ラナ ローデス。 ミロスラフ・バルニャシェフ

ミロスラフ・バルニャシェフ

7月14日、RAWにてリング上にてマイクアピールしていたところをリアルアメリカンを自称するとから標的とされるようになり、アメリカ対ロシアの抗争へと発展。 8月21日にはNXTテレビショーに登場。 5月22日、にてWWE US王座を保持するに挑戦。 これを機にファイティング・リージョナーズから脱退し、ラナについてゆくようになる。 FCW時代のフィニッシャー。 来歴 [ ] キャリア初期 [ ] やなどといった往年の名レスラーたちが運営する(Knokx Pro Wrestling Academy)にてプロレスのトレーニングを開始し、11月21日、NWPW(New Wave Pro Wrestling)にて ミロスラフ・マカロフ( Miroslav Makarov)のリングネームでデビュー。 3月29日、にてと王座戦を行う。

もっと

ミロスラフ・バルニャシェフ

7月20日、PPVであるにてスワガーと対戦し、関節技に苦しめられながらもスワガーを鉄階段に激突させ、カウントアウトで勝利。 1月26日、のロイヤルランブルマッチにて6番目に登場。 。 怪物的な力を見せるもキングストン、、、の4人から脱落されてしまった。 アコレードへと繋げるサインムーブであったが、現在はフィニッシャーとしても使用。 の戦を機にアコレードの体勢から後ろに倒れこむ変形型も使用する。 この試合においてWWE昇格後初のピンフォール負けを喫した。

もっと

ミロスラフ・バルニャシェフ

4月15日、WWEから解雇された。 相手を担ぎ上げた状態からロープ、またはコーナー上に乗せて連打する。 新リングネームは ミロ( Miro)。 獲得タイトル [ ]. 終盤にトップロープに立とうとしたカリストに対して振り落とすとリング中央へと引きずり身体が反り返るほどのアコレードを決めてギブアップを奪い勝利。 同月15日よりを新たなタッグパートナーに迎え活動するがこれといった活躍をすることができず、7月より試合に出場する機会がなくなった。 同月14日、NXTで抗争していたウッズと対戦して圧勝するも、さらに攻撃をつづけたことでウッズの相棒であるにより因縁をつけられて抗争を開始。

もっと

ミロスラフ・バルニャシェフ

これをきっかけにドーソンとと関わるようになり、9月4日にはテストマッチと題し、と勝負をするが、ルフォーとドーソンの介入の後を決めて勝利し、正式にドーソンとタッグチーム、 ファイティング・リージョナーズ( The Fighting Legionnaires)を結成。 同月28日には vs の試合においてアモーレのセコンドであったを襲撃し、勝利に一役買った。 5月より、リングネームを ルセフ( Rusev)へとマイナーチェンジし、の愛国者で国籍もロシアへと移してアメリカを批判するギミックへと変更。 11月3日、RAW終了後にWWEネットワーク内で行われたWWE Network Specialにてを保持するに挑戦して勝利し、プロレスラーとしてのキャリアにおいて初となるベルトを獲得した。 その他得意技 [ ] 見た目に反して動きが機敏であり、非常に打点が高い。 11月6日には金で仲を取り戻そうとしたルフォーを瞬殺し、ラナをマネージャーに従えてシングルに転向。 スワガー以降もアメリカの威信をかけて戦うやと続けて抗争し勝利を重ねた。

もっと