イタリア 校長 先生。 新型コロナで休校となった校長先生から生徒への手紙【がんばれ建設1496】

イタリア・ミラノ|高校校長先生の手紙メッセージの全文日本語訳は?

。 自分が一番最初に感じる感情は、しょうがないものとして過ぎ去るのを待つ。 コロナからちょうど1年後、2021年3月まで続く予定です。 新型コロナウイルスの感染拡大で休校になったイタリア・ミラノのヴォルタ高校の校長が、生徒に向けて発信したメッセージが話題になったのはすでに2カ月以上前。 マスクは病気の人に必要なものです。 26歳になる娘のジュリアはオランダ在住。 今、31章はとても興味深い。

もっと

イタリアの校長先生の手紙からコロナ騒動を考える

イタリアでは、 休校になったミラノの校長先生が生徒に宛てた手紙が素晴らしい!と話題になっています。 14世紀と17世紀の伝染病の時と比べ、私たちには近代的な医学があり、進歩し正確になりました。 そして皆さんにはこう伝えたい。 日本でも今後、同じことが起こると察しました。 本翻訳は意訳であり、一部構成が原文とは異なります。

もっと

イタリア新型コロナ:休校中の校長が生徒に送った手紙が秀逸!と話題

合理的な思考を使いましょう。 集団妄想に取りつかれてはなりません。 この機会に散歩して、良書を読みなさい。 この手の危機に打ち勝つ際の最大のリスクについては、マンゾーニやボッカッチョ(ルネッサンス期の詩人)が教えてくれています。 少し話がそれますが、ここ数年で自分自身に思うこと。 当局の判断を信頼し、尊重し、その指示を注意深く観察して、 そして君たちには次のことを伝えたいと思います。 校長先生はそう予言するのです。

もっと

新型コロナで休校となった校長先生から生徒への手紙【がんばれ建設1496】

冷静さを保ち、集団パニックに巻き込まれないでください。 スーパーや薬局に駆けつける必要もないのです。 当時のイタリアは、世界最悪のペースで感染者が増え、医療崩壊が始まっていました。 ここに全てが書かれています。 元気であれば家に閉じこもっている必要はありません。

もっと