プルーム・テックスターターキット。 【画像付き】プルームテック(スターターキット)の付属品一覧

プルームテックがリニューアル!内容を変更して価格を1,000円値下げ!

プルーム・テックスターターキット

<関連記事> 「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」を比較! 3つの違いで吸いごたえに差 まず、「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」には、どのような違いがあるのかを見ていきたい。 「プルーム・テック」ユーザーの不満で多かった「吸いごたえの物足りなさ」を解消すべく誕生したのが「プルーム・テック・プラス」だ。 そのため、「プルーム・テック・プラス」は「プルーム・テック」より吸いごたえを重視した設計となっているが、その満足感の高さ生み出すポイントとなっているのは、「加熱温度」「タバコ葉の量」「リキッドの量」の3点。 それぞれくわしく見ていこう。 「プルーム・テック・プラス」は「プルーム・テック」に比べ約20mm(実測値)ほど長く、直径15mmと太くなった。 重さは、「プルーム・テック・プラス」の17gに対して41gと、約2. 4倍だ(どちらもカプセル、カートリッジ装着時実測値)。 ただ持ってみると、さほど重さの差があるようには感じにくい 1. 加熱温度が高いほどタバコ感が強く出るため、「プルーム・テック・プラス」はより吸いごたえのあるものとなっている。 たばこカプセル内のタバコ葉を増量 「プルーム・テック」は、蒸気をタバコ葉の粉末を詰めた「たばこカプセル」に通すことによって蒸気にニコチンを含ませるのだが、「プルーム・テック・プラス」では、たばこカプセル内のタバコ葉の量自体を増やしている。 当然、たばこカプセルを通過した蒸気に含まれるニコチン量も増えるので、喫味もスロートキック(のどへの圧)も強くなるのだ。 なお、「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」の専用リフィル(カートリッジ+たばこカプセル)は、たばこカプセルのサイズこそ同じものの、カートリッジの構造が異なるので互換性はない。 また、「プルーム・テック・プラス」の専用リフィルは、カートリッジ内のリキッドも、それぞれのフレーバー専用にデザインされているという。 そのため、「プルーム・テック」ユーザーがよくやっていた、「たばこカプセルだけを変えて味変する」という吸い方は、「プルーム・テック・プラス」では推奨されない。 左が「プルーム・テック」、右が「プルーム・テック・プラス」の専用リフィル。 たばこカプセル5個+カートリッジという内容は同じで、1箱で吸える回数もまったく同じだ たばこカプセルのサイズは同じだがカートリッジの構造が異なり、互換性はないので注意 3. リキッド量もアップ。 たっぷりの蒸気で満足感を高める 「プルーム・テック」では、蒸気量に物足りなさを感じるユーザーも多いようだ。 ただ、「プルーム・テック」はカートリッジ内部のコットンに蒸気を発生させるためのリキッドを染み込ませる構造上、蒸気量には限界がある。 そこで「プルーム・テック・プラス」では、たっぷりの蒸気を発生するのに十分なリキッドを内包できるリキッドタンク方式を採用している。 「プルーム・テック・プラス」(左)はリキッドタンクに小窓が付いているので、リキッドの残量(カートリッジ交換タイミング)が一目瞭然 ほかにも、使い勝手が少しだけ違っている。 「プルーム・テック」は完全オートスイッチ式で、いつでも吸い込めば蒸気を発生させられるが、「プルーム・テック・プラス」は本体中央ボタンをトリプルクリックで電源オン、3秒以上長押しで電源オフという仕様になった。 