ジキル と ハイド 和訳。 ジキル&ハイド

日英対訳・音声付『英語で読むジキルとハイド』(IBC対訳ライブラリー): IBCパブリッシング

そこで我々はみんなで出かけました。 それから「エンフィールド君、」とアッタスン氏が言った。 子供の家の者もやはりそうだったが、それはもちろん当然のことでしょう。 もし裁判にでもなろうものなら、君の名前が出るかも知れんからね。 あのドアの家を、私は恐喝の館と呼んでます。 5月18日 - 5月27日 中日劇場• そして、もともと学問的熱情などを持っていない(財産譲渡証書作成のことだけは別であるが)男なので、「ただそれだけのことさ!」とつけ加えさえした。

もっと

ジキル博士とハイド氏の怪事件(スティーヴンソン)のあらすじ | あらすじ

「こうしておけば何かの役に立つかも知れません。 ハイドからジキルに戻る薬品はまさに尽きようとしており、この手記を書き終えた時には永久にハイドになってしまっているだろう。 そしてその低く深く垂れこめた息詰るような霧の中を、都会の交通機関が相変らず強風のような音を立てて大通りを通っていた。 まったく悪魔ですよ。 そして、見よ! その傍らに一人の男が立っている。 2週間後ジキルの屋敷で開かれた晩餐会が終わった後に、アターソンはジキルにハイドについて問い質すため1人残った。 そしてジキルは全てを元にもとすべく実験室に篭った。

もっと

ジキル&ハイド

主なミュージカルナンバー [ ] 第1幕 [ ]• 「僕はある遠いところから家へ帰る途中でした。 その寝床で彼が寝つかれずにしきりに寝返りを打っているうちに、真夜中も過ぎてだんだんと明け方に近くなった。 しかし、この時ほど彼の注意が鋭くひきつけられたことは前には一度もなかった。 この愛想のよさは、この人の癖で、ちょっと芝居じみて見えたが、しかし真心から出ているのであった。 Jekyll ジキル博士• ちょっと遠慮したんです、」という返事だった。 」 このちょっとした憤慨はかえってアッタスン氏を幾らか安心させた。

もっと

スティーヴンスン Stevenson Robert Louis 佐々木直次郎訳 ジーキル博士とハイド氏の怪事件 THE STRANGE CASE OF DR. JEKYLL AND MR. HYDE

「君が嘘をつこうとは思わなかった。

もっと

【洋書レビュー(14)Dr. Jekyll and Mr. Hyde(ジキルとハイド)~二重人格の代名詞~】

このままにうっちゃっておく訳にはゆかない。 でなけりゃ、ステッキを置き忘れたり、とりわけ、小切手帳を焼いたりなんかしなかったでしょう。 小男で、じみな服装をしていて、そんなに遠くから見てさえも、その男の顔付きは、どういうものか、弁護士にはひどく気に食わなかった。

もっと

ジキル博士とハイド氏の怪事件(スティーヴンソン)のあらすじ | あらすじ

そうだよ、君、いつも人生が好きだった。 「これは大変な騒ぎになるだろう、」と彼は言った。 『ジーキル博士とハイド氏』 (翻訳:)• エンフィールド氏とアターソン氏はその裏通りの道の反対側を歩いていたが、その家の入り口のすぐ近くにくると、エンフィールド氏がステッキをもちあげ指し示した。

もっと

「ジキルとハイド」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

あの男の顔付きから考えれば、さぞ暗い凶悪な秘密をな。 そして、彼が自分の同乗者をちらりと見る時に、正しい人をも時としておそうことのある、法律と、法律の執行者とに対するあの恐怖を、かすかに感じたのであった。 ほかに戸口はなし、あの戸口へも、例の事件の男が極くたまに出入りするほかは、誰一人として出入りする者がないのです。 実は、わたしがもう一方の人の名前をきかないのは、わたしがとうにそれを知っているからなのだ。 芝居好きなのに、二十年ものあいだ劇場の入口をくぐったこともなかった。

もっと