三菱 サイバー 攻撃。 韓国から日本へのサイバー攻撃が増加 アパレル企業が被害に (1/2ページ)

三菱電機にまたサイバー攻撃、取引先の口座8千超流出:朝日新聞デジタル

事実、世界ではこれまでも各地で、核燃料施設が破壊されたり(イラン)、通信が完全に監視・妨害されたり(イラク戦争、シリア内戦など)、都市部で大規模停電が起きたりと(ウクライナなど)、サイバー攻撃によって大きなインフラ被害が出たケースは多い。 調査の甘さも露呈した格好だ。 その結果、複数のグループによる攻撃を受けていた可能性があることが判明。

もっと

【独自】三菱電機にサイバー攻撃 防衛などの情報流出か:朝日新聞デジタル

直近の出来事に関わっていたグループはBlackTechとみられている。 2019年3月18日 三菱電機が中国拠点のウイルスバスター法人向け製品の脆弱性を悪用された攻撃を受ける。

もっと

三菱電機にサイバー攻撃「中国系ハッカー集団Tick」の恐るべき正体(山田 敏弘)

これらは表沙汰になったケースに過ぎず、専門家の間では実態はもっと多いというのが共通認識だ。 どうやら、三菱電機はサイバー攻撃について去年6月頃から把握していたようです。 サイバー攻撃を受けたら、攻撃の内容などを積極的に公開しよう• セキュリティーの専門家であれば、ネットワークでつながっている以上、侵入される可能性はゼロではないというのはよく認識しているはずです。 一番警戒しなくてはいけない国ではないかな? 三菱たるもの油断したね。 サイバー攻撃を受けた場合の適切な対応とは? 今回、三菱電機が2019年6月28日にに端末の不審な挙動を認識したあと、その事実が公表されず、2020年1月20日に朝日新聞がすっぱ抜いたことで、初めて事態が公になったわけですが、このことについては、「なぜ今まで公表しなかったのだろう」という意見と、「二次被害など追加の被害を防ぐには、公開しなかったのは致し方ない」という意見がありました。

もっと

「情報流出は完全には防げない」、三菱電機にサイバー攻撃の衝撃

しかも、三菱電機のレーダー機器は日本のみならず、欧州などの軍事機器にも使われるので、この問題は日本だけの問題にとどまりません。 等の社内システム情報の一部• で独立総合研究所代表の青山 繁晴氏により標的型メールにより感染したとの解説が行われた。 機密性の高い情報の流出は否定。 あわせて読みたい• どんなソフトでもバグが存在し得るのはIT業界では「常識」だが、ことセキュリティー製品の運用においては想定されにくかった。 。 警察やから標的型メール攻撃に関する注意喚起が行われた。

もっと

三菱電機にサイバー攻撃 個人情報や機密情報が流出の可能性

なお、下記の記事は、(政府刊行物のサイトにリンクされます)を参考に記載しております。 2月7日に防衛省の機微情報流出の可能性が浮上。 調査の結果、防衛や電力、鉄道などのインフラに関する重要度の高い機密情報や取引先情報などは流出していないと確認できたとしている。 これまで200件以上の広報コンサルティングやメディアトレーニング(取材対応トレーニング)を行う。 各国情報機関やセキュリティ企業は、その空間に潜入して攻撃の実態把握に乗り出している。 影響は週報から採用応募者の情報まで 流出の可能性のある、または影響が確認されていない情報は以下の通り。

もっと

【独自】三菱電機にサイバー攻撃 防衛などの情報流出か:朝日新聞デジタル

この記事は有料会員限定です。 このように、マルウエアの感染にはダウンロードによるものと、Web上で勝手に動作するものとがある。 三菱電機の国内拠点のサーバーで不審なファイルの動作を検知し、同様のファイルが中国など複数の拠点で見つかったため、大規模なサイバー攻撃であることが発覚したという。 三菱電機はウイルス対策システムの脆弱性を突かれた不正アクセスが原因と発表。 Trend Microによれば脆弱性が悪用されたケースは2件確認している。 その後、不正アクセスの形跡は取引先に関する幅広い情報でも見つかった。

もっと

三菱電機にサイバー攻撃「中国系ハッカー集団Tick」の恐るべき正体(山田 敏弘)

身近な日本で成功している企業の顧客情報なら、喉から手が出るほど欲しい人たちは韓国に山ほどいる。 大手電力や大手自動車メーカーでは、報道を見て三菱電機側に問い合わせ、流出した自社の情報がないことを確認した関係者もいた。 そのため、いくら頑張ってもネットワークからはアクセス不可能な構成になっています。 [PDF]• 「政府としても、経済産業省、NISC(内閣サイバーセキュリティセンター)を中心に引き続き注視をしていきたい」とも述べた。

もっと

三菱電機、サイバー被害だんまり 取引先に半年説明せず:朝日新聞デジタル

明らかにコロナ禍による社会・企業活動の混乱を悪用していて、経済的な利益を得たりライバル企業を貶めるための攻撃を活発に行なっています」 実際に被害も出ている。 取引先との共同開発や商談、製品の受注に関する情報や、社内の幹部が参加する会議の資料、研究所内で共有される情報などが含まれる。 としております。 よりセキュリティ会社に調査を依頼。 から重要機密に関わる装備品などの取引ある約100社に対しての有無を確認開始。 同日受理され、警視庁が違反等の容疑を方針とした捜査へ。

もっと