めんどうに感じるかもしれないが、内蔵リチウムイオン電池が190mAhから610mAhへと大容量化しているので、カバンの中などでの不用意な電源オンによる爆発などのリスクを防ぐためにも必要な変更だったのだろう。 また、電源をオンにした後は、吸い込むたびにスイッチが自動で入るので、実際の使用感はそんなに変わらない。 「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」を吸い比べてみる 「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」の違いを確認したうえで、改めて両モデルを吸い比べてみよう。 まずは「プルーム・テック」。 こちらは、タール値3mg未満の軽い紙巻きタバコに照準を合わせた喫味だ。 喫煙者だからといって、喫味が強ければいいというものでもないので、このくらいの軽さがちょうどいいという人には最適なデバイスと言える。 専用リフィルを、人気のメンソールやフレーバー系を含めて2銘柄8種類(2019年2月現在)の多彩なバリエーションから選べるのも、先行機種の利点だ。 「プルーム・テック」の蒸気は、喫味の軽さのせいか、軽い広がり方をする。 VAPEで言うとグリセリン類の中のPG(プロピレングリコール)が多いリキッドのような吸い心地だ 「プルーム・テック」の専用リフィル。 6種類ある「メビウス」ブランドの「レギュラー」「ブラウン・アロマ」は2019年2月中旬にリニューアル予定。 「ピアニッシモ」ブランドは、3月11日発売の新味2種「パイナップル・ピーチ・イエロー・クーラー」と、「アリア・メンソール」を追加すると4種類で、全10種類となる いっぽう「プルーム・テック・プラス」は、紙巻きタバコなら5〜6mg程度の喫味を好む人に照準を当てた製品だ。 特にレギュラータイプを吸うと、「プルーム・テック」との違いは歴然。 「プルーム・テック」よりも少し強い喫味が好みだが、「アイコス」「グロー」「プルーム・エス」などの高温加熱式タバコではニオイが気になるという人に適しているだろう。 ただし、専用リフィルは4種(2019年2月時点)と、まだ少ない。 見た目の蒸気量は意外と「プルーム・テック」と変わらない。 むしろ「プルーム・テック」のほうが蒸気が軽い分広がりやすいので、見た目には多く見える。 ただ「プルーム・テック・プラス」の蒸気のほうが重さを感じるので、蒸気発生のためのグリセリンのVG(植物性グリセリン)の比率が高いのだと思われる 「プルーム・テック・プラス」の専用リフィルは「メビウス」ブランド4種類のみ。 レギュラー系・メンソール系がそれぞれ2種発売されている ニオイ問題は同点。 ニコチン感より多彩なフレーバーを楽しむなら「プルーム・テック」、強めの喫味が好みなら「プルーム・テック・プラス」 「プルーム・テック」はその喫味の軽さから、深呼吸のように蒸気を吸い込む肺吸い(ダイレクトラング)向きのデバイスだ。 普通のタバコ同様に口に1回蒸気をためる口吸い(マウス・トゥー・ラング)では、「プルーム・テック」の喫味は軽く過ぎると感じる人も多いだろう。 そのため、普段からVAPEを併用するなど、肺吸いに慣れており、ニコチン感の強さよりも多彩なフレーバーを楽しみたいなら、「プルーム・テック」のほうが適していると言えそうだ。 「プルーム・テック・プラス」は、紙巻きタバコ同様の口吸いできちんと楽しめるデバイスに仕上がっていると感じた。 スロートキックをしっかり感じながら吸えて、ほぼ無臭という特徴は、今までの喫味が弱いと感じていた「プルーム・テック」ユーザーに大いに支持されるはずだ。 <関連記事>.

