナラ本塁打により幕を閉じた。 、1922年から1925年まで• 5年連続10030は6年連続の、タイ記録のに次いで3人目(19世紀の記録を入れるとの10年連続が最高)。 シーズン記録では、NPB時代に30盗塁以上を残しながら成功率9割以上を2回(1996年、1997年)、メジャー時代に40盗塁以上を残しながら成功率9割以上を2回(2006年、2008年)達成している。 ブッシュ・スタジアム 1913年 - 1919年• シスラーの記録は年間154試合制での記録で、イチローは160試合目での記録到達であったため 、現地では少なからず疑問視する見方もあったものの 、この記録は内外で高い評価を受け、アメリカでは多くの新聞でその偉業を称える記事が掲載され、『』紙にもが700号本塁打を放った時以来の全面広告でメジャーリーグ機構が祝福の意を表した。

もっと

NHK番組表・トップページ

そして、7月26日のフィラデルフィア・フィリーズ戦の前にチーム内ですでに4人の感染が確認されていたにもかかわらず、試合は予定通り行われた。 1923• 404)、敬遠数(19)、出塁数(315) でもリーグ1位を記録。 参考文献 [ ]• ヤンキースの田中将大投手は今月4日の練習中に頭に打球を受けた影響でチームとは離れて調整を行っているため、今回の遠征には帯同していません。 開幕直後はなかなか調子が上がらず、9月8日の時点で勝率5割に留まっていた が、翌日から10連勝を達成。 マーリンズに続き、フィリーズも少なくともしばらくの間は、試合は中止となります。 最終的に3年連続となる首位打者を獲得し、また193安打で3年連続となる最多安打・最高出塁率を記録、去年に引き続き最多敬遠も記録した。

もっと

ニューヨーク・ヤンキース

バローは、GM兼球団代表をその後25年間務め、その期間のチームの成功に貢献した。 17日の戦にて延長14回の場面で自身メジャー2度目のサヨナラ打を記録した。 チームは序盤好調だったが、5月下旬に首位を明け渡すと、夏以降低迷した。

もっと

NHK番組表・トップページ

7月には通算10度目となる月間MVP(日本プロ野球記録)を受賞した。 第1期黄金時代 ミラー・ハギンス監督 [ ] 1926年当時のヤンキース 買収後の数年間に渡って、新オーナーは選手の報酬総額を高くしていった。 、オーナーのスタインブレナーがアメリカンリーグより、オーナー停職の処分を受けたことから改善の兆しが現れ始めた。 しかしこの2人は最初からうまくいかなかった。 — Philadelphia Phillies Phillies また、マーリンズの感染者数は、その後も増え、選手は17名、スタッフ2名の合計19名となっています。

もっと