糖尿病 性 腎 症 重症 化 予防 プログラム。 糖尿病性腎症重症化予防対策

「糖尿病腎症重症化予防における日本糖尿病学会市町村担当医」のお知らせ|一般社団法人日本糖尿病学会

2018年 12月6日 2016年3月24日に日本糖尿病対策推進会議、日本医師会、厚生労働省の間で締結された「糖尿病腎症重症化予防に係わる連携協定」に基づき、日本健康会議が推進する各市町村における「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」の策定・実施に積極的に参画していくことの一環として、この度、「糖尿病腎症重症化予防における日本糖尿病学会市町村担当医」を別表にまとめました。 当科では、すでに外来看護師、管理栄養士と連携し、2013年から糖尿病透析予防診療チームを立ち上げ、当院外来通院中の糖尿病性腎症患者に対して、徹底した患者指導を行うことで糖尿病性腎症の重症化抑制を実践してきました。 糖尿病性腎症重症化予防プログラムワークショップ(12月18日開催)講義資料をに掲載致しました。 <主な改定内容> 1 更なる連携の強化をめざし、関係者(市町村及び医療保険者、京都府、後期高齢者医療広域連合、地域における医師会、歯科医師会、薬剤師会、看護協会、栄養士会、歯科衛生士会、その他の関係団体、京都府糖尿病対策推進事業委員会、国保連合会)の役割を追加。 25 糖尿病性腎症重症化予防プログラムワークショップ(8月29日開催)報告書を掲載致しました。 腎疾患対策について 慢性腎臓病(CKD)対策の目的 我が国における腎疾患患者は年々増加傾向にあり、「腎機能異常の重症化を防止し、慢性腎不全による透析導入への進行を阻止すること」、及び「慢性腎臓病(CKD)に伴う循環器系疾患(脳血管疾患、心筋梗塞等)の発症を抑制すること」を目標として腎疾患対策が進められています。 2016. 平成27年末における奈良県の慢性透析治療の患者数は3,401人、新規透析患者数は405人で、うち原疾患が糖尿性腎症の患者割合は48. 感染症対策などの日常の衛生管理を行うとともに、多剤を併用している場合は服薬指導を行うことも重要となる。

もっと

京都府糖尿病重症化予防対策/京都府ホームページ

平成30年5月に第2版に改訂し、この度、以下の内容を取り込み令和元年8月に第3版に改訂しました。 また、住民の健康保持・増進、QOLの維持とともに、医療費の適正化を図っていくものです。 (1) (2). 2018. 【Excel】 2016. (終了いたしました) 2018. 糖尿病の保健医療連携について *熊本県の糖尿病保健医療連携を担う医療機関等について各ホームページに掲載されていますので、ご活用ください。

もっと

千葉県糖尿病性腎症重症化予防プログラム/千葉県

2018. 22 平成28年度『糖尿病性腎症重症化予防プログラム開発のための研究』研修会 参加の受付を開始致しました。 7 『実施計画作成のための情報交換会』 7月30日開催)の報告書を掲載致しました。 【PDF】 糖尿病性腎症重症化予防プログラムワークショップ(10月21日開催)参考教材をに掲載致しました。 2018. 18 「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」のQ&Aをに掲載致しました。 9%と約半数を占めています(日本透析医学会資料)。

もっと

奈良県糖尿病性腎症重症化予防プログラムについて/奈良県公式ホームページ

埼玉県における人工透析患者数(各年末現在) 平成13年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 人工透析患者数(A) 9,962人 16,380人 16,753人 17,130人 17,469人 18,207人 17,969人 18,562人 うち糖尿病性腎症が原因で人工透析となった患者数(B) 2,691人 6,503人 6,742人 6,931人 7,032人 7,419人 7,233人 7,462人 人工透析患者のうち糖尿病性腎症患者の割合(B/A) 27. かかりつけ医や専門医との連携• 対象となる患者さんは、2型糖尿病性腎症2期~3期で通院治療している患者さんで、主治医が実施に問題ないと判断し、「松本市国民健康保険被保険者」、「30歳、35歳および40歳以上75歳未満で、性別、治療内容は問わない」、「薬局薬剤師から本プログラムを説明され、事業参加に同意した方」という患者さんでした。 2017. 2017. お申し込みはこちらからお願いします。

もっと

糖尿病性腎症重症化予防事業 保健指導プログラム

15 平成28年度7月7日 木 「糖尿病性腎症重症化予防プログラム研修会」の講義資料 を掲載致しました。 また、 人工透析治療に要する医療費は一人当たり年間500万円にものぼり、 社会全体で負担することになります。 自覚症状に乏しい糖尿病であるが故に、患者さんのアドヒアランスが高まらないという嘆きが医療者から頻繁に聞かれます。 京都府糖尿病重症化予防対策 糖尿病重症化予防対策の目的 京都府においては、高齢化が進む中、生活習慣と社会環境の変化に伴う糖尿病患者数の増加が課題となっています。 地区医師会は各地域での推進体制について自治体と協力する• 6か月間のスケジュール• 県内の医療保険者による糖尿病性腎症重症化予防の取組を推進していくため、県は、岐阜県医師会、岐阜県糖尿病対策推進協議会と糖尿病性腎症重症化予防に係る連携協定を締結するとともに、この協定に基づき平成29年12月1日「岐阜県糖尿病性腎症重症化予防プログラム」を策定しました。 対象者選定• 糖尿病性腎症の重症化予防に対する取組みが本格化 糖尿病性腎症の重症化予防に対する取組みが本格化している。

もっと

千葉県糖尿病性腎症重症化予防プログラム/千葉県

2019. 3 プログラム周知及び連携体制の構築に向けて 1 県及び関係機関4団体は、市町村国保や各団体を構成する組織及び地区部会等の下部組織に、それぞれ周知し協力を求める。 22 「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」のQ&Aをに掲載致しました。 そこで、住民に最も身近なところで診療を行われている医療機関に「熊本県糖尿病性腎症重症化予防プログラム」を御理解いただき、市町村・保険者や専門医等が連携して、適切な治療や保健指導等につなげ、糖尿病重症化予防を推進することを目的に、県内医療機関の医師、歯科医師、コメディカルスタッフ、市町村及び保健所の関係職員等を対象に、以下の日程で「熊本県糖尿病性腎症重症化予防プログラムに基づく研修会」を開催しました。

もっと

愛知県糖尿病性腎症重症化予防プログラム

糖尿病診療では、患者さん本人に「糖尿病であることをいかに自覚させるか?」が課題の一つです。 人工透析治療は、週3回の通院、1回当たり4~5時間を要するなど患者さんの日常生活に大きな負担となります。

もっと