前田 建設 前田 道路。 TOB反発の前田道路社長ラストメッセージ「破滅の道、技術者は流出する」

前田建設、前田道路の敵対的TOBに成功~子会社の道路は、なぜ、親会社の建設に徹底抗戦したのか(前):【公式】データ・マックス NETIB

前田建設は1月20日に持ち分法適用会社だった前田道路へのTOBを発表した。 特別配当の恩恵を受ける株主にとっては悪くない話かもしれない。 前田道路としては、前田建設工業による提案内容や事業の推進が、前田道路固有の利益や中長期の企業価値の向上に繋がるかを真剣に考え、その範囲内で極力協力していくべきでしょうね。 今回こうしたガバナンスの問題がどこまで影響を与えたかということはまだわからない部分もありますが、グループとしてのガバナンスをきちんと効かせていくことが大事だという前田建設工業からの申し出に対しては、前田道路側としても真摯に話し合いに向き合う姿勢を見せなければいけない意識が働いたのではないでしょうか。 5%高の1119円まで上昇し、終値は6%高の1083円だった。 前田建設は1月20日、道路舗装事業の更新需要の取り込みには連携強化が必要として、持ち分法適用会社の前田道路へのTOBを開始した、買付価格は1株3950円。

もっと

「モノ言う株主」ゼネコン株を相次ぎ取得する訳

前田道路株のTOB価格は1株3950円。 こうした動きに対し、前田建設は「アクティビストの要求を聞くべきではない」と再考を求め、その約半年後に前田道路に対してTOBを申し出ました。 特別配当で資産を1割どころか大幅に減らして自らの魅力を低下させれば、前田建設がTOBを撤回するのではないか、という読みだ。 親子上場解消は、政府からお墨付きを得た。 米議決権行使助言会社のインステイテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)やグラスルイスも賛成を推奨していた。

もっと

愛知道路コンセッション|プロジェクトストーリー|採用情報|前田建設工業株式会社

日本企業の横並び主義を利用することによって、全体の構造を変えていこうというアプローチに今後変わってくると思います。 前田建は、北陸発祥のゼネコンで、唯一、同族経営の旗印を掲げている。

もっと

アクティビストが狙う建設会社(4)前田道路(1883)の3つの重大発表

前田道路の今枝良三社長(写真:竹井俊晴) それにTOBの説明でこちらに来られたのは12月4日ですが、子会社化の是非の返事を12月20日までにしろと。 TOBはすでに3月12日に成立。 これで社員の信頼を勝ち取る。

もっと

前田建設<下>前田道路TOBの根底に“義理の甥と叔父”の確執|日刊ゲンダイDIGITAL

今枝良三・前田道路代表取締役社長 Photo by Masato. 合理化や更新投資の負担を考えると、5~6年前から、ある程度の業界再編・合従連衡が必要だと考えていた。 前田建設工業がこうした判断に至った理由についてはどのように考えられますか。 特別配当の規模は26%に相当する。

もっと

TOB反発の前田道路社長ラストメッセージ「破滅の道、技術者は流出する」

しかし、前田建設側はTOBの撤回や特別配当への賛同はのめないとして、提案を拒絶、TOBはそのまま成立した。 母体は佐藤工業だ。 前田道と前田建の両社の株式であるオアシスが前田建と面会した際、オアシスが前田道にTOBを行った場合に前田建はどうするかを聞かれたことがある。 TOBと重なったのは偶然だ。 でもね、いろんなシナリオを作ってみたら、TOBに対抗するためには4000億円以上の金が要ると分かった。

もっと

前田道路が捨て身の焦土作戦、535億円の特別配当実施へ:日経ビジネス電子版

そのため、村上系ファンドが今後、前田建設株を買い増すことは十分に考えられる。 前田建設工業はシナジーを前提にTOBをかけているので、利害関係者の前田道路の言い分を鵜呑みにはできません。 オアシスは前田建に前田道との資本関係の見直し、つまり親子上場解消を求め、前田道には株主還元などを要求した。 ARCが管理する有料道路も空港に直結している。 僕らは前田建設にTOBを取り下げてほしい。

もっと

TOB拒否の前田道路社長、「子会社と言われるのが一番カチンとくる」:日経ビジネス電子版

買い付けの上限は2181万1300株。 今枝氏:前田建設さんから「ファンドがTOBをかけようとしているから、自分たちがホワイトナイトとして友好的なTOBをするよ」と伝えられました(編集部注:前田建設側は否定)。 以前に前田建設の前田道路に関するTOBについて、TOBをした理由と買収防止は可能かについてこのような記事を書きました。 前田道路への出資比率は従前の24. 前田道路によるリリース を見ると、TOBにより前田道路の内部留保を狙っているのではないかとする考え方もありますが、今回の前田建設工業によるTOBの狙いは、単に建設を請け負うのではなく、街づくりのコンセプトまでを提案する総合インフラ事業会社を目指したうえでのことなのではないかと思います。 むしろ、建設事業の垂直的な統合が世界的に進む状況において、同ファンドが前田建設工業と前田道路との統合の可能性にいち早く目を付けたことについては、読みが鋭いな、さすがだなという印象です。 前田建設は多額の資金流出につながると特別配当に反対してきたが、前田道路との関係改善を重視して、委任状争奪戦には踏み込まなかった。

もっと