K11 複合 型 小銃。 命中率がたったの6%? 韓国軍が隠してきた「K11複合型小銃」の恥ずかしい性能

韓国軍、新型ライフルの開発に着手

B部隊に配置された2丁はレーザー受信レンズ内部に水滴がたまって夜間距離測定にならないなど3件の欠陥が発生した。 噂ではごく単純なパーツ交換で6. 近未来の銃にも関わらず、前時代式のボルトアクションを採用し、グレネードランチャーとアサルトライフルとの交換性が非常に悪くなってしまい、すっかりと戦闘に不向きな銃となってしまったのです。 2012年5月2日、韓国防衛事業庁は配備済みの246挺を全量し、撃発装置の設計変更、射撃統制装置・弾薬起爆装置のプログラム修正、電磁波干渉による誤動作の要因の除去をする予定であると発表した。 写真は韓国軍。 やったー! K11複合小銃の失敗から早くも立ち直ったらしい。

もっと

K11隍�粋蝙句ー城潟

それを実際に開発し、配備してしまったお国があります 韓国国防科学研究所が自信をもって開発し、20mmグレネードランチャーを上、5. まず開発が中止になった最大の理由が、歩兵が携行するにはあまりにも重量がありすぎてしまい、またサイズにも使用時に支障が出るとの結論が出され、あまつさえ20mm砲弾があまりにも威力不足と、現実主義と実力主義のアメリカ軍の基準を満たしていないが為に、中止になったのです。 木霊さん、おはようございます。 これに懲りず「お笑い兵器開発」に勤しんで欲しいもんです。 でもそれを小さくしてしまえば、当然に威力が不足してしまいます。 こういうところは自衛隊も見習って欲しい。

もっと

K11複合型小銃とは

56ミリ小銃弾と20ミリ空中爆発弾を同時に発射できるK11は長い研究開発の末2010年から量産体制に入り、一部は韓国軍で使用された。 世 界 初の 空 中 爆 発が 可 能なK11 複 合 型 小 銃は、 既 存のライフル( 口 径5. 62mm弾の中間に位置して、発射精度と破壊力を向上させられるという事になっているが、結局のところ、これら2種類の弾薬を大量廃棄して6. あ、そうそう、K11複合小銃のリンクは貼っておこう。 その後、今年末までにK11 1,142丁を戦力化するなど、2018年までに合計4,485億ウォンを投資し、1万5,000の数量を確保する計画だった。 2018年11月 K11複合型小銃 block2の開発予算が削られ、事実上、K11複合型小銃の改良が放棄される。 また同年1月の射撃統制装置の亀裂現象は、部品に生じた気孔によるものと発表された。

もっと

K11複合型小銃とは

まずアメリカの「XM29 OICW」は、20mmでの威力不足を問題視し、開発中止の課題に入れていましたが、韓国はあえてそれを開発し、無理やりにでも戦場で使う事を決めてしまいます。 2014年7月 爆破事故の原因は、改良プログラムが適用されていない旧型の弾薬を使用したためで、K11複合型小銃の欠陥ではないと発表し、量産・配備を再開。 内部資料によれば、駐留部隊に配置されたK-11 20丁中7丁で射撃統制装置のレーザー距離測定と初期化機能が作動しないなど8件の不良が現れた。 まずK11複合型小銃は、まともに射撃することも出来ない、欠陥兵器だったのです。

もっと

K11隍�粋蝙句ー城潟

しかしその後も、核心装備である射撃管制装置が衝撃で壊れ、弾丸発射時に銃が爆発する事故が発生した。 2014年3月 再び爆発事故が発生し、兵士3人が負傷し、量産・配備が停止される。 一方で「失敗しながら学んでいくもの」「米国も作れなかった兵器を完成させただけでもすごい」「諦めず、より強力になるよう再設計して生産しよう」と応援する声も。

もっと

K11複合型小銃とは

設計 [編集 ] 銃身は軽量化のためスカンジウム-アルミニウム合金で製造されている。 2010年5月31日から国内部隊への供給が開始。

もっと

K11複合型小銃

K11複合型小銃の20mmグレネードランチャーは、敵が隠れている障害物(構造物)上空でグレネード弾を爆発させ、発生する「衝撃」と「破片効果」で敵を制圧することを目的としており、これを効果的に使用するためには、敵までの距離を正確に測る必要がある。 まあ、M16A1の後継としてM16A1ベースに開発された、実質改良版扱いなので、M16よりも安価でそれなりの安定した性能を発揮できていれば、評判が良くなるのは当然だろう。 10 午前10:14 米軍の基本火気M16ライフルをもとに、国内で開発された5. あまりにも重すぎる武器で、不発と作動不良があたりまえと、そして勝手に誤爆すると、戦闘にこの銃を宛がわれたら、自殺ものとしか言えないなど、不遇極まりない代物。 この事故原因(後に電磁波による誤作動と判明)が究明されるまで量産停止。 この事故原因(後に電磁波による誤作動と判明)が究明されるまで量産停止。

もっと