次の

【プルームテックスターターキット1.5】PloomTECH Ver1.5 は電池残量を知らせる新 LED と充電速度向上

プルーム・テックスターターキット

がしかし、、タバコを熱した独特な吸い応えとはもちろん異なるのが低温型。 そこで開発されたのがプルームS高温型加熱式タバコ。 IQOSやgloと原理が同様で、紙巻に近い感覚を得るのはこちら。 この違いも大きく臭いは少なく吸い殻は丸焦げになりません。 プルームデバイス3種のザックリ解説でした。 詳しい解説は別記事にまとめたので下記記事を拝見お願いします。 今回はプルームテックを主役にレビューしていきますね。 2018年6月には全国販売を決定し、7月2日からはコンビニで購入できる加熱式タバコとしてようやく近い存在になりました。 このとき同時にリニューアルされ4,000円から現在の 3,000円へと価格変更。 これにて同梱物からキャリーケースが姿を消し、箱は低温をイメージしやすい青を強調するように。 *プルームテック・スターターキット 内容物はPloom TECHバッテリー、USBチャージャー、ユーザーガイド。 たばこカプセル 490円 を別途購入すればプルームテックが始められます。 メビウスから6種類のたばこカプセル• ブラウンアロマ• レッドクーラー• パープルクーラー• メンソール• レギュラー• グリーンクーラー 2020年までに40%のカテゴリーシェアを目標にするプルームテック。 日本市場で販売される加熱式たばこ3種がようやく出揃ったという感じです。 プルームテックは出遅れましたが唯一日本生まれの加熱式タバコとして是非とも応援したい。 白いプルームテックも販売開始 なお 2018年12月3日より白いプルームテックも登場。 同時にメンソールタイプのピアニッシモも発売され、2019年3月にはピアニッシモは4銘柄に増えました。 ピアニッシモは女性向けタバコ銘柄のため、白いデバイス自体も女性向けモデル。 カートリッジも白になるため 白いプルームテックはPianissimoに良く合うデバイスです。 さて3種類の加熱式タバコの中でもプルームテックは、アイコスやグローに比べてかなり構造が変わってきます。 プルームテックは何が違う?アイコスとグローとの比較 細かい仕様や性能はおいといて、プルームSやアイコス、グローに共通するのはスティックを挿入して電源スイッチON。 スティックを直に高温加熱して発生したニコチン入り水蒸気を喫煙します。 1本辺り10数回の吸引、もしくは数分で自動OFFになる仕組みですが今となっては紙巻きタバコに近い味を楽しめる加熱式たばこだと思います。 吸いたい時は口に加えて吸い始め、中断したい時にはそのまま置くだけ。 急ぐ時にはポケットからサッとだし、1口吸ってそのままポケットへIN。 同じ加熱式タバコでも実は全く違う性能を持つのがプルームテック。 以下ではその使い方と特徴を説明していきます。 プルームテック・スターターキットの使い方と特徴 2020年5月現在プルームテックは本体2,500円で購入可能です。 プルームテックを始めるのに必要なものは? スターターキットの中身はこんな感じ。 至ってシンプルですが2,500円で始められるなら安く感じます。 付属品は 本体バッテリーに USBチャージャー、 ACアダプターに 説明書。 