千鳥 lemon。 千鳥ノブ Lemon 反響が凄い!動画がこちら!クセが強すぎwww

千鳥ノブのレモン(Lemon)フル動画はこちら!クセが強すぎて爆笑!

千鳥 lemon

(、)がMCを務める『』(テレビ朝日系、レギュラー放送は毎週月曜24:50~)のスペシャルが、8月15日に放送。 放送後、インターネット上では、ノブの歌声に元気をもらったという視聴者の声が多くあがっていた。 今回の企画は「Lemonを歌いたいんじゃ」。 カラオケが苦手なノブが、昨年大ヒットしたの大ヒット曲「Lemon」をカッコ良く歌える男になりたいと、彼自身が企画を持ち込んだ。 話を聞いた大悟の提案もあって、1か月後に控えたスタジオ収録までに猛練習して、その場で披露することに。 講師を務めるのは、やなどのコーラスも担当するボイストレーナー・先生。 しかしノブが「Lemon」を歌いたいと伝えると「無茶です」とバッサリ切り捨てた。 一度、何の指導も受けずにノブが歌ったのだが、不安定な音程で大悟も「ほんまにみんなが『夢ならば』って思ったよ」と肩を落とす。 今井先生は「苦しそうに歌っている」と、喉を閉めて声を出してしまっていることを指摘。 あくびをする感覚で息を吐くと良いそうで、吐くだけではなく吸うことも大事だと話した。 練習中、大悟が「もっと楽に歌った方がいい」とアドバイスをするも「口クサッ。 臭の太がきた」とコメント。 ノブは「ヤマトの波動砲か」とツッコミで返す一幕が。 また、米津の声の芯は、大悟と親交の深いに通ずるものがあるという。 見本として、志村の声を重点に置きながら歌う大悟と今井先生に、ノブは思わず「フザけてるやん! 今日俺、志村さん習うん?」と返した。 先生の指導は理にかなっているため、一旦志村を強めに歌ってみたのだが、大悟は「志村さんでもない」とツッコミ。 結果、うまくメロディーに乗れる歌唱法として、手を前に出しながら歌うことに。 本番までには、ペットボトルを使って息を吐く練習をするよう義務付けられた。 いよいよ本番。 ノブは「Lemon」を歌うも、最初からつまづいてしまい、途中で大悟がたまらずストップ。 緊張で声がしぼんでしまい「練習したこともすべて忘れてしまった」というノブのために、サビから歌ってもらうことに。 サビを一生懸命歌うも「ウケんのよ!」と嘆き、大悟らに助けを求めていた。 ネット上ではノブの歌声について「笑いすぎて死にそう」「めちゃくちゃ元気貰った」「まったく変わってなくて草」との声で盛り上がっていた。

次の

千鳥ノブのレモン(Lemon)の動画が面白すぎてヤバい!大爆笑が!

千鳥 lemon

千鳥ノブのLemonの反響!クセが強い! お笑いコンビ・千鳥のノブ(39歳)が、8月15日に放送されたバラエティ番組「テレビ千鳥」(テレビ朝日系)に出演。 音痴で、これまでテレビで歌ったことがなかったが、1か月間の猛練習を経て米津玄師の「Lemon」を歌い、反響を呼んでいる。 ノブは昔から音痴であることがコンプレックスで、歌えば鼻で笑われ、20年以上カラオケを避けてきたが、米津玄師のヒット曲「Lemon」をどうしても歌いたい、と1か月間、本気でボイストレーニングを受けることに。 お笑い芸人であるノブに対し、プロから「米津玄師さんってちょっと声の芯が志村けんさんみたいなところにあるんですよ」「Bメロは寝起きドッキリぐらいの(声量の)感じで」といった指導のもと猛練習を積み重ね、ついにスタジオでの生歌披露へ。 だが、ノブは緊張しすぎたのか、練習の結果を完全に出すことはできず、スタジオには笑いをこらえる人が続出。 放送終了後にノブは自身のTwitterを更新し、「ダメだこりゃ。 米津さん、今井先生本当に失礼しました。 歌を上手く歌う人は凄い!!本当に凄い!!」とツイートした。 ネットではノブの歌声に対して「普段クセが強いといっているノブの歌のクセが強い」「ノブ歌下手くそすぎて本当に面白い」「ノブの歌ヤバいwww」「ノブの歌w それを聞いている大悟の顔www」「ノブのlemon、無理w助けて」「ノブのLemon最高だった」と、芸人としては最高の賛辞の声が上がっている。 引用:exciteニュース 千鳥ノブがLemonを歌う動画はこちら!ノブ本人の反省ツイートも! 1ヶ月間本気でボイトレを受けたのに、歌い出しからおもしろすぎる! 夜中にテレビ千鳥を見た人は眠れなくなったでしょうね。 4万件のいいねがありますし、やっぱりクセが強い!のがよかった! ダメだこりゃ。 米津さん、今井先生本当に失礼しました。 私がパプリカをギターで弾きたい!って思うのと一緒だと思う。

