営業 職 コロナ。 緊急事態宣言で営業職の仕事はどうなる?外回り禁止?自宅待機?

新型コロナ感染拡大に負けない中小企業は何をしている?――コンサルタントが語る、営業の本質

在宅時間が増えたことで「スキルアップにかける時間が増えた」人は約3人に1人(32%)。 職種別では「営業職」(73%)の実施率の高さが目立つ一方で、「サービス・販売職」(28%)や医療・福祉関係者が多く含まれる「専門職」(21%)などは低く、在宅作業が可能かどうかによる違いがはっきりと見られます。

もっと

非常事態、コロナ環境下でいかに営業すべきか?

足で稼ぐような体育会系の営業部隊が必要なくなり、大量の営業スタッフを抱える企業は淘汰されていくかもしれません。 今のうちに WEB商談という、新たな手札を加えておくのは必須でしょう。 そして、これから影響が数字で現れてくるのが、営業主体の事業、特に「足で稼ぐ」営業だ。 それは、AIやITの活用、機械・ロボット化によって代用されてしまうということです。 「足で稼ぐ」という言葉からもわかるように、訪問そのものが価値基準の一つとして置かれ、 「訪問ノルマ1日〇件」という KPI を敷いている組織も多くあるでしょう。 このことを裏付けるように、帝国データバンクは以下のデータを公表しています。 しかし、在宅勤務が難しい接客スタッフなど、その受け入れ方は職種ごとに異なるのが実情です。

もっと

私からみたコロナの影響~営業職編~

これらのオンライン会議のポイントを押さえて、営業活動に活かしていきましょう。 多くの企業が取り組まなければと意識していたであろう業務効率化・コスト削減と、デジタル化への対応は、 新型コロナウイルス不況によって急速に推し進めなければいけないミッションへと変化しました。

もっと

コロナ禍でみえてきた未来の営業スタイル。営業職はなくなるの?

営業支援事業をやりながら医療コンサルタント??なんじゃそりゃ?と思った方もいらっしゃるとおもいます。 アフターコロナにも役立つ!テレワークで必要な営業スキル さて営業方法が変わっていくのなら、必要となる営業スキルも変わっていきます。 営業のルーティン業務• 営業といえば日々「足で稼ぐ」というくらい客先に出掛けて提案をして売上を上げていくイメージがあります。 アフターコロナの時代、コロナ以前の社会には戻れない 新型コロナウイルスを克服すれば、またこれまでの慣習どおりにビジネスができると、なんとなく感じていないでしょうか? あいにく アフターコロナ時代に、以前と完全に同じビジネスや営業をするのは難しいと考えれます。 したがって、先に紹介したアフターコロナの対策方針として、DXやインサイドセールス、テレワークが重要になるのです。

もっと

緊急事態宣言で営業職の仕事はどうなる?外回り禁止?自宅待機?

先ほどのルーティンワーク型営業でもクライアントによっては対応しきれない場合があるからです。 この数あるサービスを比較・検討するポイントを3点見ていきましょう。

もっと