京王 線 路線 図。 京王相模原線の路線図

京王相模原線の路線図

- 新宿起点を現在地(新宿西口)に移転。 これらの列車は、2018年2月22日改正より、始発駅から実際の行き先を案内する方式に改められた。 には動物園線との直通運転を休止。 5月1日 - 停車場前駅を葵橋駅と統合し新宿駅南口側に移転。 乗換路線 乗換路線はありません• でと交差する。

もっと

京王線の路線図

なお、相模原線直通列車については、「」を参照されたい。 調布駅付近地下化工事に伴う徐行運転のための時刻修正。 平日夕方は、上りが京王線新宿行6本と都営新宿線直通の毎時2 - 3本程度、下りが京王線新宿駅発が22時台に3本と都営新宿線直通の毎時3本設定されており、下りの一部は京王多摩センターから各停となる。 (昭和40年) - 初台駅 - 幡ヶ谷駅間の初台5号踏切で遮断機が故障、児童1人が電車にはねられ死亡。

もっと

京王線の路線図

2015年9月のダイヤ改正以後は八幡山で準特急の通過待ちをするダイヤとなった。

もっと

京王線の路線図

また途中で種別が変わる列車が設定され、早朝に京王八王子駅始発で各停高幡不動駅行き、高幡不動駅より準特急京王線新宿駅行きが設定された。 6km 開業。 都営新宿線との直通列車は大半が笹塚駅発着であるが、平日夕方と深夜にはつつじヶ丘駅発着の列車が、朝と深夜には桜上水駅発着の列車もある。 2006年9月のダイヤ改定までの日中の高尾山口駅までの下り所要時間はシーズンダイヤ時を除き47分であったが、実際には夜間に時刻表上45 - 46分で結ぶ列車(高尾駅での停車時間が短くなる)も設定されていた。 2013年2月のダイヤ改定以前は日中は京王線新宿駅 - 橋本駅間では上位種別の列車に抜かれることなく先着していた(ただし調布駅で後発の準特急に追いつかれた)が、この改定で相模原線特急が復活したため昼間でも調布駅で相模原線特急に抜かれるダイヤとなった。 この駅の途中でがあり、ここから南は高架駅となる。 乗換路線 乗換路線はありません• 近年の輸送実績を下表に記す。

もっと

京王バスの路線バス系統一覧|路線バス情報

かつて、高幡不動以西のみ運転するいわゆる"区間各停"は6両または4両編成にて運転されていたり、2005年3月改定までは土休日に6000系7両があった。 は、用のホーム、線路を入れて3面5線の駅である。 2013年ダイヤ改定以後の最速所要時間(分単位)は上り下りともに38分、日中の標準所要時間は下り42分、上り41分である。 詳しくは、を参照)。 - 分倍河原駅を南武鉄道(現・南武線)交差地点に移転。

もっと

京王相模原線の路線図

このような場合、所要時間は各駅停車とほぼ同じである。 (平成27年) - ダイヤ改正で準特急が京王八王子、相模原線に運転拡大。 (昭和10年)• - 調布 - 飛田給間 1. 新宿駅 - 橋本駅間を速達で結ぶため、途中停車駅は明大前駅、調布駅、京王多摩センター駅と少なく、調布駅での各停への接続廃止後は相模原線の大半の駅では利用できなくなった。 12月11日 - 東八王子駅を移設し、京王八王子駅に改称。 現在は京王新宿三丁目ビルが立地)に移転した。 乗換路線 乗換路線はありません• 全駅に所在。 日中の都営線直通を急行から快速に変更。

もっと