今月 の 星空。 今月の星空

今月の星空

地球外生命や太陽系外文明の探査は、今後ますます発展していく研究分野でしょう。 まず、地球が銀河系の中にある以上、銀河系は中心方向だけではなく、ぐるりと地球をとりまいていますから、中心と反対方向にも、銀河の水平部分が続いています。 月明かりのない暗い空なら肉眼でも見ることができます。 金星: 夕方低い位置に見えますが、これからだんだん、上がって来ます。 カペラ・アルデバラン・リゲル・シリウス・プロキオン・ポルックス の6個です。 毎年12月14日頃に観測のできる「ふたご座流星群」の母天体は、ちょっと変わっていて、小惑星3200(ファエトン、又は、パエトン)と呼ばれる小天体です。 水星や金星は地球よりも太陽の近くを回っているため、太陽の光で、見えない事が多いのですが、最大離角のときは、太陽から離れる分、見やすいということです。

もっと

Top今月の星空

そしてその西側にはが、後ずさりするような感じで見えていますね。 2020年11月の星空 11月になりました。

もっと

星空案内 今月の星空 今はどんな星が見えるのかな?

宇宙には銀河がこれまた2000億個ほどもあると言われています。

もっと

星空案内 今月の星空 今はどんな星が見えるのかな?

4等 星数350) (x視直径36分、実直径77光年、距離7330光年 実視等級4. ペガススの四辺形(星のならび) ペガスス座の胴体の部分になる4つの星をつなぐと四角形になります。 カシオペア(星座) 2等星と3等星の星が5個並び、「 W 」、逆さまだと「 M 」の形に見えるのが、カシオペアです。 日本でも「すばるのあとぼし」の呼び名があります。 そして天の川銀河に一番近い銀河は、アンドロメダ座のところにある「アンドロメダ銀河」です。 7等 星数75) M1 かに星雲 (散光星雲 おうし座) おうし座の牛の角の先の所にある超新星残骸。 しかも、最近の研究や観測では、ベテルギウスが大量のガスを放出しており、ガスの放出によって星の表面が梅干しのようにでこぼこに膨らんでいるという説もあります。

もっと