剥片 石器。 インドで剝片石器、アジアの旧石器時代を変える?

石器

東アジアの他の地域には見られない日本独自の石器である。

もっと

過去の展覧会 2004年

多打面の石核や原礫面を残した不定形剥片が多く、石刃石核は、非在地系のフリントで作られた1点の例外を除きまったく見られません。 その次は石器でしょう。 漁網や釣り糸の下部に付けておもりとして使用した石器。

もっと

石器

「石核石器」(せっかくせっき) 、「剥片石器」(はくへんせっき) という区分もある。 これ自体は道具になりませんが、チップが多く見つかった場所は、石器製作の場と推定されます。 ガラス質なものが多く、マグネシウムと鉄を多く含む。 この時代には、素材となる礫から薄い剥片(はくへん)(破片)を連続的に剥(は)ぎ取る「石刃技法(せきじんぎほう)」と呼ばれる技術が生まれました。 この頃の日本列島はいまより寒冷だったため海水面が低く、大陸と陸続きでした。 薄く細いため、実用ではなく、誇示したり儀礼で使ったりする道具だったとする説もあります。

もっと

【打製石器とは】何時代に作られた!?作り方や用途・種類&切れ味などの特徴!

後期旧石器時代の中盤から後半にかけて発達した。 石器は、加工方法によって大きく2種類に区分される。 小田静夫「磨製石斧」『図解 日本の人類遺跡』東京大学出版会 1992年 20-21頁• サヌカイトは尖頭器(せんとうき)などのやや大きめの石器に使われることが多く、佐賀県多久(たく)市周辺に産地があります。 妙見 みょうけん 遺跡[えびの市]出土。 またそれらは石器・剥片 、石核 、砕片 などに分類される。 なお、石製の装飾品や儀器は儀礼の場などで用いられたもので日常生活に使用された「利器」とは大きく性格を異にするため「石製品」という別のカテゴリに分類されることが多い。

もっと

日本最古の旧石器文化について

削器、スクレーパー scraper F. 紀元前1万5000年前に至ると、屈葬・座葬・集骨埋葬などさまざまな形式の埋葬跡が見つかるようになり、同1万3000年から1万年前の層からは摩製石斧が、同6000年から4000年円筒形石斧が見つかった。 また野川最上流部の武蔵台遺跡から、約3万2,000年前の第Xa文化から神津島産の黒曜石が確認されている。 このようにつくられた石器のことを、とくに剥片石器と呼んでいる。 渡来してくるナウマンゾウ等の大型動物も狩猟対象にしていたと考えられます。 今回の展示では、主に市内で出土した旧石器時代と縄文時代の特徴的な石器を集め、その移り変わりをたどります。

もっと