プルームテックを始めるのに必要なもの一式が同梱されてるので、これにタバコカプセルをコンビニやタバコ販売店で購入すればいつでも喫煙できます。 付属品の充電セット USBチャージャーとACアダプター付きでどちらにも対応してるところがGood。 これでUSBでの充電もコンセントからでの充電も可能なので安心です。 使い続けるプルームテックのバッテリー これが本体になります。 ロゴの入ったバッテリーは容量190mAh、10. 5gと軽量です。 バッテリーの寿命を迎えるまでは使いまわすのでこれは捨てたらダメなやつ。 充電方法 USBチャージャーではPCからも供給可能。 合わせるとコンセントでもいけちゃいます。 充電時間は60分。 赤点灯から白点灯に変われば完了です。 実際に使ってみましょう! ここでタバコカプセルの登場です。 1箱490円で5個のカプセルと1本のカートリッジ。 たばこカプセル:中には粉末状のタバコ葉が含まれて味と香りを再現。 1カプセルで50パフ 吸引回数 可能。 カートリッジ:250パフ分が使用できるリキッドが含まれてます。 つまりカートリッジ1本を使いまわしてたばこカプセル5本を吸い切る。 ということになります。 因みにリキッドは単に液体を意味しますが、 グリセリン、プロピレングリコール、トリアセチン、水が含まれてます。 バッテリーと見た目が似てますけど、これがカートリッジとタバコカプセル。 1パフ2秒で設定されています。 このままカプセル側から吸い込むだけ 吸引すると勝手に電源が入ってLEDは青色に点灯。 この外観や仕様はと全く同じです。 約50パフするとLEDは青点滅 40秒 になりまして、タバコカプセル交換のお知らせになります。 吸引によりバッテリー内ヒーターが自動でONになります。 カートリッジ内のリキッドは加熱されて蒸気へと変化。 その蒸気がたばこカプセルを通過することで たばこベイパーになり、 味のついたニコチン入り水蒸気が吸えます。 電子タバコ「VAPE」と非常によく似た仕組みなんですよね。 ちなみに加熱式たばこと電子タバコは混同しがちなんですが、ニコチンが入ると本来電子たばことは呼べません。 アイコス、グロー、プルームテックなどのニコチン入り水蒸気はれっきとした加熱式タバコです。 プルームテックを吸った感想 友人やネットの口コミでは「物足りない」との意見も多かったですが、以外にも満足度の高いプルームテック。 ただし初めての低温加熱式なら紙巻きの感覚と違うことに心しておくこと。 低温加熱は水蒸気の感じが強いけど喉にあたる感覚はきちんとあります。 そして香りも良い。 しかし紙巻き特有の香ばしさを再現しにくいです。 豊富なフレーバーの中でもパープルは個人的に大ヒットでうまいです。 これならアイコスやグローからプルームテックに切り替えられる人も多いのでは。 特にピアニッシモはフルーティーな味が多いので香りを楽しみたい人におすすめです。 同じ加熱式に切り替えるメリットは? 加熱式たばこの中ではプルームテックの仕様が1番楽で吸い殻すら清潔です。 アイコスやグローも紙巻のように臭いは残りませんが吸ってる時はそこそこ臭います。 プルームテック最大のメリットはほぼ無臭 欠点としては吸い応えは紙巻きや高温加熱より劣りますが、仕様が異なり過ぎるため比較するのもどうかと思います。 プルームテックの喫煙中はほんのりアロマな香りが漂い、喫煙後は何事もなかったかのように匂いません。 匂いは残らず壁紙も染めません。

