自治体 セキュリティ クラウド。 総務省|自治体クラウドポータルサイト

ネットワンシステムズ、「福岡県自治体情報セキュリティクラウド」のシステム構築を受注

(徹底分離) SDN 2 外部との接続 1 個人番号利用事務ネットワーク以外との通信は、アクセスしても安全と認められる特定通信限定とする。 その魅力について具体的に考察してみました。 自治体様へのセキュリティ製品の導入について、ご相談やサービス詳細のご希望がございましたらぜひNTTテクノクロスにお気軽にご連絡ください。 まとめ 自治体情報セキュリティ対策のポイントについてご理解いただけましたでしょうか。

もっと

総務省|「自治体情報セキュリティ対策の見直しについて」の公表

詳細は下記を参照ください。 ハイブリッドクラウドの提供 地方自治体が保有するシステムにおいては、データの保管場所が県内などに特定される運用が求められるものもあるため、要件に応じてプライベートクラウド、パブリッククラウドを最適に組み合わせるハイブリッドクラウドの活用が、重要な課題となっています。 外部記憶媒体のファイル• 1.自治体とのパイプができる 自治体はなかなか新規業者が参入できないフィールドとなっています。 - 3 端末 1 個人番号利用事務に関わる各業務の専用端末とし、業務毎に端末を設置すること。 しかしながら地方自治体ではICTに精通した専門職員は不足しがちであり、クラウドサービスの導入およびDX(デジタルトランスフォーメーション)推進にかかわる事業者からの手厚いコンサルティングやサポートが求められています。

もっと

総務省| 地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドラインの改定等に係る検討会|次期自治体情報セキュリティクラウドの標準要件の決定について(令和2年8月18日)

なお、アクセスの記録とは端末操作の記録及びサーバ等のアクセス先の情報資源に対する操作の記録双方を指す。 ただし、添付ファイル削除やテキストデータ化によって無害化を行っているインターネットメールの取込みや仮想デスクトップによって分離された端末環境での利用は要検討。 (設立:1988年2月、売上高:1,451億80百万円〔2016年3月期連結〕) 詳細は をご覧ください。 公共機関向けパブリッククラウド活用トレーニング• クラウド技術に関する実習型セミナー• 詳細は下記を参照ください。 ご興味のある製品がございましたら、ご連絡ください。 なお、アクセスの記録とは端末操作の記録及びサーバ等のアクセス先の情報資源に対する操作の記録双方を指す。

もっと

総務省|「自治体情報セキュリティ対策の見直しについて」の公表

(平成24年3月) III.その他• これに向けた対策として総務省から発表された「新たな自治体情報セキュリティ対策の抜本的強化」の中から、特に「自治体情報システム強靭性向上モデル」について、以下にポイントを示します。 EDRは不審なファイルではなく動作を監視しているため、ランサムウェアやゼロデイ攻撃にも有効です。 ネットワンシステムズは同センターの運用を担当しており、本件ではその運用ノウハウにセキュリティの要素を強化します。 次期「自治体情報セキュリティクラウド」の在り方 ・国が最低限満たすべき事項(標準要件)を提示し、民間のベンダがクラウドサービスを開発・提供することにより、セキュリティ水準の確保とコスト抑制を実現 ・引き続き、都道府県が主体となって調達・運営(複数の都道府県の共同調達・運営も可)し、市区町村のセキュリティ対策を支援 ・セキュリティ専門人材による監視機能(SOC)の強化、負荷分散機能(CDN)の追加を検討 4. を掲載しました。 県によって異なりますが、メールの無害化やCMS、VDI等が用意されています。

もっと

【2020年度版】自治体情報セキュリティ対策3つのポイント

そこで、 エンドポイントのセキュリティ対策として注目されるのが、従来のアンチウイルスに代わるセキュリティ対策「EDR」です。 連絡先:自治行政局地域情報政策室 安達、菅村、池田、西口 TEL:03-5253-5525(直通) FAX:03-5253-5530 e-mail: lg-security@soumu. 何があっても県の責任となり、自分の自治体だけ検討外れのソリューションを導入してしまった、といった事にはなりません。 自治体情報セキュリティクラウドとは、都道府県と市区町村がWebサーバー等を集約し、監視及びログ分析・解析をはじめ高度なセキュリティ対策を実施するものです。

もっと

総務省| 地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドラインの改定等に係る検討会|次期自治体情報セキュリティクラウドの標準要件の決定について(令和2年8月18日)

具体的には、各市町村からの「福岡県自治体情報セキュリティクラウド」への接続に関しては、県内33市町村が参加する団体「ふくおか電子自治体共同運営協議会」がサービス提供している「ふくおか電子自治体共同利用センター」の、総合行政ネットワーク(LGWAN)およびインターネットへの接続設備を共同利用します。 InfoCage PCセキュリティ SKYSEA 分類 No カテゴリ 要件 例) 対応製品 L G W A N 接 続 系 5 庁内ネットワーク 1 LGWAN接続系専用のネットワークセグメントとすること。 それぞれのカテゴリに対応したNEC取扱い製品をまとめました。 I.地域情報プラットフォーム• 概要 ファイルに潜むマルウェアからLGWAN環境を守ります 総務省から提示された「自治体情報システム強靭性モデル」では、マルウェアの侵入を確実に防ぐことを目的に、LGWAN環境とインターネット環境を分割することが示されています。 市区町村におけるクラウド導入等の検討状況• 「自治体情報セキュリティクラウド」とは 「福岡県自治体情報セキュリティクラウド」の特徴は、利用する市町村に向けて高度・多様なセキュリティ機能を"標準メニュー"として提供するとともに、各市町村の個別的なセキュリティ要件にも"オプションメニュー"として柔軟に対応可能にする点です。 ネットワーク分離においては、高い安全性と利便性を両立させることが重要となります。

もっと

自治体情報セキュリティクラウドがおいしい3つの理由

3.協業内容 (1)概要 「地域創生クラウド」構想の実現に向けた第一歩として、自治体向けクラウドサービス基盤を導入するにあたり、日本マイクロソフトの先進性の高いクラウド技術と自治体への支援プログラムをフル活用し、自治体システムに親和性の高いハイブリッドクラウドを提供いたします。 以下のファイルを無害化できます。 強靭性向上モデル(総務省) 自治体情報システム強靭性向上モデルでは、セキュリティ対策要件として「情報の持ち出し制限」「インターネット分割」「情報セキュリティクラウド」の「三層の構え」が記載されています。 安定的かつきめ細やかな運用 自治体アプリケーションについては、ネットワーク、クラウド基盤、アプリケーションを含めて、すべてが安定的に運用されることが求められ、故障時の切り分け、復旧などを含めた、トータルかつきめ細やかな対応が求められます。

もっと