公明党 10 万 円。 10万円給付なぜ?国民生活の現実を見誤った首相

【襲来!新型コロナウイルス】急転直下「国民1人一律10万円!」の裏を読み解く 安倍首相VS麻生財務相の暗闘は二階幹事長の「ちゃぶ台返し」で決着?: J

(リーマンショック時の)2009年に全国民に給付した時は(予算が成立してから)支給までに約3カ月かかった。

もっと

10万円 一律給付

政府の一連のコロナ対策への国民からの批判の拡大と、内閣不支持率の急増が背景にあるとみられるが、浮足立ったトップリーダーの右往左往ぶりに、国民の間からも「もはやアベノリスクだ」との厳しい声も出始めた。 決断の日 そして、事態が急転直下動いたのは、自民・公明両党の幹部が激論を交わした翌日の4月16日だった。 公明党の政策もそれにおおむね同調的であった。 宣言の対象地域を全国に拡大する案に対し、経済や雇用への影響を懸念し、一部拡大にとどめるべきだという意見も根強くあったが、安倍は宣言の全国への拡大と10万円の一律給付を合わせて表明することを決断した。 また、安倍首相は同日夜の政府対策本部で「全ての国民に一律10万円の給付を行う方向で与党で検討する」と表明した。 「(10万円給付が)実現してもすぐに支給されるわけではない。 収入が減少した世帯への30万円の給付に代わって、国民1人当たり10万円を一律で給付する意向を伝え、与党内の調整を進めるよう指示した。

もっと

公明、「連立離脱」論で押し切る 官邸主導の政治手法に影―現金給付1人10万円:時事ドットコム

しかしこの発言は、 「見切り発車だ」との指摘も聞かれた。 緊急事態宣言が出され、状況は大きく変わっており、一律10万円の給付を行うべきだ。 午後4時ごろ、安倍は山口に電話し、補正予算案を見直し、所得制限を設けずに、現金10万円の一律給付を実現する考えを伝えた。 大本教弾圧(1921年、1935年)を筆頭に、全国民に国家神道的考えを普及させ、国民の精神統一を図ろうとする時の政府は、戦時統制期において新宗教や仏教勢力への介入を強めた。

もっと

10万円 一律給付

(文中敬称略). 長期戦も予想される中でウイルスとの戦いを乗り切るためには、何よりも国民との一体感が大切だ。 山口代表の『先の見えない不安に陥っている国民に連帯と励ましのメッセージを』という言葉に感動しました」 「連立内閣の特徴がでたね。 「減収世帯へ30万円」から一転「すべての国民へ10万円」なぜ急転 4月16日夜、安倍首相は首相官邸で行われた新型コロナウイルス対策会議の場で、特措法に基づく緊急事態宣言の対象区域をこれまでの7都府県から全国に拡大すると発表した。 山口氏が安倍首相に伝えた覚悟…予算案組み替え決まる 翌16日朝、状況は一変する。 これであれば4兆円で足りる。 1999年5年、小渕恵三が突然の脳梗塞で急逝したのである。 公明党による「反撃」は、自公連立の大枠を崩さなくとも、ポスト安倍の政権が、少なくとも「非清和会内閣」に戻ることを暗示しており、今次コロナ禍の進展でますます経済状況が恐慌的となれば、都市部における零細自営業者を支持基盤に持つ公明党の本来の姿勢、つまり「大きな政府」に近い、再分配型の政策を次期政権が採らざるを得ないことを示しているといえよう。

もっと