次の

千鳥ノブのLemonの動画!おもろいしクセが強いと反響!本当はクセが凄い

千鳥 lemon

8月15日放送の「テレビ千鳥」(テレビ朝日系)で実施された、千鳥・ノブ(39)の企画「Lemonを歌いたいんじゃ」が話題だ。 番組では、ノブが大好きな米津玄師(28)の楽曲「Lemon」を1カ月間かけて練習。 その成果をスタジオで披露するという内容だった。 するとTwitterでは「ノブのLemon」がトレンド入りするほど、「笑った」という感想が続々とあがった。 《ノブのLemonで過呼吸起こしそう》 《軽い気持ちで見るんやなかったw ノブのLemonあかんwwww》 《一晩明けてもノブのlemonが笑かしにくる 思い出し笑い いや、引きずり笑いかな 今年一番笑った番組にノミネート》 《なんやかんやでノブさんの歌うLemonは最高でした。 ボイトレ習うだけでここまで笑いを取れる芸人さんっていないんじゃないだろうか。 爆笑しすぎて顔面筋痛い》 ノブはボイストレーナーの今井マサキ氏(45)や相方・大悟(39)から厳しい指導を受けながらも毎日練習に励んだ。 だが、ノブは本番で練習の成果を発揮できなかった。 歌い出してすぐに共演の麒麟・川島明(40)や新川優愛(25)らに笑われ、途中で歌を止められるという事態に。 最後は衣装を着替え、サビを歌って締めくくった。 番組終了後、ノブはTwitterを更新。 《ダメだこりゃ。 米津さん、今井先生本当に失礼しました。 歌を上手く歌う人は凄い!! 本当に凄い!! 》と感想をつづった。 ノブを笑う声があがるいっぽうで、ノブの懸命さを称賛する声も続々とあがった。 《Lemonをうまく唄おうとする千鳥ノブさんを見て笑っていたのが、練習する姿を見ているうちに、だんだん胸を動かされてきた。 出来ないことを出来るようにすることって大変っていう当たり前のことを再確認》 《ノブさんのLemonチャレンジに泣きそう 克服したくて毎日努力する人ってめちゃくちゃかっこいいし、美しいよね…》 《ノブのlemon面白かったから、爆笑したけどもけどもけども、同じカラオケコンプレックス持ちとしては、1ヶ月頑張って普通に上手くなって欲しかった気もあるから、モヤリモヤリ。 練習の感じとか歌ってるときのゲストの表情とかきつくて、甲子園より泣きそうなった。 笑》 《テレビ千鳥見てました、ノブさんのLemonにがんばりましたで賞あげたい。 難しいよね…ピアスまで完璧にコスしてたのがこだわりが強いなって感じでした〜》 これまで音痴がコンプレックスで、カラオケを避けてきたというノブ。 だがジャズ・ドラマーの映画「セッション」に感化されてドラムを始めるなど、音楽にも造詣が深い。 他にも、シンガーソングライター・藤川千愛(24)の楽曲「あの日あの時」の作詞を担当したのも記憶に新しい。 思い描くように歌えなかったが、音楽に対する真摯な思いと笑いで視聴者の心を掴んだのは確かだ。 外部サイト.

次の