マンション の 管理 の 適正 化 の 推進 に関する 法律。 忍び寄るマンション高齢化時代に光明? 「管理計画認定制度」始動へ

マンションの管理の適正化の推進に関する法律

(理由) 上記意見でも述べた通り、これまで総会・理事会選任方式は、 わが国のファミリー型マンション管理組合で広く定着してきた管理方式である。 したがって、重要事項の説明というのは、「マンション管理業者が管理業務主任者を使って説明する」ものということになります。

もっと

「マンションの管理の適正化の推進に関する法律及びマンションの建替え等の円滑化に関する法律の一部を改正する法律」から、老朽化マンションの終活と再生を考える

一 法人である場合においては、次に掲げる書類 イ 定款又は寄附行為及び登記事項証明書 ロ 申請に係る意思の決定を証する書類 ハ 役員の氏名及び略歴を記載した書類 二. )が国土交通省令で定めるところにより行う講習 (以下この節において「講習」という。 以下「管理受託契約」という。

もっと

「マンションの管理の適正化の推進に関する法律及びマンションの建替え等の円滑化に関する法律の一部を改正する法律」から、老朽化マンションの終活と再生を考える

二 マンションの管理の適正化の推進のために 管理組合が留意すべき基本的事項 1 管理組合の運営 管理組合の自立的な運営は、マンションの区分所有者等の全員が参加し、その意見を反映することにより成り立つものである。 適正なマンション管理が、市場価値を創造することができれば管理組合にとっても励みになります。 以下同じ。

もっと

マンション管理適正化法(令和2年改正)

)に規定する法人をいう。 六 管理事務 マンションの管理に関する事務であって、基幹事務(管理組合の会計の収入及び支出の調定及び出納並びにマンション(専有部分を除く。 )の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整をいう。

もっと

マンション管理適正化法72条(重要事項の説明等)

旭化成不動産レジデンスは現在までに24件の建替えプロジェクトに関与。 マンション管理適正化法が施行された背景には、1990年代の集合住宅の急増とともに、居住者間の意識を合わせるためのルールがなければ、適切な管理や修繕を行うのが難しくなったという現状がありました。 (事業計画の認可等)第十四条 指定試験機関は、毎事業年度、事業計画及び収支予算を作成し、当該事業年度の開始前に(指定を受けた日の属する事業年度にあっては、その指定を受けた後遅滞なく)、国土交通大臣の認可を受けなければならない。 一つは外部の専門家に理事(理事長)や監事に就任してもらう方式、 二つ目は外部の専門家が「管理者」になるが、理事会は監視・監督役で存続する方式、 そして三つ目は理事会を廃止して「管理者」を置き、「総会が管理者を監督する」形式である。 改正案の概要 改正案の概要は、以下の通りです。 (指示及び事務の禁止) 第六十四条 国土交通大臣は、管理業務主任者が次の各号のいずれかに該当するときは、 当該管理業務主任者に対し、必要な指示をすることができる。

もっと