次の

【楽天市場】【JT公式】プルームテックプラス(Ploom TECH+)・スターターキット<ブラック> / 加熱式タバコ|JT公式Ploom楽天市場店

プルーム・テックスターターキット

今回は、ニオイのなさと味の良さで人気が広がる プルームテックのスターターキットが新しくなるという事で、その詳細な内容とこれからのプルームテックの展開についてをまとめてみようかと思います。 気になっていた方やこれからプルームテックの購入を検討している人の参考になればと思います。 さて、最近は加熱式電子タバコ業界もめまぐるしくキャンペーンを行っていますが、比較的おとなしかったプルームテックも今回新たにスターターキットのリニューアルをアナウンスしてきました。 6月4日より順次に全国の一部たばこ販売店およびPloomオンラインショップで販売を開始。 全国のコンビニエンスストアなどでも7月2日より順次販売する予定。 実際に価格競争が熾烈化してきている加熱式電子タバコ業界ですので、今回のプルームテックのリニューアルも価格変更が主な内容になっています。 ここではその リニューアルの内容の詳細、 タバコカプセルのデザインの変更についても記述していこうと思いますので、ご覧下さい。 スターターキットのリニューアルの内容 今回発表されたプルームテックのスターターキットのリニューアルの内容は、 キットの同梱物の変更と価格の改定によるものになっています。 その内容の詳細としては旧仕様は4,000円だった 価格が3,000円に改定されて、同梱物であったキャリーケースが付属しなくなるというものになります。 その他の同梱物であったバッテリーやチャージャー、アダプターなどは同じものが同梱される事にあっています。 さらにマイナーチェンジとしてパッケージのデザインが旧仕様ではホワイトを基調にしたカラーデザインだったものが、新仕様としてブルーカラーを強調したものになっています。 単純に1,000円を値引きするために、純正のキャリーケースを外して販売するという形を取る事になったプルームテック。 パッケージデザインについては、他社の加熱式電子タバコとの加熱方法の差別化を視覚から感じてもらうために、ブルーを基調にしているそうです。 アナウンスでは低温加熱方式を強調するパッケージカラーとあるので、今後はJTからも高加熱式プルームテックが登場するかも知れません。 プルームテックの値下げについて 今回のプルームテックスターターキットの内容変更で気になる点なのですが、 そもそも純正のキャリーケースを削ってまでの値下げをなぜ行わなくてはいけないのか?という疑問があります。 その疑問に対する答えとしては、今回同じ時期に同業他社であるグローの値下げキャンペーンが関係していると思われます。 実はこのプルームテックの価格改定に時を同じくして、 グローはなんと本体代金が実質2,980円になるキャンペーンを展開、その期間はなんと2018年末までと大規模な値下げ商戦を仕掛けてきました。 これまで、プルームテックはニオイの少なさ以上に価格の安さで新規ユーザーを開拓してきました。 その価格の面でキャンペーン期間中とはいえ同業他社であるグローに水をあけられてしまってはシェアの拡大どころではありません。 気軽に安価に購入する事のできる加熱式電子タバコとしての地位は、プルームテックにとっては業界でのシェア拡大の生命線とも言えますので、今回の値下げは加熱式電子タバコの熾烈な値下げ合戦の末の苦肉の策なのではないでしょうか。 キャリーケースが無くなる利点は? 今回のプルームテックスターターキットの内容変更で無くなる事になった 純正のキャリーケースですが、実のところそこまで評判の良いケースではありませんでした。 そのため、ユーザー自身で好みのプルームテックケースを探して使用する形が主流になっていて、そのため今回の値下げに伴うキャリーケースの喪失は実のところメリットの方がユーザー視点で見ると多いような気がします。 そのような経緯がありますので、外部メーカーによるプルームテックケースのラインナップは非常に充実したものになっており、潤沢に選択肢がありますので新規のユーザーはそこまでこの点は気にする必要はないでしょう。 さらに2018年中には新型の加熱式電子タバコのリリースも予定しているため、今年はプルームテック自身にとっても非常に大切な勝負の年になりそうです。 最近の加熱式電子タバコ業界の中においてのプルームテックは、少し出遅れ感がありましたので、今回のスターターキットの内容変更をのろしに様々な内容での話題提供をしてくる事が予測されます。 取り急ぎ夏までに予定されているプルームテックの全国展開のアナウンスを待ちましょう。 タバコカプセルのデザインをリニューアル! そして少し小規模なニュースですが、今回のプルームテックのスターターキットの内容変更に合わせて、その純正タバコである タバコカプセルのデザインもリニューアルされています。 旧仕様としてはメビウスレギュラーもグーラーグリーンもグーラーパープルもそれぞれのテイストカラーとシルバーを基調としたカラーデザインになっていましたが、新カプセルはテイストカラーに合わせてホワイトを基調にした爽やかなパッケージになっています。 さらにカプセル自体もブラックをメインにしたデザインに変更されているため、新鮮な気持ちで新たにプルームテックを使用する事ができるでしょう。 最後に ここまで、プルームテックスターターキットがリニューアル内容をまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか? 今回プルームテックはスターターキットのリニューアルのみならず、純正タバコであるタバコカプセルのデザインまで変更してきました。 その意気込みはこれまで加熱式電子タバコ業界の三番手として甘んじてきた 今の状況を脱却する勢いが感じられます。 その性能からユーザーやその周辺の人たちからは非常に人気の高い加熱式電子タバコなので、これから先大きくプルームテックにシェアが移る事が考えられるでしょう。

次の