公認 会計士 求人。 JICPA Career Navi

ジャスネットキャリア

上場企業、中堅・中小企業、ベンチャー企業など様々な会社を訪問できる。

もっと

税理士・公認会計士転職求人サイト比較12社

E-mail: kouhou jicpa. お話を伺っていて、とりあえず転職して外で働いて見たい、という方も多いのですが、監査法人から出てしまった際のリスクは多少理解しておいた方が良いとは思うものの、個人的な考えとしては、とりあえず転職して、とりあえず外の世界を見てみる、というのも大いにありだと思います。 5名以上募集の求人• また年齢的にも、例えば、20代は言うまでもなく、30代や40代の方でも勉強をスタートするには遅くはないと思います(下記【参考】参照)。 また公認会計士という職業は、大学の学部に例えれば、経済学部だと思います。 0歳で、最高年齢は55歳、最低年齢は18歳となっています。 英語力(日常会話・メール交換)を活かす• 公認会計士試験合格後の就職状況は? 無事に公認会計士試験に合格したとして、その後の就職状況について心配している方も多いのではないでしょうか。

もっと

ジャスネットキャリア

監査法人も、まだ大企業の打撃はそれ程大きくないため採用意欲が高い状況が続いています。 年収1000万円以上の求人• 税理士法人令和会計社• 税理士法人山田&パートナーズ• 公認会計士の求人情報や転職に関する情報提供を行っています。 職種、資格、社名、地域等の検索と合わせてからキーワード検索もご利用いただき、より希望条件を満たす求人情報を確認いただければ幸いです。 他の方の転職事例も参考になるかと思いますので、キャリアに悩む方はご参考ください。

もっと

ジャスネットキャリア

日本クレアス税理士法人• 経理経験がある方. 第二新卒可• 海外赴任の機会あり• 既に、豊富な経験をお持ちの方には、これまでやって来られなかったような業務等、今まで以上に多様な経験を積めるよう割り振りを考えますし、拡大していく中で、ポジションも上げていくことが可能です。 税理資格取得の勉強をしながら会計事務所で経験値を積みたい方• 転職エージェントを活用すれば転職に失敗しにくいと思い込んでいる方もいらっしゃいますが、転職エージェントだけに頼った転職活動も危険です。 ただ就職や転職に関してわたしなりの持論を1つ補足するとすれば、人並みのコミュニケーション能力と他人に不快感を与えない程度の身だしなみは必須だと思います。

もっと

公認会計士の転職・求人情報

【説明】求人先には求人応募の際、【会計士】【合格者】【常勤】【非常勤】を厳密に区別して求人応募して頂いております。 ・比較的高収入• ・自社への貢献と社会的影響力• Navi仮登録(受験番号と合格証書番号)試験合格者で、協会の準会員登録された方は、Naviに於いても 新たに試験合格者登録をお願いいたします。 BDO税理士法人• 株式会社ファーストリテイリング• その他語学を活かす• また、公認会計士試験は筆記試験に合格しても、すぐに有資格者として仕事を開始できるわけではありません。 会計士試験合格者で(会計士資格要件を満たし)協会の正会員登録された方は、Naviに於いても 新たに会計士登録 をお願いいたします。 年間休日120日以上• 太陽グラントソントン税理士法人• ・経営管理全般の経験• 例えば、法務業務や総務業務(株主総会業務など)、一部庶務業務など多岐にわたります。 ・IPOや企業成長へ貢献• どの業界でも、30代になれば「中堅」のようなポジションを任されることが多くなるでしょう。 ただ、30代以上の合格者も皆無というわけではありません。

もっと

公認会計士の転職で年齢はネックになるのか?

MBAホルダー募集• 株式会社サイバーエージェント• PwCアドバイザリー合同会社• 学生(受験生)の場合には、ビジネス・スキルとビジネス・ツールを用いた経験がほぼ皆無だと思うので、ビジネス・ツール等を試験勉強で有効に活用できない点において、ビジネス経験の豊富な社会人受験生の方が効率的な勉強ができるのではないかと思います。 税理士法人髙野総合会計事務所• 2017. エーザイ株式会社• 思い切って公認会計士を目指すという選択肢 大学を卒業し、会社員として働き始めると様々なストレスを抱えることが多いと思いますし、実際にストレスを抱えている会社員の方は多いことでしょう。 コンパッソ税理士法人• ・スピーディーな成長• <注意>姓名は、住民票や戸籍に記載されている名前を使用してください。 これは私自身が考える公認会計士のメリットですが、これらのメリットを享受できる意義はとても大きいと思いますし、公認会計士としての経験が自分自身の強みに磨きをかけると思います。 会計事務所に就職したい方• ただし、ベンチャー企業への転職という視点では思ったような仕事内容ではなかったといったケースやスキル不足も目立つためしっかりキャリア・スキルを磨き転職先を選定していくと良いでしょう。 利用者の年齢も様々で、新卒で資格取得を目指しながら正社員として就職を目指している方から、家事育児との両立のするため、パート・アルバイトで働いていきたい方など幅広いニーズに対応しています。

もっと