秋 きぬ と 目 に は さやか に 作者。 藤原敏行 千人万首

確かに秋ですね1

「詠(よ)める」 <よんだ和歌> 「る」は完了を表す(「り」の連体形。 私は旅をしている身ではないけれども。 「藤原敏行」のそのほかの作品. 多 摩川にさらす手作りさらさらに何ぞこの児のここだかなしき 作者:東歌(万葉集) 意味:多摩川でさらす手織りの布ではないが、さらにさらにどうしてこの娘がひどくかわいいのか。 この花の名に「ふじ色の袴」の意を掛け、誰が 来て、 着ていたのを脱いで掛けたのか、訝 いぶか ってみせたもの。 このことで、時間的に早く気づけますし、他の人とは異なる捉え方ができます。

もっと

【秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる】徹底解説!!意味や表現技法・句切れなど

自然の厳しさとともに、その恵みを感じます。 この歌には 「秋立つ日詠める」という詞書き(歌を作った日時や場所などを記した前書きのこと)が添えられており、この歌が立秋の日に詠まれた歌だとわかります。 その姿からは、過ごしにくい夏を耐え忍んできただけにほっとする一方、どこか寂しさも漂わせています。 敏行のほか、大江千里・紀友則・貫之・壬生忠岑など当代の代表歌人が顔を揃えている。 伊勢物語百七段参照。

もっと

藤原敏行 秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる

渡津海の豊旗雲に入日さし今夜の月夜さやに照りこそ 作者:天智天皇(万葉集) 意味:大海の豊かになびく雲に夕日がさしている。 三十六歌仙の一人。

もっと

現代語訳 秋来ぬと目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる

乾いた風の音や、肌に触れる涼しさなど、全身の感覚で秋を察知することができます。 サトウハチロウの「小さい秋みつけた」です。 ら ・ わ 行 わが背子を大和へ遣るとき夜深けて暁露にわが立ち濡れし 作者:大伯皇女(万葉集) 意味:弟を大和へ帰してやるというので、見送ってたたずむうちに夜もふけ、暁の露に私は濡れてしまったことだ。 しぎの飛び立つ沢の秋の夕暮れというものは。 秋 秋立つ日、よめる 秋きぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる(古今169) 【通釈】秋が来たと目にははっきりと見えないけれども、風の音にはっと気づいた。

もっと

確かに秋ですね1

愛する人も私もこもっているのだよ。 今夜の月はさやかに照ってほしい。 句にまたがって埋め込んだり、清濁を換えたりして、隠し方の巧妙さや意味の転換の奇抜な飛躍が競われたのである。 た 行 田児の浦ゆうち出でて見れば真白にぞ不尽の高嶺に雪は降りける 作者:山部赤人(万葉集) 意味:田児の浦を通って広々として眺めのきくところへ出て見ると、真っ白に富士の高い峰に雪が降り積もっていることだ。 ここは女性と見ないと風情がない。

もっと