レイテ 沖 海戦。 レイテ沖海戦

レイテ沖海戦・・・謎の反転

ニミッツ大将はこのうちヤップ攻略の取り止めに同意し、11日からイギリス首脳とのに臨んでいたルーズベルト大統領、12日から開かれていた米英軍事会議に出席していたのアーネスト・キング大将にこの意見を伝えた。 豊田連合艦隊司令長官は次のように述べています。 小沢艦隊の直掩戦闘機隊は優勢な米攻撃隊を相手に奮戦したが数の差は歴然としており、以降小沢艦隊は猛烈な波状攻撃にさらされ続けた。 報酬は「」、峡章、及び以下の通り。

もっと

栗田健男

燃料不足のため、付近にいた駆逐艦『初月』に『千代田』の捜索を依頼するが、そこへ突如、『千代田』を撃沈したデュボース艦隊13隻が現れた。 作戦の立案 [ ] サイパン陥落を受け、7月18日より軍令部は次期作戦の指導大綱の作成研究を開始、21日に「大本営作戦指導大綱」が決定され24日に裁可された。 航空支援のない栗田艦隊は速力を上げつつ、艦艇の対空戦闘のみでの迎撃を強いられる。 26日にマニラに到着すると 、第一輸送戦隊司令官曽爾章少将が宇那木を出迎え「南西方面艦隊参謀長有馬馨少将が強硬だった。 参加艦隊は以下の通り。

もっと

#110 悲壮スリガオ海戦!西村艦隊の信念が切り開いたレイテ湾突入への道

艦隊:E-1、、E-4へ出撃可。 ドイツを打倒していないが日本海軍を撃滅した場合はミンダナオを迂回 キング大将はこの後エニウェトクなどの視察行に出、17日にサイパンに飛び、第5艦隊司令官の大将、両用戦の指揮を取っていた中将に次期進攻はどこが望ましいかを尋ねたところ、両者ともフィリピンと答え、スプルーアンス大将はその理由としてサイパンのような島嶼よりも港湾向きの地形が多く、などを活用できることを挙げた。 対潜 本からは艦隊を出撃させる際、対潜装備を装備したや、及び対潜攻撃可な艦載機を搭載した軽などを編成する事で艦隊で敵を攻撃可となった。 第2駆逐隊(早霜・秋霜・清霜)• この他にも補給点は設定されており、本作戦では6つあった。 連合軍はB-24重爆で日本軍拠点を空襲しつつ、レイテ島の飛行場整備を進めていた。 レイテ島に対する17日ぶりの物資補給成功であった。 12月7日にアメリカ軍はレイテ島オルモック南部に部隊を上陸させ 、オルモック市内を目指した。

もっと

レイテ沖海戦で栗田艦隊はなぜレイテ湾の直前で反転したのですか? ...

実際には、比島寄りの部隊とされたミッチャーの部隊はキンケイド中将麾下の第七艦隊であり、18隻の護衛空母を機動部隊と見誤った。

もっと

レイテ沖海戦

機動部隊の作戦要領 [ ] これに基づき、8月10日に機動部隊 指揮官の中将より「機動部隊命令作第76号 機動部隊捷号作戦要領」が発令され、機動部隊所属の各隊に対して、以下のように指示がなされた。 マッカーサー大将は「マッカーサー王国」などと揶揄されるほど、父親の代よりこの地の利権を多く握っており、また、自身の前職は元帥であり、更に緒戦で日本陸軍に敗北した際に、自分を含む高級軍人達だけが脱出し「私は戻ってくる」と宣言した手前もあった。 これは従来の作戦内容であった「敵機動部隊を牽制する作戦」というよりも、「囮」となることに等しいからであった。 敵との開幕 こちらがを編成している状態での開幕はにも例があったが、今回初めて敵がを編成している状態での開幕が登場した。 南西方面艦隊はレイテ島増援作戦を 多号作戦と命名し、この第二次輸送から本格的な作戦がはじまった。 ところが10月に入り米機動部隊が台湾や南西諸島などに進出。 またスリガオ海峡では、西村祥治中将と志摩清英中将が率いる艦隊が連合国軍に発見されてしまいます。

もっと

レイテ沖海戦の栗田艦隊の反転がなかったら、2次大戦はどうなっていたんでしょう...

これほどの決意、これほどの絶望感、これほど広大な地域にまたがり、これほど長い間戦われた戦闘はない。 。 護衛空母群の艦上機にしても、爆装して出撃できるような時間的な余裕はありません。 ところが戦後になり、レイテ沖海戦で本当は日本が惨敗を喫したこと、捷号作戦の全貌が衆目にさらされ、すべての犠牲が栗田艦隊のレイテ湾突入のために行われていたにもかかわらず、栗田艦隊が直前で反転したことなどの事実が次々と明らかになるにつれ、栗田長官への批判が高まることになったのです。 10月7日マリアナ諸島の西で合流した第38任務部隊はフィリピン奪回の陽動攻撃の意味も込めて10日にを空襲、12日から14日にはを空襲。

もっと

『栗田ターン』をしなければ勝てたのか?第二次世界大戦末期のレイテ沖海戦

「第四章 片寄った人物評」『太平洋戦争の本当の読み方』PHP研究所、1987年6月。 このように、第4航空軍は執拗な飛行場攻撃や四式戦闘機「疾風」の活躍もあって、少なくとも11月上旬まではレイテ島上の制空権を確保していた。 『陸軍特別攻撃隊 上巻』文藝春秋、1983年。

もっと

捷号決戦!邀撃、レイテ沖海戦(前篇)とは (ショウゴウケッセンヨウゲキレイテオキカイセンゼンペンとは) [単語記事]

以上の判断により南西方面艦隊司令部は、悪天候が続くうちに輸送を終了させようと、第三次輸送部隊の11月9日出撃を決定した。 それでも軍令部は以下のような奪還作戦を立案した。 大尉は「レイテ沖海戦での行動を含めた栗田批判は強い語調でなされているものがあるが、その反面実証性に乏しい主張をしたにもかかわらず、自責や考えの変化を表明するといった動きはほぼ見られない」と指摘している。 志柿, 謙吉『 海軍参謀のフィリピン戦記 回想レイテ作戦』光人社〈光人NF文庫〉、2005年7月(原著1996年)。

もっと