山健 組 解散。 「山健組」の弱体化を招いた元ナンバー3への“絶縁処分”|日刊ゲンダイDIGITAL

神戸山口組が万が一解散する事になったら、「山健」や「宅見」の老舗名...

、五代目健竜会会長である中田広志が五代目山健組組長として継承した。

もっと

山健組(中田浩司組長)が神戸山口組に宣戦布告・木村会も六代目山口組入り、どうした神戸山口組解散か?

幹部 -吉武 徹弥 闘竜会会長• 平成21年、瀧澤総長の引退により國領屋一家 現・戸塚幸裕二代目 が誕生すると、自身が率いた大澤組の跡目を譲って業界から引退。 過去に山口組にどれだけの貢献があろうと、 その組織がどれだけ巨大であろうと、 山口組本家と当代(親分)に叛けば、 名跡は永遠に絶たれ復活することはないのです。 健竜会も弘道会に拉致られて土下座して金を渡す事態にまでなっているようです。

もっと

絆会の解散に撤回の噂が?神戸山口組の池田組と合流か

「野内若頭はまだ50代で、六代目山口組・髙山清司若頭の信頼も厚い。 一時的な諍いかもしれないし、元に収まる可能性もある。 仮に神戸山口組が解散したとしても、 山健組や宅見組といった二次団体としての 帰参は許されず解体された上に、 複数の三次団体に分割された上で、 山口組の二次団体の傘下に吸収されていくでしょう。 ほとんど動けない状態だろう。 しかし、分裂で神戸山口組として離脱。 文中の「岡山池田」は、岡山県に本部がある神戸山口組系の2次団体・池田組を意味していると思われます。

もっと

関東の山健組が壊滅状態に。

斉藤浩一(二代目宮鉄組)• 初代(1961年 - 1982年):(三代目若頭)• こうした構図の中、山口組分裂問題はいよいよ佳境を迎えようとしているのかもしれない。

もっと

神戸山口組の二代目宅見組からも複数の移籍者か 離脱が続いて組織運営に支障も|ニフティニュース

與=若頭・與則和(與組組長)• そうした中で神戸山口組若頭補佐を務める二代目黒誠会(大阪 剣政和組長)、正木組(福井県 正木年男組長)は引退、また同じく神戸山口組の最高顧問であった池田組(岡山県 池田孝志(金孝志)組長) も離脱、池田組も山口組の看板を外し独立組織にそれに続いて三代目熊本組(岡山 藤原健治組長)も離脱し同じ岡山県の池田組と統合する噂もある。 山健組は田岡一雄三代目時代からの象徴的な組織であり、宅見組も初代が渡辺芳則五代目時代に若頭を務めとった組織やで。 よって絆の解散は撤回。 池田組離脱の際には、両者は合流するのではないと噂されていたため、この会合にも注目が集まった。 また、離反した組織の中に、本家に取り込むことがプラスになる人材がいるかと思います。

もっと

分裂5年で風雲急告げる山口組騒動、離脱・解散情報の真偽(1/3ページ)

三代目山口組(組長・)の若衆・がに結成。 この書状で「元神戸山口組々員」と書かれているが、中田がかつての神戸山口組内最大勢力の武闘派組織「山健組」組長であることは、暴力団業界では知らぬ者はいない。 それも『除籍』という比較的軽い処分。 司六代目は山口登二代目以来の生前継承を経験しているため、跡目が注目されるのは必然といえる。 その際、山本健一と、同じく若頭補佐のによる決選投票が行われ、投票の結果一度は山本広に決定したが、山本健一の直訴により田岡から山本健一が指名された。 さらに同年12月には、井上が幹部から山口組若頭補佐兼阪神ブロック長に昇格・就任している。

もっと