エクセル パーセント 数式。 エクセル計算の基本!掛け算・割り算・引き算・足し算

エクセル ROUNDUP 関数:切り上げする

エクセル パーセント 数式

前年比・伸び率の求め方 では、実際にエクセルで前年比と、その伸び率を求めてみます。 では、計算式を入れましょう。 「前年比」からいきます。 「F3」をクリックして、計算式のスタートである 「=」を自分で入力します。 まず最初に、 「今年度実績」の場所をクリックします。 今回の場合は、「今年度売上」の「E3」になります。 その場所を割り算してあげます。 どこで割ればよいのかというと、「前年度実績」で割り算してあげます。 今回の場合は、「前年度売上」という項目名になっていますね。 「D3」をクリック。 そのまま 「Enter」キーを押すと計算結果が表示されます。 「あれ?パーセントで出ない」と思った方。 計算結果は全体を「100」ではなく、「1」として表示されます。 かといって、100倍する必要もありません。 後で簡単に 見た目を%表示に変更することができます。 とりあえず、オートフィル機能を使用して 計算式を下にコピーします。 結果が表示されます。 では、%表示になおしましょう。 小数点まで表示したい方は、ちょっと右にある「0」が3つあるボタンを押してみましょう。 きれいにパーセント表示になりました。 「猫缶A」を見ると、前年に比べ今年の方が売上げが上がっています。 何となく128%という数値は合っていそうですね。 このように、毎回数か所、自分の目で数字が正しいか確認すると万が一のミスを防げますよ。 では、次に 伸び率を出しましょう。 操作の方法は同じなので、ちょっとスピードを早めます。 括弧は「Shift」キーを押しながら、数字の「8」「9」の場所にありますね。 「Enter」で確定すると結果が表示されます。 今回は、先に パーセントスタイルにしてからオートフィル機能を使用してコピーしてみましょう。 パーセント表示になったまま計算式がコピーされます。 伸び率が表示されました。 「猫缶A」と「かりかりA」が絶好調みたいですね。 「前年比」と「伸び率」の結果を並べてみると、二つの関係がよくわかりますね。 まとめ 前年比と伸び率の求め方でした。 もちろん、前月比や前日比など名称や内容が変わる場合は臨機応変に対応する必要があります。 しっかり表の内容を確認して、 計算する場所を間違えないようにしたいですね。 また、このような計算が苦手な方は、 計算結果をしっかり後から見直すことをおすすめします。 売上げが低いのに数値が高いような場合は、計算場所を逆にしている場合があるかもしれませんよ。

次の

Excel(エクセル)での達成率の計算式|達成率の求め方

エクセル パーセント 数式

掛け算で使用する記号は「=」と「*」。 キーボードだとこの位置にあります。 テンキーだと、「=」は入力できませんが、「*」を入力するときには、[Shift]キーを使わずに、押すだけで入力できます。 そしてExcelでは、 計算で使う記号は半角で入力する がお約束なので、にしておきます。 今回は、掛け算の結果を、りんごの「金額」のセル、つまりD2番地に表示させたいので、D2番地をします。 キーボードで「=」を入力します。 この「=」は、 これから数式を入力しますよという合図です。 ここから実際の計算内容を入力していきます。 「かける」を意味する「*」を、キーボードで入力します。 続いて、りんごの「数量」のセル、C2番地をクリックで指定します。 最後に「この計算内容でOKだよ」という意味で、確定をします。 計算内容の確定は、数式バーの[入力]ボタンをクリックするか、キーボードの[Enter]キーを押します。 りんごの「金額」のセルに、掛け算の結果を表示させることができました! この一連の操作は、セリフで覚えてしまいましょう! ココはコレかけるコレです そして、このセリフのそれぞれが、下の表のように1つ1つの操作を表します! ココ 計算結果を表示させたいセルを選択 は 「=」を入力 コレ 掛け算したいデータが入っているセルを選択 かける 「*」を入力 コレ もう一方の、掛け算したいデータが入っているセルを選択 です [入力]ボタン、または[Enter]キーで確定 そして、掛け算ではなく、足し算や引き算、割り算をしたいなら、セリフの「かける」の部分、つまり「*」を入力する部分を、それぞれの計算記号に置き換えて入力すれば、その計算ができます。 テンキーだと、いずれの計算記号も、[Shift]キーを使わずに、押すだけで入力できます。 数式の超重要ポイント さて、先ほど掛け算を設定した、りんごの「金額」のセル、D2番地をし、数式バーを見てみましょう。 Excelでは、選択したセルに入力されているものが、数式バーに映し出されます。 ということは、D2番地には、計算結果として「400」と表示されているものの、実際にこのセルに入力されているのは、数式バーに表示されている =B2*C2 という数式であることが分かります。 =B2*C2 とすることで、「 B2番地に入っているものと、 C2番地に入っているものを掛け算してください」という意味になります。 「100」と「4」を掛けてくださいという具体的な数字の指定ではなく、 そこに入っているものを掛けてください、と指定しているので、たとえB2番地の単価や、C2番地の数量を変更したとしても、そこに入っているものが掛け合わせられるため、 自動的に計算結果が変わってくれます! 試しに、C2番地の数量を「2」に変更してみます。 変更したいC2番地をし、 「2」と入力。 (セルを選択して入力すれば上書きされるので、もともとの「4」は消す必要はありません。 ) キーボードの[Enter]キーですると、 りんごの数量を変更しただけなのに、それに伴って、りんごの金額の 計算結果も、自動的に変わりました! というわけで、ここまでを知っていれば、Excelでの足し算・引き算・掛け算・割り算はバッチリ。 あとは、残りの「金額」のセルにも、同様に掛け算を設定したいわけですが、ひとつひとつ設定していくのはとても面倒なので、数式をコピーしていきます。 ただ、数式のコピーにも、Excelを操作する上で絶対に欠かせない、超重要ポイントが含まれています。 早速、下の赤いボタンを押して、先に進んで行きましょう!.

次の

エクセル計算の基本!掛け算・割り算・引き算・足し算

エクセル パーセント 数式

Excel パーセントを表示する それではさっそく、Excelでパーセント(割合)を表示してみましょう! パーセントを計算する まず、パーセントを計算します。 Excelでパーセントを計算するには、数式で行います。 これでパーセントの計算式は作成できました。 1」を取得できました。 パーセントを表示する このままではただの割合の数値「0. 1」なので、これをパーセントに変換します。 これでパーセントを表示することができました。 他のセルにもパーセント表示を反映するには、このセルの右下にカーソルをあわせ、プラスマークになったら、下までドラッグ(マウスをおしたまま移動)します。 下のセルにもコピーされ、パーセント表示になりました。 小数点以下をそろえる場合は、「小数点以下の表示桁数を増やす・減らす」をおして、小数点以下をそろえてください。 以上、Excel(エクセル)でパーセント(割合)を表示する方法でした。

次の