芸能 界 自殺 者。 【森田健作】政界引退表明の森田健作が画策する「芸能界返り咲き」計画|日刊ゲンダイDIGITAL

ブラッディマンデイの呪い?出演者の連続自殺が怖すぎると話題|SUGOMEDI

遺書などは見つかっていないようです。 芦名さんの死因は明らかになっていないが、自ら死を選ぶ若い著名人が相次いでいることに芸能界にも衝撃が広がっている。 この子どもの言葉は、当時の若者の孤立状況の1つを示していた。 そんな中、芸能人の権利を守る『日本エンターテイナーライツ協会』が『芸能人の自殺について』という声明を発表。 しかも、10歳から14歳まででは、「自殺」が死因の第2位を占め、2017年には同年齢階級の第1位になっている。

もっと

竹内結子もクローゼット?自殺に違和感!?芸能界の闇が怖い!ウェルテル効果の可能性も?

これを見ると、昨今の報道のされ方に疑問が浮かぶかもしれない。 スポンサーリンク 相次ぐ芸能界の自殺者に芸能界の闇を疑う声も 2020年7月には三浦春馬さん、2020年9月には芦名星さんが自殺でこの世を去っているということで、芸能界で相次ぐ自殺に闇を感じている人も多くいるようです。 何人も亡くならないと問題にならないって、 国民はメディアの報道にも無自覚に踊らされてる部分がある。 つい先日までの猛暑が嘘のように涼しさを増した9月最後の日曜日の朝に、メディアが一斉に速報したのは、女優のの自殺だった。

もっと

竹内結子さん自殺?遺書や原因は産後うつorウェルテル効果?芸能界で今何が…?

たぶん芸能界は表の華々しいさの裏では、それと同じくらい暗い部分がありそうだとは思います。 そんな現状があるため、声明を出すことを決めました」(佐藤弁護士/以下同) 自殺報道ガイドラインでは、「努めて、社会に向けて自殺に関する啓発・教育を行う」ことのほか、「自殺を、センセーショナルに扱わない」「自殺の報道を過剰に、そして繰り返し報道しない」「自殺に用いられた手段を詳しく伝えない」「見出しのつけ方には慎重を期する」「遺された人に対して、十分な配慮をする」「どこの支援を求めることができるのかということについて、情報を提供する」などが提唱されている(一部抜粋)。 捨てたものではない。 そんな中、芸能人の権利を守る『日本エンターテイナーライツ協会』が『芸能人の自殺について』という声明を発表。

もっと

ブラッディマンデイの呪い?出演者の連続自殺が怖すぎると話題|SUGOMEDI

となると、収入も大幅に少なくなり、日常も今までとは変わってきます。 2020年7月18日:三浦春馬さんの自殺報道 7月18日午後、俳優の三浦春馬さん(1990~2020)が東京都港区の自宅マンションで 首をつった状態で発見され、病院で死亡が確認された。 そこで驚かされるのは、15歳から39歳までの死因の第1位がいずれも「自殺」であるとだ。 変わり果てた妻の姿を見た時の事を考えると胸が痛くなります。

もっと

「芸能人の自殺が増えた」本当の理由 日本は若者の自殺がとんでもなく多い国だった(1/2)

「最近仲間が立て続けにいなくなってしまうことがあって、本当に辛いんですけれども」 20年7月以降、三浦春馬さん、芦名星さん、藤木孝さんといった俳優が相次いで命を落としている。 やはり今月20日に都内の自宅で自殺した俳優の藤木孝(享年80歳)と芦名と過去にドラマで共演していたことや、竹内と映画での共演もあったことから、そこに奇妙な因果関係を見出したがる報道もある。 芸能界の闇の正体はある症状だった?! 芸能界の闇は深いといわれてはいますが、この相次いで有名人が連鎖的になくなっていく状況は実はある症状が関係していました。

もっと