直接 民主 制 と は。 直接民主主義|政治学,ルソー,古代ギリシア

直接民主主義の問題点

例えば、インターネットでの投票システムに不正がない場合など、 国民が、選挙で代表を選び、その代表が集まって議論し、決定された案を、 すべてかどうかは置いておいたとしても、 せめて重要だと思われる事、関心が高い事などは、 国民にその案の賛否を問い、多数決で決定させるというのは、駄目なんでしょうか? 憲法改正の場合は、そんな感じですよね。 この頃のギリシャのアテネで行われていた民主制は、完全な直接民主制でした。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 (2)ワイマール憲法 当時のドイツの憲法(ワイマール憲法)は、他の先進国と比べても民主的であり、国民投票という直接民主制度を部分的に利用したと言われています。 その後住民投票が行われ、過半数の賛成が集まれば議会を解散することになります。 スイスは直接民主制を導入している スイスは、直接民主制が400年以上続いている国なんだ。 ただ、フランス革命は非常に複雑なものだったのです。

もっと

【中学公民】民主政治のしくみ、問題点は??

直接民主制の原理 現代の直接民主制は、代表者を介さず市民や国民が直接政治へ参加する仕組みとなっています。 17世紀から、の伝統を持つでは、 国会 の決議や、国民が作成した法案について、国民自らがイニシアチブ 国民発議 を行使し、レファレンダム 国民審議と国民投票 によって、その是非を決する参政権が広く浸透している。 フランス人は、自分たちが導いた人民の革命(フランス革命)が、近代化と民主主義という文化をもたらしていたという強い信念を持っています。 更に、はで、においてジャン=ジャック・ルソーは 人民が十分に情報をもって審議するとき, 『もし市民がおたがいに意志を少しも伝えあわないなら』,わずかの相違がたくさん集まって,つねに一般意志が結果し, その決議はつねによいものであるであろう と述べていたこと、コンドルセのがこのルソーの主張に沿って構築されていることを指摘しており、構成員同士の議論が制限されることは、むしろ長所であるとルソーやニコラ・ド・コンドルセは考えていた。 こうなってくると、参考書に書いてあった 今まではただの文字としてしか認識できなかった情報も サクサクと理解できるようになってきました。 そして両者の類似点として、投票の結果はそのまま、社会的な意思決定として確定されるということがあります。 A ベストアンサー 選挙制度の特徴には、「選挙区の考え方」の切り口と「代表の考え方」の切り口があります。

もっと

【中学公民】民主政治のしくみ、問題点は??

政治参加資格のある自由市民(一定資産を持つ成人男性、女性・奴隷・外国人は除く)が直接議論して決定し、役職は抽選で選出された。 「直接民主主義 国」でGoogleで検索して出てくる国の筆頭は、スイスである。 直接民主制とは• 制度が簡単 【デメリット】• 日本における間接民主主義の例• その理由は先ほど挙げた直接民主主義の問題点にあります。 一方、「代表の考え方」には、多数代表制、少数代表制、比例代表制の3種類があります。 社会が苦手な人にとっては、マジ苦痛ですよねw と、まぁ 参考書を眺めてばかりで 一向に理解が深まらなかった私は 社会の学習を半ば諦めていました。

もっと

直接民主主義

またが指摘したように間接民主制に比べいわゆる「」が抑制されにくいという問題点がある。 しかしながら、少人数であってすでにコミュニティとして総会ができる環境があれば、実現可能性の問題もコストの問題もクリアになるため、必ずしも一概に否定されるものでもありません。 憲法改正の国民投票 憲法96条 や,地方における条例の制定 地方自治法74条 などの直接請求制度,また小規模町村で議会をおかず,有権者の総会をもって議会に代える場合 同法94条 などが,その例です。 直接民主制的規定の採用は、こうした現代民主政治の抱える諸問題を解決する一助となるであろう。 地方議会の解散請求 地方議会の解散請求が出来ます。

もっと